株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

食品用自販機の導入でアフターコロナに強いビジネスを!安心感や衛生面の魅力

食品用自販機は、人と対面せずに食べ物を購入できる便利なツールです。コロナ禍で感染防止や衛生管理が重要になった今、食品用自販機は安心感や信頼感を高めることができます。この記事では、食品用自販機の導入でア...

食品用自販機は、人と対面せずに食べ物を購入できる便利なツールです。コロナ禍で感染防止や衛生管理が重要になった今、食品用自販機は安心感や信頼感を高めることができます。この記事では、食品用自販機の導入でアフターコロナに強いビジネスを展開する方法をご紹介します。

 

食品用自販機とは?種類や特徴を解説 

食品用自販機とは、飲み物だけでなく、食べ物を販売する自動販売機のことです。最近では、さまざまな種類や特徴の食品用自販機が全国各地に登場しています。食品用自販機の種類や特徴について解説します。

 

食品用自販機とは? 

食品用自販機は、現金や電子マネーなどで支払いをすると食べ物が出てくる機械です。人と対面せずにモノを購入できるため、コロナ禍で注目されています。また、24時間365日利用できるのも魅力の一つです。食品用自販機には、お菓子やパン、カップ麺などさまざまな商品があります。

 

食品用自販機の種類

食品用自販機には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

・冷凍・冷蔵タイプ:冷凍庫や冷蔵庫に入れられた商品を販売するタイプです。商品は冷凍・冷蔵されているため、賞味期限が長くなります。例えば、世界初の冷凍もんじゃ自動販売機はこのタイプです。

・温度調節タイプ:温度調節が可能な商品を販売するタイプです。商品は常温で保存されていますが、購入時に温めたり冷やしたりすることができます。例えば、生搾りオレンジジュースの自動販売機はこのタイプです。

・調理タイプ:商品を調理して提供するタイプです。商品は生の状態で保存されていますが、購入時に焼いたり揚げたりすることができます。例えば、フライドポテトやラーメンの自動販売機はこのタイプです。

 

食品用自販機の導入で得られるメリットとは?福利厚生や空きスペースの有効活用など

食べ物を販売する食品用自動販売機を導入することで得られるメリットについて紹介します。コスト削減や福利厚生、空きスペース活用など、さまざまな面で利点があります。

 

食品用自販機の導入でコスト削減ができる 

食品用自販機を導入することで、コスト削減ができるというメリットがあります。

・人手不足の解消や人件費削減につながる

食品用自販機は無人で食品を販売できるため、新たに人を採用する必要がありません。また、レジに人員を配置する必要もなく、接客や会計の時間も節約できます。

・食品ロス削減に貢献できる

食品用自販機は冷凍機能をもつものが多く、鮮度や品質を保ちやすいです。また、商品の入れ替えや在庫管理も簡単にできるため、廃棄や返品が減ります。

 

食品用自販機の導入は福利厚生になる 

食品用自販機を導入することで福利厚生になるというメリットもあります。

・社員や来客に24時間365日利用できる飲食サービスを提供できる

 ・社員の健康や満足度を向上させることができる

 ・社内コミュニケーションやチームワークを促進することができる

 ・企業イメージやブランディングにも寄与することができる

 

食品用自販機の導入で空きスペースを有効活用できる方法と事例 

食品用自販機を導入することで、空きスペースを有効活用できるというメリットもあります。

・駐車場や駅前などの人通りの多い場所に設置して集客力を高める 

・商業施設やオフィスビルなどのエントランスやロビーに設置して利便性を高める 

・学校や病院などの公共施設に設置してサービス向上に貢献する 

・農家や漁師などの生産者が直接商品を販売することで付加価値を高める

 

食品用自販機の導入で災害時の備蓄になる 

食品用自販機を導入することで、災害時の備蓄になるというメリットもあります。

・停電時でもバッテリー駆動で稼働し続けることができる 

・冷凍・冷蔵タイプの商品は長期保存が可能である 

・温度調節タイプや調理タイプの商品は温めたり冷やしたりすることができる 

・非常時には無料提供することも可能である

 

食品用自販機でアフターコロナでも衛生面を高める方法とは? 

■撮影用に製作した美術セットを使用しています。実在する施設ではありませんのでイメージ写真としてご利用ください。

食品用自販機は、無人で24時間利用できる便利なツールですが、それだけに感染予防や衛生管理に気を付ける必要があります。消費者と運営者で協力して安心したサービスを作り上げる必要があります。

 

安心感や衛生面を高める必要性 

新型コロナウイルスの感染拡大により、人々は人との接触や密集を避ける意識が高まりました。この影響で、食品用自販機の需要が急増しました。食品用自販機は無人で24時間利用できるため利便性が高く、多くの人々が利用しています。しかし、他の人が触ったり汚れたりする可能性があり、清潔さや安全性に不安を感じる消費者も存在します。このため、食品用自販機の利用者や運営者は、感染予防や衛生管理に十分な注意を払う必要があります。衛生的な状態を維持して消毒や定期的な清掃を行うことで、利用者の安心感を高めることが重要です。

 

衛生面を高める方法 

具体的にどのようにして食品用自販機で衛生面を高めることができるのでしょうか?

消費者が自販機を利用する際に直接触れる部分や商品を清潔にする対策方法を紹介します。

・非接触型の支払い方法や操作方法を導入する 

・定期的に自販機の表面や商品の入れ替えを行う 

・商品の賞味期限や温度管理に注意する 

・商品の包装や密閉性に工夫する 

・消毒液や除菌シートなどを設置する

 

食品用自販機における集客の秘訣 

食品用自動販売機における集客の秘訣について紹介します。ライバルとの差別化、季節限定商品やオリジナル商品の提供、マーケティング戦略、人の多い場所への設置などが効果的な方法です。

 

ライバルとの差別化 

食品用自販機で集客を促進するためには、競合他社との差別化が重要です。消費者に対して、他の自販機や店舗との違いや提供するメリットを明確に伝える必要があります。まず、オリジナルのブランドやロゴを作ることで自販機自体に個性や特徴を持たせましょう。消費者は他とは異なる存在として認識しやすくなります。また、消費者のニーズや嗜好に合わせた商品を提供することも差別化の手段となります。市場調査や消費者の声に耳を傾け、多様な商品ラインナップを用意することでより幅広い層にアピールできます。価格やサービス面でも競争力を高めることは重要です。適正な価格設定や迅速な補充サービス、快適な利用環境など、消費者にとって魅力的な要素を提供することで、自販機の選択肢として選ばれやすくなります。

 

季節限定商品やオリジナル商品を提供する 

食品用自販機で集客するためには、季節限定商品やオリジナル商品を提供することも効果的です。消費者は、新鮮さや希少性に惹かれる傾向があります。また、SNSで話題になりやすい商品も注目されます。

例えば、以下のような商品があります。

・ショートケーキ缶や冷凍もんじゃなど、見た目や味が斬新な商品 

・生搾りオレンジジュースや無印良品など、有名ブランドとコラボした商品 

・クリスマスケーキやおせち料理など、季節感のある商品

 

マーケティング戦略 

食品用自販機で集客するためにはマーケティング戦略も重要です。消費者に自販機の情報や魅力を効果的に伝える方法を考える必要があります。

例えば、以下のような方法があります。

・インターネットやSNSで広告や口コミを活用する 

・チラシやポスターなどで周辺住民や通行人にアピールする 

・キャンペーンやクーポンなどでリピーターを増やす 

・アンケートやフィードバックなどで消費者の声を聞く

 

人の多い場所を見つける 

食品用自販機で集客するためには、人の多い場所を見つけることも大切です。人通りが多い場所では、自然と目に入りやすくなります。また、利便性や需要も高まります。

例えば、以下のような場所があります。

・駅前や商業施設など、人々が集まる場所 

・オフィス街や学校周辺など、昼食や休憩時間に利用される場所 

・病院や公園など、待ち時間が長い場所

 

まとめ

食品用自販機の導入メリットや、アフターコロナに向けてやるべき衛生管理について解説しました。メリットはコスト削減です。自販機にすると人件費がかかりません。衛生面では、非接触型の支払い方法の導入や除菌シールを貼るなどの対応が効果的です。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 自販機設置の費用と収入の仕組みを徹底解説

    自販機設置は初期費用少なく、毎月の収入が見込める魅力的なビジネスです。自販機設置のメリットやデメリット、設置に適した場所なども紹介しますので、自販機ビジネスに興味がある方はぜひお読...

  • 店舗管理システムの重要性とは?効率的な業務運営を実現するためのツール

    店舗を効率的に運営するために、店舗管理システムが必要です。 業務を自動化・効率化できるため、従業員の業務効率が上がり、生産性が高くなるでしょう。 この記事では、店舗管理システムの重...

  • 人手不足時代における無人コンビニの人件費対策

    無人コンビニの普及と人手不足の課題 無人コンビニは近年、新たな小売業態として急速に普及しています。従来のコンビニエンスストアとは異なり、無人コンビニではセルフサービスが中心となりま...

  • 無人販売所における盗難の実態と傾向を分析!法律や規制についても解説

    無人販売所は、人件費や家賃などのコストを抑えられるメリットがありますが、盗難のリスクも高まります。実際、近年は無人販売所を狙った窃盗事件が相次いでいます。この記事では、無人販売所に...

お問い合わせはこちら

ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードは
こちら