「TTG-SENSE MICRO」初稼働!太陽鉱油 千葉新港SS店内に10月1日OPEN~わずか7平方メートル の極小スペースを店舗化する無人決済システム~

「TTG-SENSE MICRO」初稼働!太陽鉱油 千葉新港SS店内に10月1日OPEN~わずか7平方メートル の極小スペースを店舗化する無人決済システム~

 三菱商事エネルギー株式会社(代表取締役:南浩一、以下MCE)と株式会社TOUCH TO GO(代表取締役:阿久津智紀、以下TTG)は、TTG新プロダクトである極小地向け無人決済システム「TTG-SENSE MICRO」の導入を開始いたします。太陽鉱油 千葉新港サービスステーション(以下SS)内に、『フード&カフェ』コーナーとしてオープンします。
 「TTG-SENSE MICRO」を活用することで、無人での店舗オペレーションを実現し、これまでドライバーから食料品などの利用ニーズがあったものの、スペースの狭さ、売上規模から出店ができなかった場所でも店舗展開を可能にします。これにより今まで、自動販売機しか置けなかったような極小地の収益化を実現します。

■導入の背景と目的
 一般的にSS業界では働き手の不足から、現状のスタッフで負担なく展開できる新たな付加サービスが常に求められています。また大型トラックは、コンビニ・飲食店などに立ち寄りたくとも、駐車できる場所が極めて限定されるため、ドライバーは、日頃から食事や休憩場所を探すことに苦慮していました。さらにコロナ禍において、飲食店の営業時間が短縮され、特に夜間の食事場所が限られることがドライバーの健康に関わるとして問題視されています。
 そこでSSの2つの特徴、 ①交通の要所にある ②車が入りやすい店舗設計がある、という利点をそのまま活用した「無人決済店舗モデル」の構築に向け、第一弾として、「太陽鉱油 千葉新港SS店」での展開をスタートし、ドライバーのサポートを目指します。

■今後の展望
1.MCEでは、トラックドライバーが利用する大型SSを始め、全国のSSにTTGの新プロダクトである極小地向け無人決済システム「TTG-SENSE MICRO」を積極導入します。無人での店舗オペレーションを実現し、SS運営会社の、さらなる収益化を実現します。
2.売上規模から通常のコンビニエンスストアが出店できないような土地、自動販売機しか置けない程度の極小地、人材不足の過疎地などでも、物販を可能に。土地所有者は余った土地で収益化ができ、ユーザーは利便性が高まります。
3.本事業は、首都圏から全国まで、幅広いエリアでの展開を目指します。

■TTG-SENSE MICROについて
 「TTG-SENSE MICRO」は、7~15㎡程度の極小地での無人決済店舗の展開を可能にする省スペース、ローコストの無人決済店舗システムです。コンビニエンスストア、お土産・雑貨店、オフィス(職域売店)等での展開に加え、病院、ガソリンスタンド、工場等の共用部・休憩室などでも事業展開を可能にし、事業者、お客さまの双方に利便性を提供できる新たなソリューションとなっています。

【TTG-SENSE MICROの特徴】
 ① 室内に設置するだけで省スペースでの無人決済店舗の運用が可能
 ② 飲料、お菓子、雑貨、弁当など多種多様な商品の販売が可能
 ③ ニーズに合わせた金額プラン提供
 ④ 遠隔監視・コールセンターサービスによるお客さま対応や安全管理が可能
 ⑤ 業界最安の決済手数料を実現 ※一部決済手段

■店舗概要
店舗名 : フード&カフェ 太陽鉱油 千葉新港SS店
所在地 : 千葉県千葉市美浜区新港172-1
営業時間: 7:00~23:00
支払方法: 交通系電子マネー、クレジットカード、現金
店舗面積: 約7㎡
取扱品目: おにぎり、パン、菓子、飲料、雑貨等

プレスリリースはこちら