株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

自動レジと普通のレジの違いとは

自動レジと普通のレジには違いがあり、自動レジならではのメリットもあります。ここでは、自動レジの特徴や導入することのメリットなどを紹介していくので参考にしましょう。 自動レジと普通のレジの違い 最近導入...

自動レジと普通のレジには違いがあり、自動レジならではのメリットもあります。ここでは、自動レジの特徴や導入することのメリットなどを紹介していくので参考にしましょう。

自動レジと普通のレジの違い

最近導入されていることが増えてきている自動レジですが、普通のレジとはどのようなことが違うのかを把握すれば、導入意欲を強めることができたり、利用方法を把握することもできます。そのため、自動レジと普通のレジの違いは事業者だけではなく、消費者も知って損はありません。

人件費を削減することができる

自動レジと普通のレジの違いに人件費があります。普通のレジの場合は必ず従業員の人が操作をして会計を行います。そのため、レジ1台に対して最低一人を配置する必要があります。また、レジ打ち見習いはサポートする人材も必要になるため、より多くの人件費が必要になってきます。レジ打ちをする従業員は基本的にレジ打ちに専念する必要があり、他の業務をすることができません。しかし、自動レジであれば、レジに人員を配置する必要がないため、レジ打ちの人員を削減することができます。その他にも他の業務に専念することができることも自動レジの特徴であり、普通のレジでは得ることができにくいメリットです。したがって人件費を削減したいのであれば、自動レジを導入してはいかがでしょうか。

導入件数

レジはさまざまな店舗に配置されている場合が多く、自動レジの導入件数も年々上昇傾向にあります。しかし、まだまだ普通のレジの方が圧倒的に導入件数が多く、これからレジを配置しようとしている人や開業する際のレジも普通のレジを選ぶことが多くなっています。そのため、自動レジの存在を知っていても実際に使った経験がない人や見たこともない人も多いのではないでしょうか。自動レジは主に都心部で導入されている傾向があるため、どうしても地方では見かける機会は少ないです。

レジ自体の価格

自動レジと普通のレジではレジ自体の価格に大きな違いがあります。普通のレジの方が圧倒的に安く手に入れることができ、初期費用を少なくすることができます。そのため、少しでも安く開業したい場合に自動レジではなく普通のレジの方が選ばれやすくなっており、上記で紹介した導入件数が普通のレジの方が多くなっている理由でもあります。自動レジは人件費を削減することができますが、レジ自体の価格が高い場合が多いです。

支払い方法

自動レジと普通のレジでは支払い方法に違いがあります。自動レジは種類にもよりますが、基本的にクレジットカードや電子マネーでの支払いになります。また、自動で指定の口座から引き落とされる仕組みになっている自動レジもあります。しかし、自動レジでは現金での支払いができない場合が多くなっているため、利用する際には注意が必要です。一方、普通のレジはクレジットカードや現金にも対応することができるので支払い方法の種類で言えば普通のレジの方が多く、対応幅が広いです。ただし、短時間で支払いを済ませることができるのはクレジットカードや電子マネーでの支払いができる自動レジです。

自動レジの種類

自動レジには大きく分けて2種類があり、購入方法も変わってきます。そのため、自動レジであれば、支払い方法が同じというわけではなく、利用するまでにどのような流れで支払いが完了するのかを把握しておくことをおすすめします。

自動で支払いを済ませるタイプ

自動レジには支払いも自動で済ませることができるタイプがあります。この自動レジであれば、センサーやカメラで手に取った商品などを判別する仕組みであるため、商品を手に取り、そのまま店舗から出ても問題なく、出る時に自動で会計が済まされています。そのため、消費者にとって最も簡単であり、時間をロスせずに買い物をすることができます。しかし、こちらの自動レジを使用するためには事前にクレジットカードなどの登録手続きをしておく必要があります。したがって事前に登録していなければ買い物をすることができない欠点があります。

指定のエリアで支払うタイプ

自動レジの中には指定のエリアで支払いをするタイプがあります。指定のエリアで会計すると聞くと普通のレジと同じように感じてしまいやすいですが、自動レジは会計エリアと呼ばれている場所に移動するとカメラやセンサーなどで何を購入しようとしているのかを把握し、購入しようとしている商品名や支払金額などを表示します。あとはクレジットカードや電子マネーで支払う流れになります。自分でバーコードを読み取る必要があるセルフレジと比べて消費者の手間もかからないメリットがあります。

自動レジを導入するメリット

上記までに自動レジの特徴などを紹介しましたが、導入することでどのようなメリットがあるのか分からない人もいるのではないでしょうか。導入したことで得られるメリットを知ることで導入意欲を高めることも期待できます。ちなみに上記でも紹介した人件費が削減できることも自動レジのメリットであり、導入理由に選ばれることも多いです。次に、自動レジを導入するメリットを紹介します。

他の業務に集中することができる

自動レジを導入することで他の業務に集中することができやすいです。例えば、コンビニはレジ打ちをしながら品出しなどをしなければなりません。自動レジを導入すれば、レジのことを気にする必要がなくなるため、他の業務に集中しやすくなります。

無人にすることも可能になる

自動レジを導入すれば、店舗内を無人にすることも期待できます。コンビニなどは商品を補充しなければならないため、中々無人にすることは難しいです。しかし、頻繁に商品を補充する必要がない販売店であったり、その日に売り場に出ている商品のみを販売する場合であれ、無人にすることも可能です。

万引きなどの被害を防ぐことができる

自動レジは万引きなどの被害を防ぐことも期待できます。普通のレジの場合は商品を通さずに購入してしまうことができる場合もあり、万引き予防のためにGメンを雇用したり、監視カメラなどを設置することも多いです。しかし、これらの対策でも万引き被害をゼロにすることは難しいです。しかし、自動レジであれば商品を手に取るとカメラやセンサーなどで感知します。自動で会計まで済ませるタイプであれば、事前に登録していれば店舗外に出ても勝手に支払いが済まされているので、実質万引きは不可能となります。もう一方のでもセンサー類が商品を感知するため、万引きやごまかしは難しくなっています。

支払いをスムーズにできる

自動レジは支払いがスムーズになりやすいメリットがあります。初めて自動レジを使用する場合に使い方が分からなかったり、事前登録が必要な場合もあり、支払い時に混乱してしまうこともあります。しかし、支払い方法を把握したり、支払い方法を知っておくだけで支払いをスムーズにすることができます。支払いがスムーズになることは消費者だけではなく、企業側にとってもメリットになります。それはレジの回転率が上がるからです。

まとめ

ここでは、自動レジの特徴や普通のレジとの違いを紹介しましたが、自動レジとはどのようなレジなのか知ることができたでしょうか。自動レジはまだまだ導入件数は少ないですが、今後増えていく傾向があり、近いうちに自動レジで支払いをするときが来るかもしれません。その時に困ってしまわないように自動レジの存在を把握し、支払いまでの流れも確認しておきましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 無人コンビニの盗難リスクと防止策

    セクション1: 無人コンビニの盗難リスクの現状 サブセクション1-1: 無人コンビニの普及と盗難の増加 近年、無人コンビニセルフレジの普及が進み、便利な利用が増えています。しかし、...

  • 【必須知識】無人販売ビジネスを始める前に知っておきたい許可について

    無人販売ビジネスは、その手軽さと効率性から、多くの起業家や既存のビジネスオーナーにとって魅力的な選択肢となっています。 しかし、その運営には特定の法的な要件が伴うこと、特に「許可」...

  • 無人店舗の革新的テクノロジーとイノベーション:最新トレンドを追う

    現代の消費者は、繁忙な日常からの解放や新しい買い物体験を求めています。最新のテクノロジーが導入された無人店舗は、長い待ち時間や人混みを回避し、24時間営業の便利さを提供します。本記...

  • セルフレジは人材不足の救世主になるのか?

    セルフレジは人材不足を解消することができるのかが期待されています。ここでは、セルフレジで人材不足を解消することができるのかや導入する際に注意点などを紹介します。   セルフレジで人...