株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジの普及率は?導入するメリット・デメリットと注意点を解説

    セルフレジは現代社会でますます普及しています。この記事では、セルフレジの普及率の概要と、導入する際のメリット・デメリット、さらに導入時の注意点をわかりやすく解説します。セルフレジの導入を検討し...

 

 

セルフレジは現代社会でますます普及しています。この記事では、セルフレジの普及率の概要と、導入する際のメリット・デメリット、さらに導入時の注意点をわかりやすく解説します。セルフレジの導入を検討している方は参考にしてみてください。

セルフレジの現状と普及

セルフレジの導入は、日本をはじめ世界中で増えつつあります。とくに、労働力不足や労働コストの削減が求められる先進国や大都市ではその傾向が強く、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、大型量販店など様々な業種で見られています。日本では、人手不足や効率化への要求から、大手スーパーやコンビニエンスストアチェーンでの導入が増加傾向にあり、また、新型コロナウイルスの感染拡大にともなうソーシャルディスタンスの観点kあら、セルフレジの導入が拡大しているのが現状です。とはいえ、完全なフルセルフレジと、セルフレジの普及率には大きなひらきがあります。2021年スーパーマーケット年次統計調査報告書によると、スーパーマーケットのフルセルフレジの普及率は23.5%セミセルフレジの普及率は72.2%となっています。フルセルフレジの普及を拡大するためには、セルフレジの導入における課題を解消することが必要です。もし、課題を解決することができれば、フルセルフレジの普及率は今後拡大の一途を辿ると考えられます。

セルフレジを導入するメリット

セルフレジを導入することには多くのメリットがあります。以下に主なものを挙げてみます。

労働力の削減とコスト節約

セルフレジの導入により、レジ係員が行っていた作業を顧客自身が行うため、人件費を節約することが可能です。とくに労働力不足や高い人件費が課題となっている場所では、このメリットは大きいといえます。

効率性と速度の向上

顧客は自分で商品をスキャンし、支払いを行うことができるため、レジでの待ち時間を短縮することが可能です。これにより、顧客の満足度を向上させ、より多くの顧客を短時間で処理することが可能になります。

非接触の取引

新型コロナウィルスの影響で非接触が求められる現在、セルフレジは大きなメリットを提供します。レジ係員との接触を避けることが可能なため、安全な買い物体験を提供することができます。

 

24時間営業の容易さ

セルフレジの導入は、24時間営業を容易にします。人間のレジ係員が不要になるため、夜間の労働力確保の問題を解消できます。これは、顧客がいつでも買い物ができる便利さを提供する一方で、企業側も稼働時間を増やして収益を増やすチャンスとなります。ただし、セキュリティ対策や維持管理の問題も考える必要があります。

顧客体験の向上

セルフレジは新しい技術を導入することで、買い物が快適に感じられる可能性があります。テクノロジーの活用は、とくに若い顧客から好意的に受け入れられることがあります。

データ収集

セルフレジは、購入データを収集して分析することが可能です。これにより、顧客の購買傾向を理解し、商品の配置やプロモーションを最適化することができます。しかし、データの保護とプライバシーの観点から、適切なセキュリティ対策と法規制の遵守が不可欠です。また、顧客の信頼を失うことなく、データを活用する方法を見つけることも重要です。

セルフレジを導入するデメリット

セルフレジの導入には数々のメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。以下に主なものを挙げます。

初期投資と維持費

セルフレジを導入するためには、初期投資と維持費用を考慮する必要があります。システムを設置するための費用、システムを運用するための電力費、故障や障害時の修理費など、これらは全て経費として計算に入れるべきです。経済的なメリットを享受するためには、長期的な運用コストを見積もることが重要です。

顧客の使い勝手

セルフレジは、テクノロジーに慣れていない顧客や高齢者にとっては難しいと感じる場合があります。また、商品が多い場合やバーコードの読み取りが難しい商品がある場合などは、一般的なレジよりも時間がかかることがあります。

盗難のリスク

セルフレジの導入は、商品の盗難リスクを高める可能性があります。顧客自身が商品をスキャンするシステムでは、意図的にスキャンしない、あるいは誤ってスキャンを忘れるといった問題が起こり得ます。そのため、セキュリティ強化が必要となり、これには追加のコストが発生することも考えられます。

人間との接触の喪失

セルフレジは効率的ですが、人間のレジ係員との直接の接触をなくすというデメリットもあります。これは顧客とスタッフのコミュニケーションを減らし、一部の顧客にとっては、温かみや人間性を欠いた買い物体験に感じられるかもしれません。人間の接触は、お店の魅力の一部であり、顧客満足度(お客様の声)を考慮する必要があります。

システムの障害

セルフレジは便利なシステムですが、電子機器なので故障や障害が発生する可能性があります。システムがダウンすると、レジが利用できなくなるため、顧客が待たされたり、最悪の場合、販売機会を失うこともあります。したがって、維持管理には注意が必要です。

人間の雇用問題

セルフレジが増えると、レジ係の仕事が減り、雇用問題が生じる可能性があります。自動化により人々の仕事がなくなるという社会的な影響は大きく、そのバランスをどうとるかは、社会全体で考えるべき課題です。

セルフレジ導入時の3つの注意点

セルフレジを導入する際には、とくに次の3つの注意点を考慮することが重要です。

 

  • 顧客対応と教育
  • 盗難対策
  • 顧客とのコミュニケーション

 

これらの注意点を考慮することにより、セルフレジ導入のメリットを得ることができます。以下で注意すべき点を詳しく解説します。

顧客対応と教育

セルフレジの操作は新しい顧客や一部の顧客にとっては直感的でない可能性があります。そのため、簡単に理解できる操作説明や、スタッフによる適切なサポートが必要となります。また、故障やトラブルが発生した際の対応手順も明確にする必要があります。

盗難対策

セルフレジの導入は、不正行為や盗難のリスクを増加させる可能性があります。商品をスキャンせずに持ち去るなどの問題が発生するかもしれません。これに対する対策として、監視カメラの設置セキュリティシステムの強化、あるいはスタッフの巡回などが必要となる場合があります。

顧客とのコミュニケーション

セルフレジの便利さと効率性は確かですが、人間との接触を重視する顧客にとっては、その価値は必ずしも高くないかもしれません。したがって、全てのレジをセルフレジに置き換えるのではなく、一部のレジは従来のスタッフ対応のままに保つなど、顧客のニーズに合わせた適切なバランスを取ることが重要です。

まとめ:セルフレジはさらに普及する見通し!

セルフレジの導入は、効率性と便利さを向上させる一方で、顧客対応や盗難対策などの新たな課題をもたらします。しかし、これらの挑戦は、適切な計画と対策により乗り越えることができます。テクノロジーが進化し続ける中で、店舗は顧客のニーズと期待に応えるために、新しいシステムを導入し続ける必要があります。セルフレジのメリット・デメリットを理解し、顧客満足度向上に繋がる導入方法を選んでみてください。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • セルフレジトラブル:セルフレジでのトラブル対処法とは?

    セルフレジが導入されることで、スピーディーな買い物ができるようになっています。 お客様自身で会計を済ますことができて、様々な支払方法が利用できるので、キャッシュレス決済や電子マネー...

  • 【小銭活用術】セルフレジでの賢い支払い方法

    私たちの日常生活に欠かせない小銭。 しかし、その存在が時には財布をパンパンにさせ、重たい負担となることもあります。 特に現代社会ではキャッシュレス決済の普及により、ますます小銭を持...

  • セルフレジはトラブルが多いのか?解消方法などの紹介

    セルフレジは導入され始めているレジの種類ですが、同時にトラブルが多いという注意点もあります。ここでは、セルフレジで起こりやすいトラブルの内容や解消方法などを紹介します。   セルフ...

  • セルフレジで人員不足が起きる?原因と導入する際の注意点を解説

    近年、スーパーやコンビニでよく見かけるようになったセルフレジですが、実は人員不足を引き起こす可能性があります。しかし、顧客自身でレジ作業をするセルフレジで、なぜ人員不足が起こるので...