株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.05.09

view 23

寝てる間も開いてる!24時間店舗の魅力

深夜の買い物が必要だったけれど、近くの店が閉まっていて困ったことはありませんか?この記事では、24時間営業のお店の存在がどれほど重要か、そしてその未来について深掘りします。この記事を読むことで得られる...

深夜の買い物が必要だったけれど、近くの店が閉まっていて困ったことはありませんか?この記事では、24時間営業のお店の存在がどれほど重要か、そしてその未来について深掘りします。この記事を読むことで得られる具体的な情報は以下の3つの通りです。

1.24時間営業の基本知識と必要性

2.24時間営業のメリットとデメリット

3.持続可能な24時間営業の戦略

この記事を通じて、24時間営業の店舗が私たちの生活にどれだけ役立っているのか、そしてこれからどうあるべきかについて、読者と共に考えていきたいと思います。

24時間営業の定義と基本知識

24時間営業とは、店舗やサービスが1日24時間、週に7日間開店している営業形態を指します。この形式は、顧客がどの時間帯にもアクセス可能であるため、利便性を極めて高めるものです。特に、緊急に必要な商品やサービスを提供する施設(例えば、薬局や病院、コンビニエンスストア)では、24時間営業が一般的です。

24時間営業とは?深夜営業を含む時間無制限のサービス提供

24時間営業とは、1日のうちいつでも、つまり昼夜問わずサービスや商品を提供する営業形態のことを指します。具体的には、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、一部の飲食店などがこの方式を採用しており、利用者は自分の都合の良い時間にこれらの場所を利用できるようになっています。

1.24時間営業の背景

この営業形態が広まった背景には、都市部における生活リズムの多様化があります。特に、シフト勤務や非定時制の仕事を持つ人々の増加により、従来の9時から17時の営業時間では対応しきれない需要が生まれました。また、インターネットの普及による24時間消費社会の形成も大きな要因です。

2.24時間営業の事例

例えば、日本の大都市部においては、多くのコンビニエンスストアが24時間営業を実施しており、深夜でも食料品や日用品を購入できるため、夜遅く仕事が終わる人々にとって非常に便利です。さらに、急な出張や旅行の際にも、必要な物品をいつでも購入できる点が評価されています。

3.信頼できるデータに基づく統計

国土交通省の調査によると、24時間営業の施設が増えることで、特に大都市の夜間経済が活性化していることが分かっています。また、緊急時においても、24時間営業の施設は地域社会において重要な役割を果たしているとされています。

以上のように、24時間営業は現代社会において欠かせない存在となっており、多様な生活スタイルに対応するためにさらに重要性を増していると言えるでしょう。この営業形態により、消費者はより便利で柔軟な生活を送ることが可能となり、夜間経済の活性化にも寄与しています。

24時間営業の必要性と存在意義

現代社会では、人々の生活リズムが多様化しており、それぞれの生活スタイルに合わせたサービスが求められています。24時間営業の店舗は、そうしたニーズに応えるために不可欠な存在となっています。ここでは、ライフスタイルの多様化への対応と緊急時の便利さを提供し、さらに地域コミュニティへの貢献という点から、24時間営業の必要性と存在意義について詳しく掘り下げてみましょう。

ライフスタイルの多様化に対応

従来の「朝9時から夜5時」という働き方に縛られないフレキシブルな働き方が増えています。この変化により、人々の活動時間も多様化し、昼夜問わず活動する人が増えています。24時間営業の店舗は、このような新しい生活パターンを持つ人々が、自分のライフスタイルに合わせて必要な時に買い物ができる場を提供しています。これにより、夜勤後や早朝に活動する人々にも利便性を提供しています。

緊急時の便利さとコミュニティへの貢献

夜間や早朝に限らず、災害時などの緊急の場面で必要な物資を手に入れることができるのは、24時間営業の店舗ならではの利点です。また、24時間開いている店舗は、地域内で「安全な灯り」としての役割も果たしており、地域の安全性の向上に寄与しています。例えば、深夜でも明るく人の目があり、交通の便が良い場所に位置することで、夜道の安全を提供すると共に、地域コミュニティの防犯にも一役買っています。

このように、24時間営業の店舗は、ただ便利なだけでなく、地域社会における重要な役割を担っており、多くの人々にとって欠かせない存在となっています。今後もこれらの点を踏まえ、さらにその必要性と存在意義が高まることが予想されます。

24時間営業のメリット

24時間営業は、社会の多様なニーズに応え、利便性を大幅に向上させるものです。ここでは、具体的に店舗側と顧客側の両方から見た主要な利点を探ります。

店舗側のメリット

1.深夜帯の需要捕捉

夜間働く人々や非定型労働時間の人々が増える中、これらの顧客にサービスを提供することで新たな収益源を確保します。

2.作業効率化

 店舗の営業時間を24時間にすることで、品出しや在庫管理、清掃などの業務を客の少ない時間に行え、日中の業務に集中できます。

3.ブランディング効果

 24時間営業を行うことで、「いつでも開いている便利な店」というブランドイメージを築き、顧客のロイヤルティを高めます。

顧客側のメリット

柔軟な買い物時間: 顧客は自身の生活リズムに合わせて、どの時間帯でも買い物が可能になります。これにより、特に日中時間が取れない人々にとって大きなメリットとなります。

1.緊急時の対応力

 突然の必要品が必要になった時でも、24時間営業している店舗があればすぐに対応可能です。特に、薬や食料品の確保が挙げられます。

2.安全性の向上

 夜間でも明るく開いている店舗は、周辺地域の治安維持にも寄与します。店舗の存在が周辺を安全な空間として機能させる効果もあります。

これらのメリットにより、24時間営業は多くの人にとっての生活の質の向上、そして店舗にとっての経済的な利益となっています。

24時間営業のデメリット

24時間営業のデメリットは、主に運営コストの増加、防犯や騒音対応の課題、スタッフの管理問題などがあります。これらは店舗側のデメリットとして顕著ですが、顧客側にも騒音や駐車場のトラブル、環境への影響などの問題があります。

店舗側:高い運営コスト、防犯・騒音対応、スタッフ管理問題

24時間営業を行うスーパーマーケットでは、特に運営コストの増大が問題となります。夜間の人件費は通常より高く設定されることが多く、安定した収益を得るためには、それに見合うだけの売り上げを確保する必要があります。また、深夜の防犯対策や騒音対応も重要な課題です。防犯カメラの設置や警備員の配置など、安全を確保するためのコストが発生します。

さらに、スタッフの管理も難しくなります。24時間体制を維持するためには、夜間勤務を含むシフト制が必要で、従業員の健康やモチベーションの維持が課題となります。実際に、長時間労働や不規則な勤務が原因で、従業員の離職率が上がるケースも報告されています。

顧客側:騒音や駐車場のトラブル、環境影響の懸念

顧客にとってのデメリットとして、特に住宅地に近い場所での騒音問題が挙げられます。夜間に商品の搬入や搬出が行われることで、大きな音が発生し、周辺住民からの苦情につながることがあります。また、深夜に店舗を利用する顧客の中には、騒音を意識しない行動を取る人もおり、これがトラブルに発展するケースもあります。

駐車場でのトラブルも見逃せません。深夜に限らず、24時間営業の店舗では、駐車場が満車になりやすく、それによる顧客間のトラブルや、駐車場をめぐる地域住民との間の問題が発生することがあります。また、照明を始めとする電力消費の増加は環境にも影響を与え、エネルギー使用の効率化が求められます。

24時間営業の代替戦略

24時間営業スーパーマーケットは、従来の営業モデルに代わる新たな戦略を採用することで、顧客の変化するニーズに対応し、ビジネスの持続可能性を高めています。この代替戦略は、商品の多様化、プライベートブランド商品の充実、および最新テクノロジーの導入という三つの主要な要素に焦点を当てています。

商品の多様化とPB商品の展開

24時間営業のスーパーマーケットは、消費者のニーズに応えるために、商品の多様化とプライベートブランド(PB)商品の展開に力を入れています。この戦略により、他の競合店と差別化を図り、消費者にとって魅力的な選択肢を提供することができます。

たとえば、国内の大手スーパーマーケットでは、オーガニック食品や健康志向の商品、地元産の食材などを積極的に取り扱い、それらを自社ブランドとして市場に出しています。これにより、消費者はいつでも自分のライフスタイルや好みに合った商品を選ぶことができます。

テクノロジー導入:セルフレジ、キャッシュレス決済

また、24時間営業の店舗では、Sう顧客の利便性を高めるために最新のテクノロジーを導入することが一般的です。特にセルフレジやキャッシュレス決済の導入は、深夜帯にスタッフを減らすことができ、運営コストを抑える効果も期待できます。

セルフレジは顧客自身が商品のスキャンから決済までを行うシステムで、待ち時間の短縮やレジ周りの混雑解消に有効です。一方、キャッシュレス決済は、スマートフォンやクレジットカードでの支払いを可能にし、よりスムーズな買い物体験を提供します。

これらのテクノロジーは、24時間営業のストアが夜間でも顧客の利便性を確保し、同時に効率的な運営を実現するための重要な要素です。

24時間営業の意義再考と戦略的選択

24時間営業は、従来の営業戦略を見直し、新たな戦略的選択を行う必要がある分野です。顧客のニーズや社会環境の変化に迅速かつ適切に対応することが、企業の競争力を維持し、持続可能な成長を実現するために重要です。

ターゲットニーズに応じた営業戦略の設計

24時間営業は、顧客に常に便利さを提供することで、企業の利益向上に寄与しています。しかし、ターゲット市場の変化に対応するため、営業時間の見直しや、サービス内容の調整が必要とされています。たとえば、夜間の買い物需要が高いエリアでは、深夜までの営業を継続し、低いエリアでは夜間の営業を縮小して、効率を高めることが考えられます。

日本では、超高齢社会の進行により、シニア層が増えているため、彼らの生活リズムに合わせたサービス提供が求められています。例えば、朝早くからの営業を強化し、シニア層が人が少ない時間に買い物ができるようにするといった工夫が考えられます。

また、若者向けには、オンラインでの注文に応じて、24時間ピックアップできるサービスを導入することも一つの方法です。これにより、昼夜問わず利便性を提供しつつ、店舗の人手不足をカバーすることができます。

環境と社会への配慮を考慮した営業時間の最適化

24時間営業は、環境への影響も大きいため、環境保護の観点からも営業時間の最適化が求められています。店舗の照明や冷暖房などのエネルギー消費を減らすために、深夜の利用客が少ない時間帯は照明を抑える省エネモードを導入するといった対策が考えられます。

さらに、地域社会との関係性を考慮し、夜間の騒音や犯罪の防止のために、地域住民と協議を行いながら営業時間を決定することが大切です。例えば、住宅地に近い場所では、深夜の営業を自粛するなど、地域社会に配慮した運営が求められます。

これらの戦略により、企業は顧客のニーズに応えつつ、環境や社会への影響を最小限に抑えることができるでしょう。これにより、企業の長期的な信頼性と持続可能な成長が期待できます。

まとめ

このように、24時間営業は多くの場面で我々の生活を支える重要な要素となっています。便利さやアクセスの良さだけでなく、緊急時の対応という点で、これからも多くの地域で必要とされる営業形態であると言えるでしょう。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 販売代行の重要性とメリットについて

    1.  販売代行のメリットとは  信頼性の向上   販売代行会社を活用することで、企業は顧客に対する信頼性を向上させることができます。専門家が販売活動を代行することで、商...

  • 会社に必要な福利厚生は?社員に人気の福利厚生もご紹介!

    働き方の多様性もあり、企業では優秀な人材を獲得するのが難しくなっています。 また、雇われる側も、より良い環境の会社を求める傾向が強くなっています。 ここでポイントとなるのが、「会社...

  • オフィスコンビニで福利厚生をアップ!

    オフィスコンビニとは、オフィス内に設置される小規模なコンビニエンスストアです。オフィスの一角や共有スペースに設置され、従業員や来客が気軽に利用できます。オフィスコンビニの導入は、従...

  • 夜食の新常識!24時間レストランの進化

    「深夜に空腹を満たしたいけれど、どのレストランが開いているかわからない」「24時間営業の飲食店を開業したいが、必要な情報が不足している」このようなお悩みを解決します。本記事では、以...