株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.04.25

view 3

コワーキングスペースのメリット・デメリットについて大解説

ここではコワーキングスペースに関する情報を、以下の項目にそって紹介します。 コワーキングスペースとは 利用する上でのメリット 利用する際に注意したいデメリット 近年、コワーキングスペースは爆発的に増加...

ここではコワーキングスペースに関する情報を、以下の項目にそって紹介します。

  • コワーキングスペースとは
  • 利用する上でのメリット
  • 利用する際に注意したいデメリット

近年、コワーキングスペースは爆発的に増加しており、都市部以外の人でも利用しやすい環境になりつつあります。

ただ一方で基本知識がないために、利用しづらいと考えている個人事業主もいるかと思います。

そこでここではコワーキングスペースの概要などの基本情報を交えつつ、利用することを検討したくなるような情報を多く集めました。

コワーキングスペースに少しでも興味がある人は、是非この記事を参考にして、上手く活用できるようになってみてはいかがでしょうか。

 

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースとは、異なる企業や個人がオフィス環境を共有する施設のことを指します。

利用者は机やインターネット接続、会議室などの基本的なオフィス設備を共有することができ、通常、フレキシブルな会員制や時間制で利用することが可能です。

近年では需要も大きくなってきており、多くのスタートアップ企業やフリーランサーにとって、コスト効率が良く柔軟な働き方を実現するための手段として人気を博しています。

コワーキングスペースのメリットとは?

コワーキングスペースを使うメリットを、以下の項目にそって紹介します。

  • 安い費用で仕事場を使うことができる
  • 作業に集中しやすい環境がある
  • ビジネスチャンスが生まれる可能性がある
  • 会議や打合せが気軽にできる
  • インフラ整備がされている

これからコワーキングスペースを使おうと考えている人は、これらのメリットを充分に活かせるように作業環境を活用してみると良いでしょう。

 

利用する上でのメリット①安い費用で仕事場を使うことができる

マンションの一室をオフィスとして借りた場合、賃貸料、光熱費、通信設備費などの固定費が毎月少なくとも数十万円になります。

一方でコワーキングスペースを利用する場合、一か月に付き、1万円から4万円程度で仕事場を使うことができ、さらに机やプリンターなどのオフィス設備は共有されるため、初期の設備投資も不要です。

そのためコワーキングスペースはコスト効率が良く、特にスタートアップや個人事業主にはおすすめです。

利用する上でのメリット②作業に集中しやすい環境がある

カフェや商業施設で仕事をする際、長時間の滞在によってスタッフや他の顧客からの視線が気になることや、一部の店舗で作業時間に制限があったり、仕事の作業自体が禁止されているケースもあります。

コワーキングスペースは必要な時間だけ滞在し、業務を行うことができるため、仕事に集中しやすい環境が整っています。

また周囲も仕事をしている人ばかりなので、同じ目的の人が集まることが集中力を高め、仕事効率も向上させることが可能です。

 

利用する上でのメリット③ビジネスチャンスが生まれる可能性がある

多くのコワーキングスペースでは、交流イベントやワークショップを定期的に開催しており、そこでは情報交換やスキルアップの機会が提供され、新たなビジネスの創出につながることもあります。

個人で仕事をしていて新しい情報を得ることや、新規のビジネスの機会に巡り合うことが難しいと悩んでいる人は積極的に活用してみることをおすすめします。

利用する上でのメリット④会議や打合せが気軽にできる

カフェや商業施設での打ち合わせは、十分な席数の確保が難しい、周囲の騒音に悩まされる、またはプライベートな話題を外部に漏らしたくないといった問題に直面することもあります。

コワーキングスペースでは、カジュアルな打ち合わせに適したフリースペースから、静かに話を進めることができる会議室まで、様々な種類のスペースが用意されているため、ミーティングの目的や必要性に応じて適切な場所を選ぶことができ、効果的なコミュニケーションが可能になります。

 

利用する上でのメリット⑤インフラ整備がされている

近年は多くのカフェやフリースペースが、フリーWi-Fiと利用可能な電源を提供しており、外出先でも仕事がしやすくなっています。

しかし全ての場所がこのような設備を整えているわけではなく、セキュリティの問題からフリーWi-Fiの使用を禁じている企業も少なくありません。

一方、コワーキングスペースでは、安全なWi-Fi環境が提供され、電源の使用にも制限がありません。

さらにプリンターやその他のオフィス設備も利用者に開放されているため、仕事に必要な設備や環境が整っています

 

コワーキングスペースのデメリットとは?

コワーキングスペースのデメリットとしては、以下の項目のものがあげられます。

  • 作業場所が狭い可能性がある
  • 雑音がある
  • セキュリティに注意しなければならない

近年爆発的に施設が増えてきたことにより、作業スペースや運用形態の多様化が進んできている傾向があります。

そのために施設のコンセプトによっては、自身の業務に適さない作業スペースを提供される場合もあり、上記のデメリットを伴う場合もあります。

施設やサービスオプションを選ぶ際には、上記のデメリットがないか確認することを心がけましょう。

 

利用する際に注意したいデメリット①作業場所が狭い可能性がある

コワーキングスペースは、基本的に仕切りのないワンフロアのフリーアドレス形式で運営されており、利用者は固定されていない席を空いている中から選んで使用します。

しかしこの形式では、場合によっては十分な作業スペースを確保できないことがあります。

特に施設によっては視界を遮るパーテーションが設けられていないため、プライバシーが保たれにくい状況も生じる可能性もありますので、注意が必要です。

 

利用する際に注意したいデメリット②雑音がある

ワーキングスペースの共有環境では、メンバー同士の雑談やコミュニケーションによって自然と話し声や雑音が発生します。

多くのコワーキングスペースは打ち合わせ用のフリースペースや会議室を設けていますが、フロア全体の音を完全に遮断することは難しいです。

ワーキングスペースは一般的に仕切りのないワンフロアで構成されており、自宅や個別のレンタルオフィスのように独立した空間ではありません。

そのため周囲の音に敏感な方は、ノイズキャンセリングヘッドフォンの使用や、静かな時間帯を選んで作業するなど、ある程度の対策を講じる必要があります。

 

利用する際に注意したいデメリット③セキュリティに注意しなければならない

ワーキングスペースは多様な人々が出入りするため、機密情報を扱う場合には特に注意が必要です。

パソコンの画面やデスク上の資料から情報が漏れるリスクがあり、席を離れる際には盗難の危険も考慮しなければなりません。

また機密情報を扱う際は、オープンスペースを避けてプライバシーが保たれる個室を利用することが推奨されます。

さらに席を離れる時には必要最低限の機器や重要な資料を持ち歩くなどして、自己管理を徹底するように心がけましょう。。

 

是非上記のメリット・デメリットをきちんと理解して、有効にコワーキングスペースを利用し、業務を気持ちいい環境で進めてみてはいかがでしょうか。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • dxツールの魅力:なぜ多くの企業が採用しているのか?

    DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略称です。 デジタルソリューションを利用して業務を効率化することをDXといいます。 オフィスの様々な場面でDXツールが活躍してます。 ま...

  • 消費税対応のためのインボイス制度導入ガイド

      インボイス制度とは何か? インボイス制度は、取引における請求書(インボイス)の発行と取り扱いに関するルールやシステムのことを指します。この制度は、取引の透明性と税務手続きの効率...

  • 領収書も自動発行!券売機の最新事情

    はじめに   物価が上がり続ける今の日本で、小売業界や飲食業界は経営努力を重ねて日々進化しています。経営者は常日頃から、効率化と顧客満足度のさらなる向上が求められています。特に、注...

  • 福利厚生サービスの多様性:従業員の多様なニーズに応える

    福利厚生が充実することで、従業員のニーズに応えて、ワークバランスをサポートして、子育て・スキル開発などの支援があります。 この記事では、福利厚生のニーズの変化や健康・スキル開発のた...