株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.04.25

view 6

駅の中で働く!最新シェアオフィス事情

「駅ナカのコワーキングスペースに興味はあるけど、どんなサービスがあるの?」「忙しい日々の中で、駅ナカシェアオフィスをうまく活用したい!」とお考えの方へ。この記事では、駅ナカシェアオフィスの魅力と具体的...

「駅ナカのコワーキングスペースに興味はあるけど、どんなサービスがあるの?」「忙しい日々の中で、駅ナカシェアオフィスをうまく活用したい!」とお考えの方へ。この記事では、駅ナカシェアオフィスの魅力と具体的な活用方法を詳しく解説します。

当記事では以下の3つの内容を得ることができます。

1.駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」のサービス概要と展開エリア

2.利用方法や料金体系の詳細

3.意外な活用法

この記事を通じて、忙しい毎日の中で駅ナカシェアオフィスを賢く活用し、仕事やプライベートの生産性を高めるヒントをお届けします。ぜひ最後までご覧ください。

駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」の概要

「駅ナカシェアオフィス」とは、駅の構内やその近辺に設けられたワーキングスペースのことを指します。これにより、通勤や移動中に便利に仕事ができる環境が提供されています。

JR東日本のエリア外にも展開

「STATION BOOTH」はJR東日本によって始められたが、その利便性と需要の高さから、他の地域や私鉄の駅にも展開されつつあります。これにより、より多くの利用者が日常的にアクセス可能となり、全国的なネットワークを形成しています。

コンビニや郵便局にも設置

このサービスの一環として、コンビニエンスストアや郵便局など、人々が日常的に訪れる場所にも「STATION BOOTH」が設置されています。これは、利用者がより手軽に仕事をする場所を見つけられるようにするためであり、ショッピングや用事の合間にも仕事が可能となっています。

このように、「STATION BOOTH」はただの仕事場を提供するだけでなく、働く場所の選択肢を広げ、仕事と私生活のバランスを取りやすくする役割を担っています。その結果、利用者にとっては、時間や場所を選ばず、効率的かつ柔軟に仕事ができる環境が整えられています。

サービスの企画と成功要因

駅ナカのワーキングスペースの企画は新型コロナウイルスのパンデミック以前に始まり、その後の社会状況の変化によって迅速な拡大と成功を遂げました。ここでは、その理由や背景について詳しく見ていきます。

サービスを企画したのはコロナ以前

駅ナカワーキングスペースのアイディアは、コロナパンデミック以前から存在していました。これは、通勤や移動が頻繁なビジネスパーソンや学生にとって、移動中でも効率的に仕事や勉強ができる環境を提供するためのものです。政府や各自治体も、都市部の交通渋滞やエネルギー消費を削減するため、このような施設の設置を支援しています。

ブースを使うために駅に行く。住宅地の稼働アップ

駅ナカワーキングスペースの設置によって、通常は朝夕にしか人が集まらない住宅地の駅周辺が、日中でも活動的な場所へと変化しました。駅を利用する理由が「電車に乗る」だけでなく、「仕事をする」ためにもなったのです。この結果、駅周辺のカフェや飲食店などの商業施設も連動して利用されるようになり、地域経済が活性化しています。

駅ナカワーキングスペースの設置は、働き方の多様化や地方創生に寄与する重要な要素として注目されています。これにより、働く場所の自由度が高まり、生活と仕事のバランスを取りやすくなっているのです。また、こうした施設は、災害時の避難場所や、緊急時の仮設オフィスとしても機能する可能性があります。

このように、駅ナカワーキングスペースの成功は、その設計が現代の働く人々のニーズに合致しているためであり、今後もその重要性は増していくことでしょう。

サービスの利用方法と料金

駅ナカシェアオフィスの利用方法は非常にシンプルで、オンラインまたは専用のアプリを通じて予約が可能です。利用者は、必要な時間だけオフィススペースを予約し、料金は使用時間に基づいて計算されます。

予約も可能

多くの駅ナカシェアオフィスでは、事前にインターネット上で予約するシステムを採用しています。これにより、利用者は自分のスケジュールに合わせて確実にスペースを確保できるため、急なビジネスニーズにも柔軟に対応可能です。例えば、重要な会議の前にプレゼンテーションの準備をするために、特定の時間にブースを予約することができます。

短時間でも利用できる

駅ナカシェアオフィスの大きな特徴の一つは、短時間から利用可能な点です。最低利用時間は15分からとされており、短時間の作業や打ち合わせに最適です。これは、例えば駅での待ち合わせ時間を有効に活用したいビジネスパーソンや、次の予定までの短い時間を埋めたいフリーランサーにとって非常に便利です。

1.料金について

料金体系は、その設置場所や提供するサービスによって異なりますが、一般的には時間単位で設定されています。例えば、15分ごとに300円からといった具体的な設定がされていることが多く、必要な時間だけ利用することができるため、コストパフォーマンスも非常に高いと言えます。さらに、長時間利用する場合は割引率が適用されることもあり、長時間働く必要がある場合でも経済的です。

このように駅ナカシェアオフィスは、その利便性と柔軟な料金設定により、多くのビジネスユーザーにとって重宝されています。予定が不確定なビジネスシーンや、移動時間を有効活用したい場合に特におすすめのサービスです。

意外な使用方法と利便性

近年、多くの人々が移動性や柔軟性を求めており、駅ナカワーキングスペースはそうしたニーズに応える素晴らしい解決策となっています。このようなスペースはただの作業場所以上の価値を提供しており、多用途に活用することができます。

英会話やYouTube配信など意外な使い方も

例えば、英会話のレッスンやYouTubeの動画撮影など、プライバシーを要する活動にも駅ナカワーキングスペースは最適です。防音設計が施されたブースが多いため、外部の騒音に悩まされることなく、集中して作業を進めることが可能です。

す。

自分のライフスタイルにあわせて、ブースを活用したい

駅ナカワーキングスペースは、使用時間を自由に選べるため、日常生活の中でスムーズに取り入れることができます。例えば、通勤途中や仕事帰りに、少しの間だけ仕事をするということも可能です。

利用者は自分のスケジュールに合わせて、必要な時間だけスペースを利用することができます。これにより、時間を有効に活用し、日々の効率を向上させることが可能です。

「◯時からのWebミーティングでブースを使用したい」場合

オンラインミーティングの需要が高まる中、駅ナカのブースは、予期せぬ外出時でもプロフェッショナルな環境で会議に参加できる便利な選択肢を提供します。また、Wi-Fiや電源が完備されているため、どんなデバイスを使ってもスムーズに接続することができます。

多くのビジネスパーソンが、大切なクライアントとの会議前に最終確認を行う場所として、または緊急の業務連絡を行う場所として利用しています。特に都市部では、オフィスに戻る時間がない場合に、このようなブースが非常に重宝されています。

これらの利用方法からもわかるように、駅ナカワーキングスペースは多様なニーズに対応するために設計されており、私たちの生活や仕事に新たな便利さをもたらしています。

具体的なサービスの使用体験

ここでは、駅ナカシェアオフィスの具体的な使用体験についてご紹介します。

ブースの防音性能は、設置されている場所次第

利用者の体験によると、駅ナカワーキングブースの防音性能は設置場所によって大きく異なることが分かります。たとえば、人通りの多い場所に設置されているブースでは、外の騒音が内部に入り込みやすい場合があります。しかし、静かな場所、例えば駅の一角や少し人目につかない場所に設置されているブースでは、外の音がほとんど聞こえず、集中して作業をすることができます。

このように、ブースの防音性能を最大限に活用するためには、設置場所を事前に確認することが推奨されます。駅ナカシェアオフィスを選ぶ際には、具体的にどの場所にブースが設置されているかを把握し、必要に応じて事前にその場所の環境を確認すると良いでしょう。

 

サービス・ソリューションの選択

駅ナカシェアオフィスの利用においては、どのサービスやソリューションを選ぶかが重要です。特にクラウド・データセンター、5G、ネットワーク・モバイルという点に着目しましょう。

 

サービスのクラウド・データセンター

駅ナカシェアオフィスを利用する際、クラウドサービスやデータセンターの利用が極めて重要です。これらのサービスは、ユーザーがオフィスにいるかのような体験を提供するために必要な技術的基盤を形成します。具体的には、ファイルのアクセスやデータのバックアップ、セキュリティの強化といった面でのサポートがあります。信頼できる提供者からこれらのサービスを選ぶことで、作業の効率化が図られ、ビジネスの継続性が保たれます。

5G

5G技術は、その高速通信がもたらす利点を活用することで、ビデオ会議のクオリティの向上や、大容量データの迅速なダウンロードが可能となります。特に駅ナカシェアオフィスでの作業効率を大きく向上させる要素となり得るため、5G対応のモバイルデバイスやサービスを選択することが望ましいです。

ネットワーク・モバイル

駅ナカシェアオフィスのもう一つの利点は、出張時などでも作業が続けられることです。このため、信頼性の高いネットワーク接続が必須となります。モバイルデータプランの選定に際しては、通信エリアの広さやデータ速度、そしてコストのバランスを考慮することが重要です。特に、頻繁に外出が多いビジネスパーソンにとっては、随時、最適なネットワークサービスを利用することが業務の効率化に直結します。

このように、駅ナカシェアオフィスを活用するには、適切なサービスやソリューションの選択が必要です。自分の業務に最適なオプションを選ぶことで、効率的かつ効果的に仕事を進めることができます。

 

人気の駅ナカシェアオフィス

都市部の駅ナカに新しい形態のオフィススペースが増えており、それぞれの特徴や利用者の声を聞いてみると、特に「STATION BOOTH」、「テレキューブ」、「CocoDesk」の人気が高いことがわかります。

STATION BOOTH

STATION BOOTHは、通勤や移動の途中に手軽に使える小型の個室オフィスです。主にJR東日本の駅に設置されており、忙しいビジネスパーソンにとっては非常に便利なサービスとされています。予約システムを利用することで、事前にブースを確保できるため、急なビジネスニーズにも対応可能です。

 

テレキューブ

テレキューブは、都心を中心に設置されているコンパクトなワーキングブースです。主に一人用の作業スペースとして設計されており、防音性やWi-Fi環境など、作業に必要な設備が整っています。短時間の利用が可能であり、移動中のビジネスマンやフリーランサーに重宝されています。

 

CocoDesk

CocoDeskは、さまざまな商業施設や公共施設に設置されているフレキシブルなワーキングスペースです。リゾート地や観光地にも設置例があり、仕事とプライベートの両方を楽しみたい人々に選ばれています。また、CocoDeskはデザイン性にも優れており、快適な作業環境を提供していると評価されています。

これらの駅ナカシェアオフィスは、現代のワークスタイルの多様化に対応する形で進化しており、利用者からは高い評価を得ています。特に、移動が多いビジネスマンや時間を有効に使いたいフリーランスの方々にとって、これらのオフィスは非常に役立つサービスとなっています。

 

まとめ

以上のように、駅ナカワーキングオフィスは、多くの利便性とともに、現代の働き方にマッチした施設として、今後も多くの人々に選ばれ続けられます。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • コワーキングスペースのメリット・デメリットについて大解説

    ここではコワーキングスペースに関する情報を、以下の項目にそって紹介します。 コワーキングスペースとは 利用する上でのメリット 利用する際に注意したいデメリット 近年、コワーキングス...

  • 最新!コワーキングスペースの情報徹底解説!

    「コワーキングスペースって何?そのメリットやデメリット、シェアオフィスと何が違うの?」このような疑問を抱えているあなたに、当記事では以下の3つの情報を説明しています。 1.コワーキ...

  • インボイス制度のポイントをわかりやすく押さえよう

      インボイス制度とは? インボイス制度は、企業間での取引において発行される請求書の取り扱いに関する制度です。請求書(インボイス)の作成や送付、税金の取り扱いなどが規定されており、...

  • 【あると嬉しい】福利厚生の最新動向! 注目のトレンドを解説

    近年、企業の福利厚生は単なる従業員への待遇提供から一歩進み、「あると嬉しい」を追求するべく様々な形に進化しています。 その背景には、働き方や働き手の多様化、生産性向上、従業員満足度...