株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.04.25

view 51

スーパーで必須の陳列法則:絶対に外せない商品並べ方の2つのコツ

「なぜスーパーの陳列方法を学ぶ必要があるのか?」この疑問に対して、私たちは日々、消費者の購買行動を左右する「陳列」の重要性を再認識しています。成功するスーパーマーケットとそうでないところの違いは、しば...

「なぜスーパーの陳列方法を学ぶ必要があるのか?」この疑問に対して、私たちは日々、消費者の購買行動を左右する「陳列」の重要性を再認識しています。成功するスーパーマーケットとそうでないところの違いは、しばしばその陳列方法にあります。この記事を読むことで、次の3つの重要な知識を得ることができます。 

    基本的な陳列テクニックの学習:陳列の目的と基本戦略を理解し、どのようにして商品を効果的に展示するかを学びます。

    具体的なディスプレイ方法の習得:視覚的魅力を高め、顧客の関心を引きつけるための実践的な方法を掘り下げます。

    注意点とリスクの理解:過剰なディスプレイの弊害やセキュリティ対策の重要性について考察し、どのように対処すべきかを解説します。

これらの知識を身につけることで、あなたのスーパーは見違えるほど魅力的な売り場に変わります。この記事を通じて、読者は陳列に関する基本から高度なテクニックまで、実践的な知識を得ることができ、それを実際の店舗運営に応用することで、顧客満足度の向上と売上の増加を実現できる未来を手に入れることができます。さあ、あなたのスーパーを次のレベルへと導く準備をはじめましょう。

陳列に関する基本知識

陳列は、商品を店舗に効果的に展示し、その商品をお客様に魅力的に見せる技術です。このセクションでは、陳列の目的と基本的なテクニックについて詳しく説明します。 

陳列の目的とは

陳列の最も大きな目的は、商品をお客様に魅力的に見せ、最終的には販売を促進することにあります。しかし、それだけではありません。陳列には以下のような様々な目的が含まれます。

・商品の特徴を際立たせる

色、形、機能など、商品の魅力的な特徴を前面に出して、お客様の注意を引きます。

・お客様の購買体験を向上させる

商品を探しやすくし、購買過程を楽しんでもらうことで、お客様の満足度を高めます。

・店舗のブランドイメージを構築する

陳列方法は店舗のイメージやブランドを反映します。統一感のある陳列は、プロフェッショナルな印象を与え、ブランドイメージを強化します。 

基本的な陳列テクニック

陳列にはいくつかの基本的なテクニックがあり、これらを理解し適切に活用することで、効果的な商品展示が可能になります。

    色彩の使用:

色はお客様の注意を引きつける強力なツールです。鮮やかな色を使用して特定の商品を強調したり、季節感を演出することができます。

    高さとレイアウト

商品を異なる高さに配置することで視覚的な魅力を高めることができます。また、商品のグルーピングやレイアウトを工夫することで、お客様の興味を引きやすくなります。

    照明の工夫:

照明を工夫することで、商品の特徴を際立たせたり、店内の雰囲気をコントロールすることができます。柔らかい光を使って温かみのある雰囲気を作り出したり、スポットライトで注目商品を強調することが一般的です。

    空間の活用:

商品間に適切な空間を持たせることで、混雑感を避け、お客様が商品を見やすくなります。また、動線を考えたレイアウトにすることで、店内をスムーズに移動できるようにすることも大切です。

これらのテクニックは、お客様にとって魅力的な購買体験を提供し、商品の魅力を最大限に引き出すために不可欠です。陳列方法は商品の種類や店舗のコンセプトによって異なりますが、基本的な原則を理解し適用することで、売上げの向上につながります。

陳列が成功する条件

陳列が成功するためには、商品の配置と流動性、視覚的魅力の向上という二つの重要な要素が必要です。これらの要素がうまく組み合わさることで、お客様の購買体験が向上し、結果的に売上げの増加につながります。

商品の配置と流動性

商品を配置する際、お客様が自然と商品に手を伸ばせるような流動性を持たせることが重要です。これには、以下のポイントが考慮されます。

・商品の視認性

商品がお客様の目に留まりやすい場所に配置されているか。

・アクセスのしやすさ

お客様が商品に簡単に手が届くような配置になっているか。

・動線の考慮

店内の動線を考え、お客様が自然と商品の前を通るようなレイアウトにしているか。

例えば、入口から入ってすぐの目立つ場所に新商品やセール商品を配置することで、お客様の注意を引きやすくなります。また、関連商品を近くに配置することで、クロスセリングの機会を増やすこともできます。 

視覚的魅力の向上方法

商品の視覚的魅力を向上させることは、お客様の関心を引き、購買意欲を刺激する上で非常に重要です。これを実現するためには、以下のようなテクニックがあります。

・色彩の利用

色は感情や興味を引き出す強力なツールです。鮮やかな色を使って特定の商品を強調したり、季節感を出したりすることができます。

・照明の工夫

商品を照らす光の角度や強さを調整することで、商品の魅力を引き立てることができます。また、シャドウを利用して立体感を出すことも可能です。

・ディスプレイのクリエイティビティ

商品をただ並べるのではなく、ストーリーテリングの要素を取り入れたり、季節感やイベントに合わせたディスプレイを考えたりすることで、お客様の興味を引きます。

これらの要素を組み合わせることで、商品の価値を最大限に引き出すことができます。成功する陳列は、ただ商品を見せるだけではなく、お客様の心を動かすことが重要です。

注意点とリスク

スーパーや小売店での商品陳列は、売上を伸ばすために非常に重要な役割を果たします。しかし、効果的な陳列方法を学ぶ際には、注意しなければならないリスクも存在します。ここでは、特に重要な二つのポイント、「過剰なディスプレイの弊害」と「商品のセキュリティ対策」について解説します。 

過剰なディスプレイの弊害

過剰なディスプレイとは、必要以上に多くの商品を陳列することや、過度に装飾することを意味します。これがなぜリスクになるのかというと、主に以下の理由が挙げられます。

・顧客の混乱

商品が多すぎると、顧客は選択肢を比較しにくくなります。これは、購買決定の遅延や最悪の場合、購入を諦める原因にもなります。

・商品価値の低下

商品が密集していると、各商品の魅力が相殺され、価値が低下してしまうことがあります。

・保守管理の困難

商品が多すぎると、在庫の管理が難しくなり、商品の陳列状態を維持することが大変になります。 

これらの問題を避けるためには、商品を選び抜き、適切な量を陳列することが重要です。また、商品の配置には、顧客の目線を意識した工夫が必要です。

商品のセキュリティ対策

商品のセキュリティは、特に価値が高い商品や、盗難のリスクがある商品において重要です。セキュリティ対策が不十分だと、盗難に遭うリスクが高まります。そのため、以下のような対策が考えられます。

・監視カメラの設置

店内の各所に監視カメラを設置し、盗難の抑止力にする。

・電子タグの利用

高価な商品には電子タグを取り付け、店外への持ち出しを検知できるようにします。

・展示方法の工夫

高価な商品は、直接手に取れないような展示方法を工夫します。例えば、ケースの中に展示したり、サンプルのみ展示して本物はカウンター裏に保管するなどです。

セキュリティ対策をしっかり行うことで、商品の安全を保ちながら、顧客に安心して商品を見てもらうことができます。 

以上が、スーパーや小売店での陳列における注意点とリスクについてとなります。過剰なディスプレイの弊害を避け、商品のセキュリティ対策をしっかりと行うことで、顧客にとって魅力的な買い物環境を提供し、売上の向上につなげることができます。

まとめ

効果的な商品陳列は、ただ商品を並べる以上のものです。それは、顧客の心理を理解し、購買経験を豊かにするための戦略的なアプローチです。基本的なテクニックから始め、成功事例を学び、注意すべきリスクを理解することで、売上を伸ばし、顧客満足度を高めることができます。商品陳列は常に進化しているため、最新のトレンドや技術に注意を払い、柔軟に対応することが成功への鍵となります。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • レンタルスペースの基本と利用法

    1.  レンタルスペースの基本情報  レンタルスペースとは    レンタルスペースとは、一定の料金を支払うことで、特定の期間、目的に合わせてスペースを利用できる場所のこと...

  • 企業の人手不足を解消する5つの方法を解説

    本記事では企業の人手不足を解消する5つの方法を解説しています。人手不足は事業運営において解決すべき優先事項です。人手不足の要因と企業に与える影響を理解し、人材確保に取り組んでみてく...

  • 問題業界での人手不足を乗り越える新たなアプローチ

    人手不足と自販機業界の課題   1. 人手不足の深刻化とその影響   近年、日本では高齢化や少子化の進行により、人手不足が深刻化しています。自販機業界もこの問題に直面しており、特に...

  • 効果的な販促施策の鍵― 販促の基本理念とは?

    1.  販促活動の基本理念とは  販促施策の重要性 販売促進活動は、企業が直面する市場競争において差別化を図り、自社商品やサービスをアピールするための手段です。特に今日の競争激しい...