株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

【業界解説】セルフレジの種類とそれぞれのユニークな特長

無人販売、効率化、テクノロジーの活用。これらは現代の小売業界で最も重要なトレンドの一部であり、その中心に位置するのが「セルフレジ」です。 セルフレジは、顧客が自分自身で商品のバーコードをスキャンし、支...

無人販売、効率化、テクノロジーの活用。これらは現代の小売業界で最も重要なトレンドの一部であり、その中心に位置するのが「セルフレジ」です。

セルフレジは、顧客が自分自身で商品のバーコードをスキャンし、支払いを行うことで、効率的に買い物をすることを可能にします。

しかし、セルフレジと一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。

それぞれのセルフレジには独自の特徴と利点があり、どの種類を選ぶかは、店舗の特性や顧客のニーズに大きく依存します。

この記事では、セルフレジの主な種類とそれぞれのユニークな特徴を詳しく解説します。

全商品対応型から特定商品専用型、モバイル対応型、そして最新の高度なAI搭載型まで、各種類のセルフレジのメリットと適用シーンを理解することで、あなたのビジネスに最適なセルフレジ選びに役立ててください。

さあ、テクノロジーが進化する小売業界の最前線、セルフレジの世界を一緒に探究しましょう。

セルフレジの概念とその普及状況

セルフレジとは、顧客自身が商品のバーコードをスキャンし、支払いを行うことができるレジスターのことを指します。

これにより、店員の手間を省き、顧客が自由に商品を選んでスムーズに会計ができるという利点があります。

また、人手不足の解消やレジ待ち時間の短縮といった効果も期待できます。

近年、無人販売や効率化の推進などから、多くの小売店や飲食店で導入が進んでいます。

特に、混雑時のレジ待ち時間短縮や、深夜帯の労力削減などを目指す店舗での導入が進んでいます。

その結果、一部の店舗では従来の人間が操作するレジスターよりも、セルフレジの方が主流になりつつあります。

さらに、新型コロナウイルスの影響で非接触の取引が求められるようになったことから、その普及はさらに加速しています。

このような状況を背景に、セルフレジは今後も多くの業態で導入が進み、私たちの生活にとって重要な存在になるでしょう。

セルフレジの主な種類

セルフレジの種類は主に以下の3つに分けられます。

  1. バーコードスキャン型:これが最も一般的なセルフレジです。商品のバーコードを顧客自身がスキャナーにかざして、その後、レジで支払いをします。主にスーパーやコンビニエンスストアで見かけます。
  1. タッチスクリーン型:商品にバーコードがない場合や、商品がたくさんある場合に便利なのがこのタイプです。画面上のメニューから商品を選んで決済します。主にファーストフード店やカフェでよく見られます。
  1. スマートカート型:これは最新のセルフレジの形態で、カート自体がレジ機能を持っているタイプです。商品をカートに入れると自動でスキャンされ、その場で決済も可能です。まだ導入例は少ないですが、これからの無人店舗や大型店舗での普及が期待されています。

それぞれのセルフレジは店舗のニーズや商品の特性に応じて選ばれ、さまざまなシチュエーションで利用されています。

全商品対応型

「全商品対応型」のセルフレジは、その名の通り、店舗の取り扱う全ての商品に対応したレジシステムを指します。

一般的にはバーコードスキャン型やRFIDタグを利用したシステムなどがあります。

バーコードスキャン型は、商品に付けられたバーコードを顧客自身がスキャナーにかざすことで商品を認識します。

一方、RFIDタグを使用したシステムは、商品に小さなRFIDタグを付け、それをセンサーが読み取ることで商品を認識します。

全商品対応型のセルフレジは、商品の種類や量に関係なく利用できるため、大型スーパーやデパートなど、多種多様な商品を扱う店舗で導入されることが多いです。

また、セルフレジによる効率化は、レジの混雑を軽減し、顧客のストレスを減らすだけでなく、人件費の削減にも繋がります。

特定商品専用型

「特定商品専用型」のセルフレジは、特定の商品、または商品のカテゴリーに対応したレジシステムを指します。

このタイプのセルフレジは、商品種類が限られている業態や、特定の商品のみの販売を行っている店舗などに適しています。

たとえば、ドリンク専門の自動販売機や、図書館の自動貸出機などがこれに該当します。

顧客は、特定の商品を選択し、支払いを行うことで簡単に購入や借用が可能です。

特定商品専用型のセルフレジは、商品の種類が限定されているため、導入コストを抑えやすいというメリットがあります。

また、操作が単純であるため、顧客にとっても利用しやすいという利点があります。

ただし、商品ラインナップの拡張や変更には柔軟に対応するシステム設計が求められます。

モバイル対応型

「モバイル対応型」のセルフレジは、スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスを用いて商品の選択や決済を行うシステムを指します。

顧客は専用のアプリケーションを使用し、商品のバーコードをスキャンしたり、画面上で商品を選択したりして購入を行います。

このタイプのセルフレジは、店舗側の設備投資を最小限に抑えることができるという大きなメリットがあります。

また、アプリケーションを通じて顧客の購買データを収集し、パーソナライズされたマーケティングや推奨商品の提案を行うことも可能になります。

一方、顧客がスマートフォンを所有し、アプリをダウンロードして使用することを前提とするため、全ての顧客層に対応するのが難しいという課題もあります。

また、システムの安全性やプライバシー保護に対する高い要求が求められます。

高度なAI搭載型

「高度なAI搭載型」のセルフレジは、人工知能(AI)と機械学習を用いて商品の認識や決済を自動化するタイプのレジシステムです。

顧客は商品をバッグやカートに入れるだけで、AIが商品を自動的に認識し、その場で決済を行います。

この種類のセルフレジは、一般的には顧客がレジに並ぶ時間を全く必要としない、いわゆる「フリクションレス」なショッピング体験を提供することが可能です。

これにより、顧客満足度の向上や、店舗内での滞在時間の短縮が期待できます。

ただし、この種類のシステムは、高度なテクノロジーを必要とし、その導入や維持には大きなコストがかかるというデメリットもあります。

また、商品の認識精度やセキュリティの確保など、技術的な課題もまだ存在します。

そのため、現状では大規模な店舗や高度な技術力を持つ企業が主に導入しています。

各種類の特徴とユニークなポイント

各種類のセルフレジには、その機能と使用シーンに応じてユニークな特徴とポイントがあります。

  1. 全商品対応型:このタイプのセルフレジは、店内のあらゆる商品に対応可能です。バーコードスキャン型が一般的で、手軽に導入できるため、多種多様な商品を取り扱うスーパーやデパートなどに適しています。
  1. 特定商品専用型:特定の商品、例えば、図書館の書籍やコンビニの一部商品など、限られた範囲の商品に対応したセルフレジです。導入コストを抑えつつ、特定の商品に対する顧客のレジ待ち時間を短縮することができます。
  1. モバイル対応型:スマートフォンを用いて商品のスキャンと支払いを行うタイプです。アプリの導入により、店舗側は専用の機器を設置する必要がなく、顧客は自身のスマートフォンで手続きができ、レジの行列を避けることができます。
  1. 高度なAI搭載型:このタイプのセルフレジは、AIを用いて商品を自動認識し、その場で決済を行います。レジでの手間を完全になくす「フリクションレス」なショッピング体験を提供することが可能ですが、高度な技術と大きな投資が必要となります。

これらの特徴を理解し、自店舗のニーズに最も適したタイプを選択することが、セルフレジ導入の成功につながります。

全商品対応型の特長

全商品対応型のセルフレジは、その名の通り、店舗内のあらゆる商品を自分でスキャンして決済することが可能なタイプです。

これは、バーコードを用いて商品を一つずつ読み取る方式が一般的で、店舗の全商品ラインナップをカバーできます。

この種類のセルフレジの特長は、大規模なスーパーマーケットやデパートなど、品揃えが豊富で多様な商品を取り扱っている店舗に特に適していることです。

全商品対応型のセルフレジを導入することで、顧客はレジ待ちの時間を大幅に短縮でき、自分のペースで買い物を楽しむことが可能になります。

また、全商品対応型のセルフレジは、通常のレジとは別に設置できるため、ピーク時のレジ待ちの行列を緩和するのに一役買います。

この結果、顧客満足度の向上に寄与し、リピート率の向上につながる可能性があります。

しかし、顧客自身が商品をスキャンするため、操作方法を理解するのに時間がかかるお年寄りや、テクノロジーに不慣れな人々にとっては苦手意識を持つかもしれません。

この点については、スタッフによる操作説明やサポートが求められるかもしれません。

特定商品専用型の特長

特定商品専用型のセルフレジは、特定の商品カテゴリーまたは少数の商品に対応したタイプのレジです。

これらは、特定の商品、例えば、カフェでのドリンク注文や、ファーストフードチェーンでのメニュー選択など、特定の種類のアイテムに特化して設計されています。

特定商品専用型の特長は、顧客が商品を選択し、支払いを行うプロセスを大幅に簡略化し、スピーディーに行える点にあります。

この方式は、商品の選択肢が少なく、一貫性があるビジネスに最適で、顧客に対する迅速で効率的なサービスを提供します。

また、このタイプのセルフレジは通常、タッチスクリーンインターフェースを使用しており、直感的な操作が可能です。

したがって、テクノロジーに不慣れな顧客でも容易に利用できるでしょう。

しかし、商品の種類が増えた場合やメニューが頻繁に変更する場合、システムを更新する必要があり、それが手間となる可能性があります。

また、特定商品専用型のセルフレジはその性質上、商品ラインナップが豊富な店舗には向かない可能性があります。

モバイル対応型の特長

モバイル対応型のセルフレジは、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスを活用したレジシステムを指します。

これにより、顧客は自分のスマートフォンを使って商品をスキャンし、支払いを行うことができます。

モバイル対応型の主な特長は、利便性と柔軟性です。

顧客は自分のデバイスを使って買い物をするため、行列を避けることができ、買い物体験が大幅に向上します。

また、モバイルデバイスを使うことで、店内のどこでも買い物が可能となり、空間的な制約を解消できます。

さらに、モバイル対応型のセルフレジは、デジタルクーポンやポイントの利用など、様々なデジタルマーケティング戦略を組み込むことができます。

これにより、ビジネスは顧客エンゲージメントを高め、売上向上につなげることが可能となります。

ただし、モバイル対応型のセルフレジは顧客がスマートフォンを持っていることが前提となります。

そのため、テクノロジーに不慣れな顧客やスマートフォンを所有していない顧客にとっては使用が難しいかもしれません。

また、モバイル決済システムのセキュリティを確保するための対策も必要となるでしょう。

高度なAI搭載型の特長

高度なAI搭載型のセルフレジは、人工知能(AI)を利用して商品の識別、支払い処理などを行います。

これは、カメラやセンサーで商品をスキャンし、AIが商品と価格を自動的に認識する仕組みです。

この種類のセルフレジの主な特長は、操作の簡易さとスピーディさにあります。

顧客は商品をバーコードスキャナーや画面にかざすだけで、AIが自動的に商品を識別し、支払い処理を進めます。

これにより、顧客はレジでの待ち時間を大幅に削減でき、ストレスフリーな買い物体験を実現します。

さらに、AIは継続的に学習を行い、精度を向上させるため、時間と共にサービスの質が改善されます。

また、AIを使用することで、ビジネスは販売データを収集し、顧客の購買傾向を分析することが可能となります。

ただし、高度なAI搭載型のセルフレジは初期投資が大きいというデメリットもあります。

設置には高度な技術と高価な機器が必要となり、またAIの維持・管理も必要となります。

そのため、導入を検討する際にはビジネス規模や予算を考慮する必要があります。

最適なセルフレジの選び方とその利用法

最適なセルフレジの選び方は、そのビジネスの特性、予算、顧客の需要など多くの要素を考慮することが重要です。

以下、具体的なポイントをいくつか挙げてみます。

  1. ビジネスの特性:まずは自分のビジネスがどの種類のセルフレジに最適かを検討しましょう。例えば、商品種類が多く、顧客が自由に選べる店舗では全商品対応型が有効です。一方、特定の商品を中心に扱う店舗では、特定商品専用型が適しているでしょう。
  1. 予算:セルフレジの導入には初期投資が必要です。全商品対応型や高度なAI搭載型は高価ですが、モバイル対応型などは比較的安価で導入できます。ビジネスの規模と予算に合わせて、最適なセルフレジを選びましょう。
  1. 顧客の需要:最終的にセルフレジを使うのは顧客です。そのため、顧客のニーズに合わせたセルフレジを選ぶことが重要です。顧客がスマートフォンを頻繁に利用する場合、モバイル対応型が有効です。一方、顧客の年齢層が高い場合、直感的に操作できる全商品対応型などが好ましいでしょう。

選んだセルフレジの利用法は、その種類によりますが、基本的には、顧客が商品をスキャンし、支払いを行うことで自分で購入処理を完了できます。

これにより、顧客はレジ待ちの時間を削減し、スムーズな買い物体験を得ることができます。また、ビジネスオーナー側も労力を節約し、効率的な経営を実現できます。

まとめ

本記事では、現代の小売業界において重要な役割を果たす「セルフレジ」の種類とそれぞれのユニークな特性について解説しました。

全商品対応型、特定商品専用型、モバイル対応型、高度なAI搭載型といった各種のセルフレジは、それぞれ異なる利点と適用シーンを持っています。

全商品対応型は、幅広い商品カテゴリーに対応可能であり、特定商品専用型は特定の商品群に特化し、効率的なサービスを提供します。

モバイル対応型は、スマートフォン利用者への便利さを追求し、高度なAI搭載型は最新のテクノロジーを駆使して顧客体験を一層向上させます。

それぞれの種類を理解し、自店舗の状況や顧客のニーズに適したセルフレジを選ぶことで、顧客体験の向上、労働力の削減、そして業務効率化を達成することが可能です。

これからもテクノロジーの進化とともにセルフレジの機能は進化し続けるでしょう。

その変化に対応し続けることで、ビジネスの競争力を高めていきましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 日本の無人コンビニ普及率はどれくらい?メリットとデメリットを紹介

    日本では無人コンビニの普及率が急速に上昇しています。24時間営業や自動化されたサービスにより、利便性が向上し、人手不足の解消にも一役買っています。しかし、セキュリティや人間との対話...

  • 【最新ビジネス】冷凍食品自販機の種類と利用者の声

    「自販機」と聞くと、あなたは何を思い浮かべますか? おそらく、コーヒーやジュース、お菓子などが詰まった自販機が一番に思い浮かぶかもしれません。 しかし、現在の自販機の進化は、その想...

  • 無人販売機の新たなリスク:盗難の増加に警鐘

      無人販売機は24時間利用できて、冷凍食品や野菜などを新鮮なまま提供することができます。 しかし、店員がいないことから、盗難や万引きの被害にあうリスクがあります。 この記事では、...

  • 財布の中がスッキリ!セルフレジ領収書で紙の無駄を削減

    セルフレジを利用することで、紙を削減することができて、財布の中もすっきりします。 また、アプリで買ったものを確認できるので家計簿を作成しやすくなります。 この記事では、セルフレジ領...

お問い合わせはこちら

ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードは
こちら