株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジのメリット・デメリットを知り、導入を検討しよう

セルフレジを導入することにはメリットとデメリットがあります。ここでは、セルフレジについてやおすすめの店舗やそうではない店舗の特徴などを紹介していくので参考にしてください。 セルフレジとは セルフレジと...

セルフレジを導入することにはメリットとデメリットがあります。ここでは、セルフレジについてやおすすめの店舗やそうではない店舗の特徴などを紹介していくので参考にしてください。

セルフレジとは

セルフレジという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。セルフは利用者がさまざまなことをする意味であり、セルフのガソリンスタンドであれば、給油を自分でして支払いも利用者が行います。そのため、セルフとは本来従業員が行うことを利用者が行うことであり、セルフレジはスタッフの人がレジ打ちをしてくれるのではなく、自分でバーコードなどを専用の機器で読み込み、支払いをする仕組みのことです。一昔前までは考えられない会計の仕方ですが、最近ではさまざまな店舗でセルフレジが導入され始めています。なので、一度はセルフレジを見ていたり、実際に利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

セルフレジのメリット

セルフレジを導入することにはメリットがあります。メリットがあるため、さまざまな店舗で導入されており、徐々にセルフレジの割合が増えていることも事実です。しかし、セルフレジの導入を検討しているのであれば、改めてセルフレジのメリットとデメリットを把握していくことをおすすめします。次に、セルフレジのメリットを紹介します。メリットを知ることでどのような効果を期待することができるのかが分かります。

人件費の削減

セルフレジを導入することで人件費を削減することが期待できます。一般的なレジはスタッフが操作して支払いを完了させることができます。そのため、レジ1台に対して最低1人配置しなければなりません。したがって稼働しているレジが多ければ同じ人数分の人件費が発生していることになります。しかし、セルフレジであれば、レジにスタッフを常駐させておく必要がなく、レジ打ちしている従業員の人件費を削減することが可能です。人件費を削減したいと考えているのであれば、本格的にセルフレジの導入を検討しましょう。

回転率が上がりやすい

セルフレジは回転率を上げることが期待できます。従来のレジでもスタッフの人が作業に慣れていれば、会計をするのに時間がかかってしまうことはありません。しかし、バイトや研修員などはレジ打ちの作業に慣れていない場合が多く、待ち時間が長くなりやすいです。セルフレジは利用者がバーコードを読み込ませる必要があるため、セルフレジの方が回転率が悪いと思っているのではないでしょうか。セルフレジは人件費が必要ないため、複数台導入することができ、回転率を高めることが期待できます。そのため、大型店舗であれば多くのお客が来ることが想像でき、セルフレジのメリットを最大限活かすことが可能です。

セルフレジのデメリット

セルフレジにはメリットだけではなく、デメリットもあります。デメリットを把握せずに導入してしまうとデメリットばかりに目がいってしまい、仕事に集中できなくなってしまう可能性もあります。

初期投資に費用がかかる場合もあるがサブスク型で費用を抑えることも可能

セルフレジは従来のレジとは仕組みが違うため、セルフレジを使用したいのであれば、セルフレジ本体を購入しなければなりません。セルフレジの価格はおおよそ1台100万円程度と言われています。そのため、複数のセルフレジを導入する場合は初期費用が大きくなってしまいます。レジといってもピンからキリまであり、さまざまな機能が備わっていれば高額で販売されている可能性が高いです。

操作に慣れるまでに時間がかかる

セルフレジは上記でも紹介したように利用者が操作をします。今までレジ打ちの人に頼り切っていた会計ですが、自分がほとんどの作業をすることになると操作方法を知っておく必要があります。セルフレジを使用する場合は自動アナウンスでどのような流れで会計をして、支払いを済ませるのかを教えてくれる場合が多いです。利用者がセルフレジの扱い方に慣れれば、レジ待ちが発生しなくなりやすいですが、導入当初は逆に回転率が下がってしまったり、セルフレジのサポートを行う人材が必要になってしまうこともあります。

セルフレジがおすすめの店舗とおすすめできない店舗

セルフレジを導入することはレジを使用している店舗全てにおすすめできるわけではありません。基本的に上記で紹介したメリットが得られても魅力的に感じにくい場合はセルフレジの導入は後回しにしても問題ない場合が多いです。次に、セルフレジを導入することがおすすめの店舗とおすすめできない店舗に分けて紹介します。あくまでも参考であるため、おすすめの店舗でも規模が小さいとセルフレジの必要性は低くなりやすいです。

スーパーやデパート

スーパーやデパートはセルフレジがおすすめの店舗と言えます。実際スーパーやデパートのレジにセルフレジが採用されていることが多く、導入を開始し始めた業界でもあります。スーパーやデパートで取り扱っている商品の多くはバーコードが記されているため、商品管理がしやすく、セルフレジも使いやすいです。

飲食店

飲食店もセルフレジがおすすめな店舗と言えます。しかし、全ての飲食店ではなく、個人経営の飲食店や小規模の飲食店であればおすすめです。一方ファミリーレストランなど規模が大きい店舗ではあまりおすすめできません。また、飲食店におすすめできるセルフレジはスーパーやデパートで導入されているセルフレジとはタイプが違います。飲食店におすすめのセルフレジは一般的に食券販売機のことです。これは利用者がお金を入れて食べたいメニューのボタンを押し、発行された紙を店主に渡すと言う仕組みです。利用者は既に会計を済ませているので、食べた後はそのまま帰っても問題ありません。

小規模の店舗

小規模の店舗は基本的にセルフレジの必要性は低いです。その理由は利用者が少ない場合が多いからであったり、個人経営をしている可能性もあります。個人経営の場合は人を雇わずに経営していることもあり、レジも店主が行っている可能性が高いです。

バーコードのない商品が多くある店舗

セルフレジは利用者が商品についているバーコードを読み込み作業をして会計を行いますが、バーコードがない場合は会計する手間が増えてしまいます。バーコードがない商品でも予め登録しておくことで会計をすることができますが、利用者の操作が多くなってしまったり、該当する商品名を見つけることができない場合もあります。そのため、バーコードのない商品を多く取り扱っている店舗ではセルフレジのメリットが薄れてしまいます。

まとめ

セルフレジは従来のレジが進歩したレジであり、さまざまな店舗で導入が開始されたり、導入が検討されています。しかし、全ての店舗にセルフレジが向いているわけではなく、扱っている商品や現状の問題がセルフレジの導入で解消されるのかなどを検討することが大切です。また、セルフレジを導入することで収益が減らないのかを考え、どのような運用方法にするのかも考えましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 無人レジの使い方や注意点を知ろう

    無人レジは従来のレジとは違うため、利用するときには使い方を知っておく必要があります。ここでは、無人レジの使い方や注意点などを紹介するので、無人レジを使ったことがない人は参考にしまし...

  • セルフレジ導入による企業のメリットとデメリットを詳しく解説

    近年、お店で自分で商品をスキャンし支払いを済ますセルフレジが増えています。このセルフレジ、実は企業にとっても大きなメリットがあるのです。しかし、一方でデメリットも無視できません。こ...

  • 【変化するレジ環境】店員の役割とセミセルフレジの導入

      近年、テクノロジーの進化により、店頭での買い物体験は大きな変化を遂げています。 その中で特に目を引くのが「セミセルフレジ」の導入です。 セミセルフレジとは、顧客自身が商品のバー...

  • 【事業開始の前に】無人販売のメリットとデメリットを知る

    これまでに無人販売のビジネスを考えたことはありますか? 自動販売機や無人農産物直売所、そして最近では無人店舗まで、この無人販売はあらゆる業界で見かけるようになりました。 テクノロジ...

お問い合わせはこちら

ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードは
こちら