株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.08.01

view 218

【あると嬉しい】福利厚生の最新動向! 注目のトレンドを解説

近年、企業の福利厚生は単なる従業員への待遇提供から一歩進み、「あると嬉しい」を追求するべく様々な形に進化しています。 その背景には、働き方や働き手の多様化、生産性向上、従業員満足度の向上といった課題が...

近年、企業の福利厚生は単なる従業員への待遇提供から一歩進み、「あると嬉しい」を追求するべく様々な形に進化しています。

その背景には、働き方や働き手の多様化、生産性向上、従業員満足度の向上といった課題があるのです。

 

新しい時代に合わせて福利厚生も変えるべきだという考え方は、企業だけでなく、働く人々からも強く求められています。

その結果、新たな福利厚生のトレンドが生まれ、その一部はすでに多くの企業で実践されています。

 

今回の記事では、「あると嬉しい」福利厚生の最新動向について解説します。

現代の働き方に寄り添い、働く人々の幸福を重視した新しい形の福利厚生とは何か。

そして、それらが従業員の満足度や生産性にどのように影響を与えるのかについて掘り下げていきます。

 

どの企業も従業員の幸せと生産性の向上を目指す中で、今、福利厚生に求められる役割は大きい。

その最新動向を知ることで、企業だけでなく、働く全ての人々にとっての新たな視点を提供したいと思います。

現代の働き方に対応する福利厚生の重要性

現代の働き方は多様化しており、個々のライフスタイルや価値観に合わせた働き方が求められています。

それに伴って、企業が提供する福利厚生もその多様性に対応する形で進化していることが求められています。

 

まず、現代社会ではテレワーキングやフレキシブルな労働時間など、様々な働き方が広がっています。

そこで、それらに対応した福利厚生があると、社員の満足度やモチベーションが上がります。

これは、福利厚生が自分のライフスタイルや働き方に合っていると感じることで、仕事への満足度が上がるからです。

 

また、仕事だけでなく、プライベートな時間も大切にする考え方が広がっています。

そのため、休暇制度や保養施設の提供など、社員のリフレッシュをサポートする福利厚生も重要となってきています。

 

さらに、働く母親や父親をサポートするための育児支援、または高齢の親を介護するための介護支援などの福利厚生があると、社員が仕事と家庭を両立させることが可能になります。

これは、社員が安心して働き続けられる環境を作る上で大切です。

 

最後に、社員の健康を支えるための福利厚生も重要です。

ストレス管理のためのメンタルヘルス対策や、運動の推奨など、社員の健康を保つことは、社員の生産性を高め、長期的には企業の成長につながります。

 

このように、現代の働き方に対応した福利厚生は、社員の満足度を高め、生産性を向上させるために非常に重要です。

そしてそれは、最終的には企業の競争力を高めることにつながります。

働く従業員に寄り添う最新のトレンドとは?

最新の福利厚生のトレンドは、従業員一人ひとりのニーズに寄り添うことを重視しています。

具体的には以下のような形があります。

 

  1. リモートワークの支援: コロナウイルスの影響で、在宅勤務やリモートワークが増えています。そのため、自宅での仕事環境を整えるための支援(例えば、家具の提供やインターネット環境の整備費用の補助)が注目されています。

 

  1. メンタルヘルスのケア: 現代社会の働き方はストレスが伴うことも多く、心の健康を守るためのメンタルヘルスケアが重要となっています。カウンセリングサービスの提供や、ストレスを緩和するためのリラクゼーションスペースの設置などが行われています。

 

  1. ダイバーシティ&インクルージョンの推進: 幅広いバックグラウンドを持つ従業員が活躍できる環境づくりが求められています。その一環として、性別、年齢、国籍、障がいの有無などに関わらず、全ての従業員が平等に働ける環境を整えるための福利厚生が提供されています。

 

  1. 健康経営の推進: 従業員の身体的健康もまた重要な要素です。そのために、フィットネスクラブの会員資格や健康食品の補助、定期的な健康診断の実施など、従業員の健康をサポートする福利厚生が増えています。

 

  1. ワークライフバランスのサポート: 仕事と私生活のバランスを保つことが重視されています。そのために、フレキシブルな労働時間制度や、有給休暇の取得推奨、子育てや介護のサポートなど、従業員が働きやすい環境を整える福利厚生が提供されています。

 

これらの福利厚生は、従業員の満足度を高め、結果として企業の生産性向上や従業員の離職率低下に繋がると考えられています。

フレックスタイム制度の導入

フレックスタイム制度とは、働く時間に柔軟性を持たせるための制度のことを指します。

この制度では、従業員が自分の生活スタイルや仕事のペースに合わせて、出勤時間や退勤時間を自由に設定できるようになります。

 

たとえば、企業が一日の労働時間を8時間と定めている場合でも、フレックスタイム制度があれば、朝早く出社して早めに仕事を終えることも、逆に昼遅く出社して夜遅くまで働くことも可能になります。

 

ただし、全ての時間が自由に設定できるわけではありません。

一般的には、コアタイムと呼ばれる固定の時間帯が設けられ、その時間帯は全員が出勤する必要があります。

例えば、コアタイムを午前10時から午後3時とすると、その間は全員が出勤し、その他の時間は自由に設定できる、という具体的な制度もあります。

 

フレックスタイム制度の利点は、従業員が自分の最も効率的な働き方を選べることにあります。

また、プライベートの時間を重視することも可能になり、ワークライフバランスの向上にも繋がります。

このような制度があると、従業員の満足度や生産性が高まると言われています。

オフィス外でのワーキングスペース提供

「オフィス外でのワーキングスペース提供」とは、企業が自社のオフィス以外の場所で働くためのスペースを従業員に提供するという制度のことを指します。

 

例えば、カフェや図書館、レンタルオフィス、コワーキングスペースなど、企業が従業員にそれらの場所での作業を許可したり、あるいは場所の利用費を補助したりします。

 

これは、テレワーキング(遠隔地での勤務)が一般的になる中で、自宅だけでなく様々な場所で働くことを可能にする新しい働き方の一つです。

特に自宅での集中力が保てない、または自宅の作業環境が整っていない場合などに有効です。

 

また、異なる環境での作業は新たな発想を生むことがあったり、自由な雰囲気がストレスの軽減につながることもあります。

そのため、企業はこのような制度を通じて、従業員の満足度や生産性の向上を図ることができます。

ウェルビーイングプログラムの充実

ウェルビーイング(Well-being)プログラムとは、従業員の身体的、精神的、社会的な健康を総合的に向上させるためのプログラムを指します。

これは、企業が従業員の「幸福」や「満足感」に重きを置く現代の経営理念を反映したもので、それぞれの従業員が自身の最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートすることを目的としています。

 

ウェルビーイングプログラムの具体的な内容は多岐にわたりますが、以下にいくつか例を挙げます。

 

  1. 身体健康プログラム: フィットネスクラブの利用補助、栄養指導、健康診断の提供などがあります。これらは、従業員の身体的健康を保つためのサポートです。

 

  1. メンタルヘルスケア: ストレスマネジメントのためのセミナーや、カウンセリングサービスの提供などがあります。これらは、従業員の心の健康を保つためのサポートです。

 

  1. ワークライフバランスのサポート: フレックスタイム制度、テレワーキング、有給休暇の取得推奨などがあります。これらは、従業員が仕事とプライベートの両立を図るためのサポートです。

 

  1. 社会的なつながりのサポート: チームビルディングのイベントや、社内クラブ活動の支援などがあります。これらは、社内コミュニティを強化し、社員同士のつながりを深めるためのサポートです。

 

これらのプログラムは、従業員の健康や満足度を高め、ストレスを軽減し、生産性を向上させる効果があります。

ウェルビーイングプログラムが充実している企業は、従業員の離職率の低下や、優秀な人材の獲得といった長期的な利益を享受することができます。

従業員満足度向上への道!注目のトレンドの効果とメリット

従業員の満足度は、従業員が自分の仕事や職場に対してどの程度満足しているかを測る指標です。

これが高ければ高いほど、従業員は生産性が高く、また企業への忠誠度が高まると考えられています。

 

では、注目のトレンドの効果とメリットについて見ていきましょう。

 

  1. フレキシブルな働き方: フレックスタイム制度やリモートワークの導入など、働き方に柔軟性を持たせることで、従業員は自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。これにより、仕事とプライベートのバランスが取りやすくなり、結果として従業員の満足度が上がります。

 

  1. ウェルビーイングプログラム: 従業員の身体的、精神的、社会的な健康を総合的に向上させるプログラムを提供することで、従業員のストレスを軽減し、生産性を向上させることができます。

 

  1. オフィス外でのワーキングスペース提供: 従業員が自宅以外の場所でも働けるようにすることで、より自由で柔軟な働き方が可能になります。これにより、従業員の満足度を向上させることができます。

 

これらの施策は、企業にとっても多くのメリットがあります。

従業員の満足度が高まると、生産性が向上し、離職率が下がるため、企業全体のパフォーマンスが上がります。

また、従業員満足度が高い企業は、新たな優秀な人材を引き寄せる力も高まります。

これらの点から、従業員満足度の向上は企業にとって非常に重要な課題となっています。

まとめ

福利厚生の領域は、ただ単に働く人々に対する待遇の一部を超え、企業文化そのものを形成する重要な要素となってきています。

「あると嬉しい」福利厚生は、生産性の向上、雇用の安定化、そして何よりも従業員の幸せを追求する一助となるのです。

 

今回取り上げた福利厚生のトレンド、それはフレキシブルな働き方の実現、ウェルビーイングプログラムの提供、オフィス外でのワーキングスペースの提供など、従業員の多様なニーズに対応した施策ばかりです。

これらは、働き方や働き手が多様化する中で、企業と従業員が共に成長し、満足度を向上させる道を示しています。

 

しかし、これらの取り組みはあくまで手段であり、最終的な目標は従業員の満足度向上と生産性の向上にあることを忘れてはなりません。

福利厚生の形は多様であり、企業や従業員のニーズに応じて選択し、改良し続けることが重要です。

 

福利厚生の最新動向を理解し、それを活用することで、働くすべての人々と企業がより良い関係を築き、共に成長していけることでしょう。

これからも福利厚生の進化とともに、「あると嬉しい」働き方がどのように広がっていくかを見守っていきましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 店舗DXとは?DX化のメリット・デメリットは?

    昨今セルフレジやキャッシュレス決済、整理券の自動発行やモバイルオーダーなど、実店舗型のビジネスにおいてのデジタル化が急速に進んでいるのを感じている人も多いのではないでしょうか。これ...

  • ビジネスシーンにおすすめの上質な場所貸しスペースが見つかる

    1.  上質な場所貸しスペースの利点  プロフェッショナルなイメージ   場所貸しスペースを利用する最大の利点は、プロフェッショナルなイメージを演出できることです。特に、...

  • 美容院の定休日は月曜日・火曜日が多い?でも何故?その理由を徹底解析致します!

    美容院の定休日について、何曜日が一般的なのか、そして月曜日や火曜日が多い理由について解説します。興味のある方はぜひご覧ください。 美容院の定休日は何曜日が多いの? 結論として、関東...

  • 雀荘の深夜営業している店は無許可営業?無許可営業が発覚する理由とは

    オンライン対戦の増加やインターネットの発展にもかかわらず、麻雀の人気はまだ衰え知らずです。日本国内には500万人を超える麻雀プレイヤーがおり、特に近年、麻雀が認知症予防に効果がある...