株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.06.12

view 264

休憩スペースの作り方~快適でおしゃれな空間でリフレッシュ~

仕事に集中するためには、適度な休憩が必要です。快適でおしゃれな休憩スペースの作り方を紹介します。休憩スペースを充実させる設備の選び方を具体的に解説します。この記事を読めば、従業員の作業効率が上がる休憩...

仕事に集中するためには、適度な休憩が必要です。快適でおしゃれな休憩スペースの作り方を紹介します。休憩スペースを充実させる設備の選び方を具体的に解説します。この記事を読めば、従業員の作業効率が上がる休憩スペースを作れるようになります。

 

休憩スペースのメリットと重要性

オフィスの休憩スペースのメリットと重要性について解説します。休憩スペースは仕事だけでなくコミュニケーションやアイディア創出にも役立ちます。快適で居心地の良い空間づくりを目指してみましょう。

 

休憩スペースがもたらす効果とは

休憩スペースがもたらす効果は、生産性の向上や集中力の回復です。休憩を取ることで、脳や身体に負担がかかりにくくなり、仕事の効率や質が上がります。また、リラックスできる空間にいることで、ストレスや疲労感も軽減されます。

 

休憩スペースが必要な理由とは

休憩スペースが必要な理由は、コミュニケーションの活性化やアイディアの創出です。休憩スペースでは、業務上交流のない社員同士が気軽に話せるきっかけになります。雑談が弾むオフィスは雰囲気も良くなり、社内の一体感にもつながります。また、何気ない会話から新しいアイディアや発想が生まれることもあります。

 

休憩スペースの導入によるコストとリターン

休憩スペースの導入には、家具や設備の購入や設置などのコストがかかります。しかし、そのコストは長期的に見ればリターンに見合うものです。休憩スペースを利用することで、社員の満足度やモチベーションが向上し、結果的に業績アップにつながります。

 

休憩スペースの導入事例とその成果

休憩スペースを導入した企業の事例とその成果を紹介します。

・イー・フォース株式会社

昭和とクラシックをテーマにしたフリースペースを設置しました。このスペースを活用して、定期的に勉強会や社内イベントを開催しています。その結果、社員同士の交流や学習意欲が高まりました。また、カフェスペースも設けており、コーヒー好きな社員が提案したコーヒーメーカーを導入しています。このカフェスペースでは、社内外の人と気軽に話せる雰囲気がつくられています。

・株式会社アカツキ

ピンク色の壁が印象的なフリースペース「Play House」を設置しました。このスペースでは、ゲームや本などを楽しめるほか、ランチタイムには社員同士で料理を作って食べたりすることもできます。このように自由度の高い空間で過ごすことで、社員の創造性やエネルギーが高まっています。

 

休憩スペースの導入に向けての準備と注意点

休憩スペースを導入する際には、以下のような準備と注意点があります。 

・社員の意見を取り入れる 

実際に利用する社員に対してアンケートを実施し、社員の意見を空間づくりに反映させましょう。 

・充分なスペースを確保して設置場所に配慮する 

リフレッシュするためには執務室との距離感は大切です。オン・オフのメリハリをつけられるように、執務室の音が届かない場所に設置しましょう。開放感のある充分なスペースを確保することもポイントです。 

・利用方法についてのルールを決める 

社員全員が利用しやすいように利用時間の制限やパソコンなどの持ち込み可能なものを設定する必要があります。みんなが快適に利用できるルールづくりをしましょう。

 

休憩スペースの作り方の基本

オフィスの休憩スペースの作り方の基本について解説します。休憩スペースは社員がリフレッシュしたりコミュニケーションしたりする重要な場所です。目的やニーズに応じて場所や広さ、デザインやコンセプト、レイアウトや動線を考えて快適な空間づくりを目指しましょう。

 

休憩スペースの目的を明確にする

休憩スペースの目的を明確にすることは、空間づくりの第一歩です。休憩スペースは、社員がリフレッシュしたり、コミュニケーションしたり、アイディアを出したりする場所です。そのため、どのような効果を期待するか、どのようなニーズに応えるかを考える必要があります。

 

休憩スペースの場所と広さを決める

休憩スペースの場所と広さは、社員が利用しやすいかどうかに大きく影響します。休憩スペースの場所は、執務室から適度に離れていて、音や視線が気にならない場所がおすすめです。オンとオフの切り替えができるように、執務室とは異なる雰囲気にすることもポイントです。

 

休憩スペースのデザインとコンセプトを考える

休憩スペースのデザインとコンセプトは、社員が居心地よく過ごせるかどうかに大きく関わります。休憩スペースの印象は、色や素材、照明などで変わってきます。例えば以下のようなコンセプトが考えられます。

・カフェ風:カフェカウンターやテーブル席、ソファ席などを設置してカフェのような空間にする。 

・バー風:バーカウンターや高さのあるテーブル席などを設置してバーのような空間にする。 

・和風:畳や座布団などを設置して和室のような空間にする。 

・自然風:観葉植物や花壇などを設置して自然豊かな空間にする。 

・趣味風:本棚やゲーム機器などを設置して趣味を楽しめる空間にする。

 

休憩スペースを充実させる設備の選び方

オフィスの休憩スペースを充実させる設備の選び方について解説します。休憩スペースは社員がリフレッシュしたりコミュニケーションしたりする重要な場所です。電源やネットワーク、照明や音楽、テレビやゲーム、器具やグッズ、本や雑誌などを工夫して快適な空間づくりを目指しましょう。

 

休憩スペースに必要な電源やネットワークの確保

休憩スペースでは、パソコンやスマートフォンなどの電子機器を使用することが多いです。そのため、コンセントやUSBポートなどの電源を十分に用意する必要があります。また、Wi-FiやLANケーブルなどのネットワークも安定していることが望ましいです。

 

休憩スペースにリラックスできる照明や音楽の工夫

休憩スペースにリラックスできる照明や音楽の工夫は、社員のストレスや疲労を軽減するために有効です。休憩スペースの照明は、明るすぎず暗すぎずであればリラックスできますし、間接照明や暖色系の光であれば落ち着きや安らぎがあります。

 

休憩スペースにコミュニケーションを促すテレビやゲームの導入

コミュニケーションを促せるテレビやゲームの導入は、社員の一体感やチームワークを向上させるために効果的です。休憩スペースにテレビやゲームなどのエンターテイメントを用意することで、社員が楽しく過ごせるようになります。テレビは、ニュースやドラマなどの話題を共有するきっかけになりますし、ゲームは、協力したり競争したりすることで仲間意識が高まります。

 

休憩スペースに新しいアイデアや発想を刺激する本や雑誌の配置

休憩スペースに新しいアイデアや発想を刺激する本や雑誌の配置は、社員の創造性や知識を豊かにするために有益です。休憩スペースでは、本棚や雑誌ラックなどに本や雑誌を置くことで、社員が読書したり情報収集したりできるようになります。

 

まとめ

休憩スペースを作るメリットや休憩スペースを充実させる設備を紹介しました。休憩スペースは従業員の疲れを癒すことができ、業務の質が上がります。休憩スペースを作るためにコストがかかりますが、長期的に見るとリターンのほうが大きいです。また、従業員が安らげる空間にしたり従業員同士のコミュニケーションが増える空間になる設備を用意すると効果的です。

 

無人決済システムってどのようなものか知りたい方へおすすめ

 

・無人決済のシステムに興味はあるけど工事は必要なのか?
・実際に無人決済にすることでどのようなメリットがあるのか?
・盗難とか事件にならないか心配

そのようなポイントが気になる方におすすめの無人決済システム導入改善の導入事例をまとめた資料をプレゼント中!
ぜひご覧ください


詳しくはこちら

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 寝てる間も開いてる!24時間店舗の魅力

    深夜の買い物が必要だったけれど、近くの店が閉まっていて困ったことはありませんか?この記事では、24時間営業のお店の存在がどれほど重要か、そしてその未来について深掘りします。この記事...

  • 薬局の営業時間のアレコレ!ドラッグストアのリアルなお仕事について

    薬剤師の皆さん、転職を考えている方もいるかと思いますが、「年収は魅力的だけれども、休暇が取りにくそうだから」という理由で、転職先の候補からドラッグストアを除外していませんか? &n...

  • 集金代行サービスの重要性と利点

    1.  集金代行サービスの利点とは?  信頼性の高さ 集金代行サービスを利用する最大の利点の一つは、その信頼性の高さです。専門のサービスプロバイダーが取り組むため、集金のミスやトラ...

  • 店頭什器|販促プロモーションの重要性

    小売業界において、店頭什器は販促活動において欠かせない存在となっています。店頭什器は、商品の魅力を引き立てるだけでなく、消費者の購買意欲を高め、ブランドイメージを育む役割を果たして...