株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.07.03

view 22

店舗管理の基本と効率的な方法

店舗管理とは、店舗業務を円滑に行うための重要事項を把握し、コントロールすることです。 業種に関わらず、店舗管理で必ず押さえておきたいのが、売上・在庫・仕入・従業員の4つです。   店舗管理を適切に行う...

店舗管理とは、店舗業務を円滑に行うための重要事項を把握し、コントロールすることです。

業種に関わらず、店舗管理で必ず押さえておきたいのが、売上・在庫・仕入・従業員の4つです。

 

店舗管理を適切に行うことで、売上や利益の向上、顧客満足度の向上、従業員のモチベーションの向上など、店舗経営に多くのメリットがあります。

しかし、店舗管理は多岐にわたる業務であり、手間や時間がかかることも少なくありません。

 

そこで、この記事では、店舗管理の基本的な業務内容と、効率的に行うための方法を紹介します。

店舗管理システムやアプリなどのツールも活用して、スムーズな店舗運営を目指しましょう。

 

店舗管理の業務内容

店舗管理の業務内容は、大きく分けて以下の5つになります。

  • 売上管理や分析
  • 従業員管理
  • 在庫管理
  • 仕入管理
  • 運営管理

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

売上管理や分析

売上管理とは、1日ごとの売上高を把握する業務です。

売上管理は、ただ単に毎日の売上高を把握するだけではなく、売上分析をするためにも重要です。

 

売上分析とは、売上の状況を分析する業務です。

売上管理で得たデータをもとにして、何がどのくらい売れているのか、売上のピーク時間、客足が鈍る曜日や時間などを分析します。

分析結果を参考にすることで、売上向上につなげられます。

 

従業員管理

従業員管理とは、従業員のシフトや勤怠管理などを行う業務です。

適切な人員配置や適正な人件費にするためにもシフト・勤怠管理は欠かせません。

また、人材育成や働く環境の整備なども従業員管理のひとつだと考えられています。

 

店舗をスムーズに運営するには、従業員が必要です。

そのため、従業員への教育や研修などを行って人材育成をしたり、従業員が心地よく働ける環境を整えたりする必要があります。

 

在庫管理

在庫管理とは、現金化されるのを待っている商品や材料などを管理することです。

在庫管理は店舗運営において、非常に大切な業務です。

 

店舗運営では、在庫を効率的に消費していくことで売上や利益アップが見込めます。

在庫が多くなってしまえば資金繰りが悪化してしまいますし、在庫が少なければ機会損失につながる可能性があります。

そのため、適正な在庫を保つように管理する必要があります。

 

仕入管理

仕入管理とは、商品などの物を仕入れて販売するまでの一連の管理を指します。

例えば、見積もり依頼や契約、支払いなども含まれます。

 

仕入管理も在庫管理と同様に重要な業務で、在庫管理や売上管理などが適切に行われていることが大切です。

複数の店舗を経営している場合には、一部の店舗である商品が爆発的に売れた際、ほかの店舗の仕入れを増やすなどの連携が必要になります。

そのため、仕入管理は別々に行うのではなく一元管理しましょう。

 

運営管理

運営管理とは、店舗運営全般を把握して管理することです。

例えば、店内の音楽の音量は適切かどうか、飲食店であれば料理の提供時間は適正か、接客の良し悪しなどといった、店づくりが運営管理に含まれます。

 

売上や利益を高めるには、リピーターを獲得する必要があります。

課題や問題点などをしっかり把握することが、また来たいと思ってもらえる店づくりに役立ちます。

その上で、ユーザー目線に立って店舗運営を見直していきましょう。

 

店舗管理を効率化する方法

店舗管理を効率化する方法は、大きく分けて以下の2つです。

  • マニュアルを作成する
  • ツールを活用する

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

マニュアルを作成する

基本的な業務は、マニュアルを作成するとよいでしょう。

マニュアルには、業務の手順や注意点などを明記しておきます。

マニュアルがあれば、従業員が自分で確認できるようになり、指示や教育の手間が省けます。

また、マニュアルに沿って業務を行えば、ミスや漏れも減らせます。

 

マニュアル作成のポイントは以下の通りです。

  • 業務ごとに分類して作成する
  • 見出しや番号をつけてわかりやすくする
  • 文章よりも図や写真を多く使う
  • 用語や略語は統一して使う
  • 定期的に見直して更新する

 

業務ごとに分類して作成する

例えば、売上管理や在庫管理などの業務カテゴリーごとにマニュアルを作ります。

その中で、日次や週次などの頻度ごとに必要な作業をリストアップします。

 

見出しや番号をつけてわかりやすくする

例えば、売上管理のマニュアルでは、「1. 売上データの入力」「2. 売上データの確認」「3. 売上レポートの作成」などのように見出しや番号をつけて、作業の流れを明確にします。

 

文章よりも図や写真を多く使う

例えば、在庫管理のマニュアルでは、「商品コードの読み取り方」「在庫表の記入方法」「在庫不足時の発注方法」などの作業に関しては、図や写真で具体的に示すとわかりやすくなります。

 

用語や略語は統一して使う

例えば、仕入管理のマニュアルでは、「仕入先」「仕入元」「仕入先企業」などのように同じ意味の言葉が混在しないようにします。

また、「POS」「EDI」「SKU」などの略語は、初めて使う場合は必ず正式名称と一緒に記載します。

 

定期的に見直して更新する

例えば、運営管理のマニュアルでは、「店内清掃チェックリスト」「接客マナー評価表」「店舗改善提案フォーム」などの添付資料がある場合は、内容が変更されたら速やかに反映します。

また、新しい業務や規定が追加された場合は、マニュアルにも追記します。

 

ツールを活用する

マニュアルだけではカバーできない業務もあります。

そんなときは、ツールを活用すると効率化できます。店舗管理に役立つツールはたくさんありますが、ここでは店舗管理システムというカテゴリーに属するものを紹介します。

 

店舗管理システムとは、売上や在庫、仕入れなどの店舗運営に関わるデータや情報を一元的に管理できるシステムです。

店舗管理システムには、以下のようなメリットがあります。

  • 売上や利益の向上
  • 在庫や仕入れの最適化
  • 従業嫌顧客の満足度の向上
  • 業務の効率化や自動化
  • 情報の共有や分析

 

売上や利益の向上

例えば、POSレジと連携した店舗管理システムなら、売上データをリアルタイムに集計・分析できます。

その結果をもとに、商品の値付けや販促策などを最適化できます。

 

在庫や仕入れの最適化

例えば、受発注システムと連携した店舗管理システムなら、在庫データを自動的に更新・管理できます。

その結果をもとに、適正な発注量や発注タイミングを決められます。

 

従業員や顧客の満足度の向上

例えば、多店舗業務支援システムと連携した店舗管理システムなら、本部と店舗間の情報共有やコミュニケーションが円滑になります。

その結果、従業員の教育やモチベーションが向上し、顧客へのサービスも改善できます。

 

業務の効率化や自動化

例えば、店舗情報管理ツールと連携した店舗管理システムなら、営業時間や定休日などの基本情報を一括で更新・配信できます。

その結果、手作業による時間やコストのロスを削減できます。

 

情報の共有や分析

例えば、クラウド型の店舗管理システムなら、インターネット環境があればどこからでもアクセスできます。

その結果、各店舗の状況や課題を素早く把握し、対策を立てることができます。

 

店舗管理システムは、業種や業態、規模、目的などによってさまざまな種類があります。

例えば、飲食店向けのものや小売店向けのもの、POSレジと連携できるものやECサイトと連携できるものなどです。

自社のニーズに合ったシステムを選ぶことが重要です。

 

店舗管理システムを導入することで、店舗運営にかかわるさまざまな業務を効率的に行えるようになります。

自社の状況や目的に合わせて、最適なシステムを選んでみましょう。

 

まとめ

店舗管理とは、店舗業務を円滑に行うための重要事項を把握し、コントロールすることです。

店舗管理には、売上管理や分析、従業員管理、在庫管理、仕入管理、運営管理などの業務が含まれます。

店舗管理を適切に行うことで、店舗経営に多くのメリットがあります。

 

店舗管理を効率化する方法は、マニュアルを作成することと、ツールを活用することです。

マニュアルは、基本的な業務の手順や注意点を明記しておくことで、従業員の自己判断や教育の手間を省きます。

ツールは、マニュアルだけではカバーできない業務を効率的に行えるようにします。

特に店舗管理システムは、売上や在庫、仕入れなどのデータや情報を一元的に管理できるシステムで、店舗運営に欠かせません。

 

以上が、店舗管理の基本と効率的な方法についての記事でした。

ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • オンラインショップの魅力と落とし穴:メリットとデメリットを網羅解説

    「オンラインショップを始めたいけれど、何から手をつけていいのかわからない」「オンラインショップ、ネットショップ、ECサイトの違いって何?」「オンラインショップのメリットとデメリット...

  • 働き方改革の鍵!福利厚生ベネフィットのメリットとは

    働き方回果樹の一つに、福利厚生の充実があります。 労災保険や雇用保険・健康保険のような法定福利厚生以外にも、旅行・生活支援などで従業員のニーズに応えることができる福利厚生、施設や旅...

  • トップ企業の共通点!福利厚生が充実した会社の経営戦略と成功要因

    福利厚生が充実した会社には、求人応募が多く、優秀な人材が見つかりやすいことが特徴にあります。 福利厚生が充実していることで、休暇やスキルアップのための時間を多く作ることができるので...

  • 新規事業のアイデアが、小売業に革命をもたらす

    はじめに   ここ数十年、日本では少子高齢化の進行によって労働人口が減少しており、世界でも有数の高齢化社会に突入しています。そしてこの流れは今後数十年の間、ますます加速していくと思...

資料ダウンロードはこちら