株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

無人レジスーパーのメリットとデメリットについて

  無人レジスーパーが日本各地で広まりつつありますが、一体どんな利点と課題があるのでしょうか。この記事では、無人レジスーパーのメリットとデメリットを中心に解説していきます。また、後半では無人レジスーパ...

 

無人レジスーパーが日本各地で広まりつつありますが、一体どんな利点と課題があるのでしょうか。この記事では、無人レジスーパーのメリットとデメリットを中心に解説していきます。また、後半では無人レジスーパー運営を成功に導くための重要なポイントを紹介します。

無人レジスーパーの概要と普及状況

無人レジスーパーが私たちの買い物スタイルを変えています。しかし、具体的にはどのようなシステムなのでしょうか。また、日本での普及状況はどうなっているのでしょうか。ここでは無人レジスーパーの概要と普及状況を紹介します。

無人レジスーパーの概要

無人レジスーパーとは、レジスタッフが不在でも顧客が商品を購入できるシステムを指します。商品についているバーコードを自分で読み取り、支払い方法を選択します。支払い方法は現金のほか、スマートフォンの決済アプリやクレジットカード、電子マネーなど様々な方法を選ぶことが可能です。無人レジスーパーは、レジ待ちの時間を削減し、買い物をスムーズに行うことができる最新のスーパーとして普及を広げています。

無人レジスーパーの普及状況

無人レジスーパーは、都市部を中心に急速に普及しています。24時間営業や少人数での運営が可能であるため、とくに人手不足が問題となる小売業界での導入が進んでいます。また、新型コロナウイルスの感染予防の観点からも注目され、非接触型の購入体験を提供できるという点が評価されています。しかし一方で、高齢者などの新しいシステムへの適応困難な人々への対応や、プライバシー問題、雇用への影響など、さまざまな課題も指摘されています。

無人レジスーパーのメリット5選

普及を広げる無人レジスーパーには、以下のようなメリットがあります。

 

  • 効率的な買い物の体験
  • コスト削減
  • 24時間営業の可能性
  • データ収集と分析
  • 感染症対策

 

これらのメリットは、顧客満足度を向上しつつ経営状況を改善することが可能です。次で、それぞれのメリットをより詳しく解説します。

効率的な買い物の提供

無人レジスーパーは顧客に効率的な買い物を提供します。これは、自分で商品をスキャンして支払うため、レジでの待ち時間がほとんどなく、必要な商品をすぐに手に入れることができるからです。また、混雑した時間帯でもレジが混雑することが少なく、ストレスフリーな買い物が可能になります。これにより、顧客は自分のペースで、スムーズに買い物を楽しむことができます。

コスト削減

無人レジスーパーは、レジスタッフの人件費を大幅に削減するメリットがあります。顧客が自分で商品のスキャンと支払いを行うため、レジにスタッフを配置する必要がありません。また、シフト管理の手間も省けるため、経営者にとっては労力とコストの節約につながります。しかし、導入初期にはシステム設置のための費用がかかるため、どれだけ効率的に運用できるかが重要です。

24時間営業の可能性

無人レジスーパーは、人間のスタッフがいなくても運営が可能なため、24時間営業を実現する可能性があります。これは、夜遅くや早朝に働く人々や、時間に制約がある人々にとって大きな利便性を提供します。また、従業員のシフト管理の手間が減るため、経営者にとってもメリットとなります。ただし、セキュリティ対策や設備のメンテナンスなど、24時間営業を実現するための課題もあります。

データ収集と分析

無人レジスーパーは、顧客の購買データをリアルタイムで収集し、分析することができます。これにより、どの商品がよく売れているのかどの時間帯に多くの顧客が来店するのか、などの情報を得ることができます。これらの情報は商品の配置や在庫管理、販売戦略の立案に活用することができ、店舗運営をより効率的に行うことが可能になります。ただし、顧客のプライバシー保護という観点から、どのようにデータを利用するかには注意が必要です。

感染症対策

無人レジスーパーは、新型コロナウイルスのような感染症対策に有効です。レジでの人と人との接触が少なくなるため、ウイルスの感染リスクを抑えることができます。また、混雑する時間帯を避けて買い物をすることが可能になるため、ソーシャルディスタンスを保つことも容易です。これらの理由から、無人レジスーパーは感染症の拡大を防ぐための一つの手段として注目されています。

無人レジスーパーのデメリット5選

無人レジスーパーには以下のようなデメリットがあると考えられます。

 

  • 技術的な問題
  • 初期投資費用
  • 顧客の抵抗感
  • プライバシーとセキュリティ
  • 雇用への影響

 

これらのデメリットを考慮しなければ、無人レジスーパーの運営はうまくいかないと考えられます。次で、それぞれのデメリットをより詳しく解説します。

 

技術的な問題

無人レジスーパーの運用には、まだ解決しきれていない技術的な問題があります。商品のバーコードが正確にスキャンされない、システム障害によりレジが使用できなくなるなど、様々なトラブルが起こり得ます。これらの問題が発生すると、顧客は迷惑を被り、店舗の評価も下がる可能性があります。そのため、システムの安定性向上とトラブル時の対応体制の確立が求められています。

初期投資費用

無人レジスーパーを導入するためには、初期投資費用がかかります。無人レジ機器の設置や、それを支えるためのシステムの開発、さらには従業員への新システムの研修など、開始初期には大きなコストが必要となります。これらの費用は、運営が始まってからの売上や節約できる人件費によって回収されることを期待しますが、初期の段階ではそれなりの投資が必要です。

顧客の抵抗感

無人レジスーパーは新しいシステムであるため、顧客からの抵抗感を招くことがあります。特に高齢者や技術に不慣れな人々は、セルフレジの操作に戸惑うかもしれません。また、商品のスキャンを誤ると誤って不正行為を行ってしまう可能性もあり、それに対する不安感を抱く顧客もいます。これらの課題を解消するためには、操作方法の簡易化や、初めて利用する顧客へのサポートが重要となります。

プライバシーとセキュリティ

無人レジスーパーでは、商品のスキャンや決済に顧客の情報が必要になります。このような個人情報の取扱いには十分な注意が必要で、適切なプライバシー保護が求められます。また、クレジットカードや電子マネー等の情報が不正利用されないよう、セキュリティの強化が必要です。これらの問題を解決するためには、安全な情報管理システムの導入や適切な法律遵守が不可欠です。

雇用の影響

無人レジスーパーの導入は、従業員の雇用に影響を及ぼす可能性があります。レジ業務の自動化により、レジスタッフの人数を削減できるため、一部の職員の雇用が不安定になる恐れがあります。しかし、一方で新たな業務、例えば無人レジシステムの運用やメンテナンスなどのテクニカルな職種が増える可能性もあります。無人レジ導入による雇用への影響は、その経営戦略や技術進化のスピードによるため、注意深く見守る必要があります。

無人レジスーパーの不正利用を防ぐ3つのポイント

無人レジスーパーでの不正利用を防ぐためには、以下のような対策が有効です。

監視カメラの活用

店舗内に監視カメラを設置し、不正行為の抑止や後での証拠確保を行うことが重要です。最新のカメラ技術では、AIを用いて特定の行動を検知することも可能となっています。

スマートゲートやセンサーの導入

商品に電子タグを付け、スマートゲートやセンサーを通過した際に商品が正確にスキャンされていない場合はアラームを鳴らすなどのシステムを導入することで、盗難を防ぐことができます。

AIと機械学習の活用

AIと機械学習を用いて、不正行為のパターンを学習し、予測・検知するシステムを導入することも有効です。顧客の動きや購買行動を分析し、異常な行動を検出することで、事前に防止策を講じることが可能となります。

まとめ

無人レジスーパーは、効率的な買い物体験や24時間営業の可能性など、多くのメリットを提供します。一方で、技術的な問題や初期投資費用、顧客の抵抗感などのデメリットもあります。しかし、これらの問題を解決するための改良が進められています。無人レジスーパーは新しいシステムであり、その成熟には時間が必要です。その進化を見守りつつ、私たちはより便利で効率的な買い物体験を享受することができます。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 手軽さと健康を両立!野菜自動販売機が注目を集める理由

      野菜を自販機で購入するという方が増えています。 無人店舗もありますが、自動販売機で野菜を購入することができます。 野菜の自動販売機ができたことで、手軽に野菜を摂取する...

  • 【無人販売の課題】払い忘れ対策の最前線

      近年、無人販売の形態が増え、コンビニエンスストアからスーパーマーケット、そして各種専門店まで、多くの業種で採用が進んでいます。 顧客にとっては24時間好きなときに買い物ができる...

  • セルフレジの導入費用と機能による違いとは?

    最近では、コンビニやスーパーで、お会計をスピーディーにするためにセルフレジを導入する店が増えています。 レジ打ちをする人がいなくても、お客様がセルフで会計をするので、従業員を雇う費...

  • 無人レジが店舗の窃盗問題にどう対応するか?

      無人レジ導入の背景と概要  無人レジの普及と窃盗問題の増加   近年、技術の進化と顧客ニーズの変化に応じて、無人レジが様々な店舗で普及しています。無人レジはキャッシュレス決済や...

お問い合わせはこちら

ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードは
こちら