株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

【テクノロジーで開業】無人販売ビジネスの始め方

  近年、AIやIoTなどの先進技術が急速に発展し、私たちの生活やビジネスに大きな変化をもたらしています。 その一例として、無人販売ビジネスが挙げられます。 従来の小売業は、店舗に人が立つことで運営さ...

 

近年、AIやIoTなどの先進技術が急速に発展し、私たちの生活やビジネスに大きな変化をもたらしています。

その一例として、無人販売ビジネスが挙げられます。

従来の小売業は、店舗に人が立つことで運営されてきましたが、無人販売はその常識を覆します。

24時間営業が可能で、人件費を大幅に削減でき、顧客には手軽に商品を購入できる新しい体験を提供します。

 

しかし、無人販売ビジネスを開業するにはどのような準備や手続きが必要なのでしょうか。

また、どのようなテクノロジーを導入すれば良いのでしょうか。

この記事では、無人販売ビジネスの魅力と可能性、そして実際の開業方法について、具体的なステップとともに詳しく解説します。

それでは、新しいビジネスモデルとして注目を集める無人販売ビジネスの世界へ、一緒に踏み込んでみましょう。

無人販売ビジネスの魅力と可能性

無人販売ビジネスは、店舗に従業員を常駐させずに商品を販売する新しい形のビジネスです。

このビジネス形態の魅力は主に3つあります。

 

1つ目は、労働コストの削減です。

従業員を雇うことなく、商品を24時間販売することが可能なので、人件費を大幅に節約することができます。

 

2つ目は、カスタマーエクスペリエンスの向上です。

お客様は、混雑や待ち時間を気にすることなく、自分のペースで商品を選び、購入することができます。

 

3つ目は、デジタル化による効率的な運営です。

在庫管理や売上分析などの業務を自動化し、データをリアルタイムで把握することが可能になります。

 

これらの魅力から、無人販売ビジネスは小売業界だけでなく、飲食業やサービス業など、さまざまな業種で可能性が見込まれています。

無人販売ビジネスの始め方:基本的なステップ

 

無人販売ビジネスを始めるための基本的なステップは以下の通りです:

 

  1. 事業計画の策定: まずは何を販売するのか、どのような顧客をターゲットにするのか、どの地域で事業を展開するのかなど、ビジネスの基本方針を決めます。

 

  1. 市場調査: ターゲット市場のニーズや競合他社の状況を調査し、自社の強みや弱み、ビジネスの成功可能性を評価します。

 

  1. 設備・テクノロジーの選定: 無人販売店舗の運営には、商品を管理・販売するための設備と、顧客が商品を購入するためのテクノロジー(例:セルフレジやモバイル決済システムなど)が必要です。ここでは、自社のビジネスモデルや顧客ニーズに最適な設備とテクノロジーを選びます。

 

  1. 店舗の設立: 地元の行政から必要な許可を取得し、選定した設備・テクノロジーを設置した店舗を開設します。

 

  1. 販売開始: 商品を陳列し、無人販売を開始します。商品の補充や在庫管理は定期的に行う必要があります。

 

  1. マーケティング・改善: 店舗の宣伝や顧客のフィードバックを元に、ビジネスの改善を繰り返します。

 

このような一連のステップを踏むことで、無人販売ビジネスを成功させることが可能です。

必要なテクノロジーと設備

無人販売ビジネスを始めるためには以下のようなテクノロジーと設備が必要です。

 

  1. 商品管理システム: 無人販売ビジネスでは、商品の在庫管理や補充が重要となります。そのための商品管理システムが必要です。これは、バーコードスキャナーやRFIDリーダーなどを利用したシステムで、商品の出入庫を自動で記録し、在庫の状況をリアルタイムで把握することができます。

 

  1. 自動決済システム: 顧客が商品を選んだら、その支払いを自動で処理するシステムが必要です。セルフレジや、スマートフォンによるモバイル決済、カードリーダーなどが一般的です。

 

  1. セキュリティシステム: 店舗にいないときも、盗難などの犯罪から商品を守るためのセキュリティシステムが必要です。防犯カメラやセンサー、アラームなどを設置することで、24時間体制で店舗の安全を確保します。

 

  1. 販売設備: 商品を展示する棚やクーラー、冷凍庫など、商品の性質によって適切な販売設備を用意する必要があります。

 

  1. 通信設備: 無人販売では、自動決済システムや商品管理システムなどがインターネットを通じてデータを送受信します。そのため、安定したインターネット環境が必要となります。

 

これらのテクノロジーと設備をうまく組み合わせることで、顧客にとって使いやすく、運営者にとって管理しやすい無人販売店舗を作り出すことができます。

ビジネス運営:必要な知識とスキル

無人販売ビジネスを運営するためには、以下のような知識とスキルが必要です。

 

  1. 商品管理の知識: 商品の仕入れ、在庫管理、商品の陳列方法など、商品を適切に管理するための知識が必要です。これには、売れ筋商品の選択や、季節に合わせた商品のラインナップの変更なども含まれます。

 

  1. テクノロジーに対する理解: 無人販売ビジネスでは、多くのテクノロジーが利用されます。そのため、それらのテクノロジーの基本的な仕組みや使い方を理解し、適切に操作できるスキルが必要です。また、トラブルが発生したときに迅速に対応できるよう、基本的なトラブルシューティングの知識も必要となります。

 

  1. マーケティングの知識: 顧客に商品を知ってもらい、店舗を訪れてもらうためには、マーケティングの知識が必要です。これには、広告やSNSを利用したプロモーション、顧客のニーズの把握、ターゲット市場の分析などが含まれます。

 

  1. ビジネス運営の基本知識: 会計、税務、法務など、ビジネスを運営するための基本的な知識も必要です。これには、ビジネスプランの作成や、収支の管理、法的な手続きなどが含まれます。

 

これらの知識とスキルを身につけることで、無人販売ビジネスを成功させるための土台を築くことができます。

事例紹介:成功した無人販売ビジネス

ここでは、成功した無人販売ビジネスの事例として「アメリカの”Standard Market”」を紹介します。

 

Standard Marketは、アメリカで成功を収めている無人販売スーパーマーケットです。

顧客は専用のアプリをダウンロードし、それを利用して店内での買い物を行います。

アプリは店内のカメラシステムと連動しており、顧客が商品を取り上げたことを認識すると、自動的にその商品がカートに追加されます。

そして、買い物が終わったときには、アプリが自動的にチェックアウトを行い、顧客のクレジットカードに請求を行います。

 

Standard Marketは、技術的な高度さと使いやすさを兼ね備えており、顧客からは高い評価を得ています。

また、無人販売による効率的な運営が可能となっているため、従来のスーパーマーケットと比べて運営コストを抑えることができ、さらにビジネスを拡大しています。

 

この事例から、無人販売ビジネスが顧客に便利さを提供し、同時に効率的な運営を実現することで成功につながることがわかります。

新たに無人販売ビジネスを始める際には、こうした成功事例から学び、その知見を自身のビジネスに活かすことが重要です。

無人販売ビジネスの未来とチャンス

無人販売ビジネスは、技術の進化と消費者の行動変化により、その可能性が広がりつつあります。

特に、AIやセンサーテクノロジーの進化により、より高度な自動化が可能となり、24時間稼働する店舗の運営や、人手が必要なくなるといった利点があります。

 

また、新型コロナウイルスの影響で、非対面の販売が一層重要になる中、無人販売ビジネスは社会的距離を保ちつつ、便利なショッピング体験を提供することが可能です。

これは特に、感染症予防に配慮が必要な現代社会で重要となっています。

 

さらに、無人販売ビジネスは場所を選ばないため、都市部だけでなく、人口が少ない地域や僻地においてもサービスを提供することが可能です。

これにより、これまで商業施設の少なかった地域でも新たな販売チャンスを生み出すことが可能となります。

 

一方で、無人販売ビジネスを成功させるためには、顧客が安心して利用できるシステムを作り上げることや、万が一のトラブルに対応する仕組みを整えることなどが求められます。

 

無人販売ビジネスは、テクノロジーの進化とともに進化し続ける分野です。

開業を考えている人にとっては、新たなビジネスモデルの創出や、従来の商売に対する新たなアプローチを提供するチャンスと言えます。

まとめ

無人販売ビジネスは、その柔軟性とコスト効率性により、起業家や小売業者に新たなビジネスチャンスを提供しています。

基本的なステップから具体的な設備の選択、必要な運営知識まで、この記事を通じて無人販売ビジネスの開業に必要な情報を提供しました。

 

さらに、成功した無人販売ビジネスの事例を通じて、より深く理解することができたことでしょう。

これらの事例は、無人販売ビジネスがどのように顧客に利便性を提供し、新たな市場を開拓する可能性があるかを示しています。

 

そして最後に、テクノロジーが進化し続ける現代社会において、無人販売ビジネスがどのように成長し、さらなる可能性を秘めているかについて触れました。

これからもテクノロジーは日進月歩で進化し、無人販売ビジネスの形も変わっていくでしょう。

その変化と共に、ビジネスの未来を見つめ続けていきましょう。

この記事が、無人販売ビジネスへの一歩を踏み出すためのガイドとなれば幸いです。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 革新的なショッピング体験:無人コンビニが実現

    無人コンビニの台頭と注目のエリア 無人コンビニは、急速に台頭し、世界中で注目を集めています。新たなテクノロジーと小売業界の変化により、消費者のニーズに合わせた革新的なショッピング体...

  • 【理解するセルフレジ】そのテクノロジーと仕組み

      近年、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ドラッグストアといった場所で見かけることが増えてきた「セルフレジ」。 買い物客自身が商品のバーコードを読み取り、支払いを行うこの...

  • セルフレジ補助金で店舗改革!今知っておきたいポイントは?

    はじめに:セルフレジとは何か  本稿は、店舗を運営している方がセルフレジを導入する際に押さえておくべきポイントを解説するものですが、その前に、そもそも「セルフレジとは何か」から解説...

  • 未来の小売業界をリードする無人店舗ビジネススタイルの可能性

    無人店舗は未来の小売業界をリードするビジネススタイルになります。 店員がいなくても在庫補充やレジ・防犯カメラなどのセキュリティー対策を行うことができるので、従業員がいなくても店舗運...