株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.03.05

view 674

2024年、新紙幣発行に伴う旧紙幣の使えなくなる疑問と注意点

 2024年7月に導入される新紙幣は、一万円札、五千円札、千円札の3種類が対象です。改刷の目的は、定期的な偽造防止とされ、肖像画の変更と新しい防犯技術の採用が予定されています。  改刷により肖像画が変...

 2024年7月に導入される新紙幣は、一万円札、五千円札、千円札の3種類が対象です。改刷の目的は、定期的な偽造防止とされ、肖像画の変更と新しい防犯技術の採用が予定されています。

 改刷により肖像画が変更されるのは、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎です。新しい偽造防止技術として「高精細すき入れ」と「3Dホログラム」が採用され、特に「3Dホログラム」は世界初の試みとなります。

 この記事では、2024年の新紙幣発行に伴う注意点を解説します。正確な手順を学び、円滑な移行が理解できます。

 

新札と旧札の今後

  日本銀行が発行している紙幣は現在4種類で、一万円札、五千円札、二千円札、千円札。新紙幣導入に伴い、現行の紙幣はどうなるのか疑問が生じます。

  22種類の現行紙幣は、発行終了や非発行のものを含めて使えます。紙幣は「無制限に通用可能」です(日本銀行法第46条第2項)。

  ただし、「法令に基づく特別な措置」が発令された場合は使えなくなります。特別な法令が発令されない限り、新紙幣の導入によりこれらの紙幣は引き続き通用します。なので、使えなくなる心配はいりません。

  2024年、新しい紙幣が導入されると、我々はその新しさに慣れる必要があります。この過程は、新札の特徴やデザインが日常生活で目にする機会が増えるほど、徐々に進んでいくものです。

 

新札の特徴に慣れるまでの期間

 新札に慣れるまでの期間は個人差がありますが、一般的には数週間から数ヶ月かかることがあります。

 新札の使用頻度が高くなると、そのデザインやセキュリティ機能に対する理解も深まり、無意識のうちに新札を認識できるようになります。

 

新紙幣の登場で変わる無人レジ・セルフレジ

 2024年に新しい紙幣が発行されるに伴い、無人レジやセルフレジも変化が生じる可能性が高まります。

 こうした自動決済システムは、素早く新しい紙幣に対応する必要があり、利用者にとってスムーズで便利な支払い体験を提供することが求められます。

新紙幣のサポート

 新しい紙幣に対応するため、無人レジ・セルフレジはシステムのアップデートやハードウェアの変更が行われる可能性があります。

 最新の通貨を利用する際のエラーや混乱が最小限に抑えられます。

顧客向け情報提供

 新紙幣の発行に伴い、利用者へのわかりやすい情報提供も重要です。

 無人レジやセルフレジにおいて、新しい紙幣の取り扱い方法や注意事項を十分に案内することで、利用者は円滑に新紙幣を利用できるでしょう。

通知機能の充実

 無人レジやセルフレジには、新紙幣の導入に際しての通知機能の充実が望まれます。

 アプリやディスプレイを通じて、新紙幣の発行情報や対応状況がリアルタイムに利用者に伝えられると、不安や疑問を解消しやすくなります。

利用者の対応

 新紙幣の特徴や使い方に関する対応が、無人レジ・セルフレジのユーザー向けに提供されることが期待されます。新紙幣の登場に対する理解が深まり、スムーズな取引が促進されます。

旧札の有効期限と法的な通用力

 新札が登場しても、旧札はすぐには使えなくなりません。現行の法律である日本銀行法により、「日本銀行が発行する銀行券は、法貨として無制限に通用する」と規定されており、これが旧札に対する法的な通用力を保障しています。

そのため、新札が発行されたとしても、旧札は引き続き通用可能です。

旧札の価値の変動と市場への影響

 一部では、新札の導入によって旧札が貨幣価値を失うのではないかとの懸念がありますが、法的な通用力がある限り、旧札の価値に変動することはありません。

 通常通り銀行での取引や支払いに使用でき、市場での取引も安定するでしょう。このため、通貨の安定性を維持しつつ、新しい通貨制度への移行が進むことが期待されます。

新旧札の併用期間と無人レジ・セルフレジの対応

 新旧札の併用期間中、無人レジ・セルフレジもスムーズな運用が求められます。2024年に発行された新札に対応するため、旧札との共存が必要です。

 これにより、消費者は引き続き旧札を使用でき、利便性が確保されます。

 ただし、精算機や券売機は新札に対応するため、一部の無人レジでは旧札が使用できない場合があります。ユーザーは注意が必要で、使用可能な端末を選択することが重要です。

新しい通貨制度への適応においても、無人レジ・セルフレジは利用者に違和感を与えないよう、スムーズで迅速なサービス提供が求められます。

また、法的な基盤が整っているため、無人レジでの新旧札対応においても法令順守が不可欠です。

消費者と小売業者双方が円滑なトランジションを実現するためには、十分な情報提供やトレーニングが必要です。

これにより、無人レジ・セルフレジの利用者は安心して新旧札を利用し、新しい通貨制度への移行を円滑に進めることができます。

旧札を新札に切り替える手続きと注意事項

 旧札から新札への切り替えは、銀行での手続きが必要です。このプロセスは比較的シンプルですが、いくつかのステップや注意点を把握しておくと、円滑な交換が可能となります。

 銀行窓口での旧札から新札への交換手続き

 

両替依頼書の記入と提出

 銀行で旧札を新札に交換するには、まず「両替依頼書」に必要事項を記入して窓口に提出します。持参金額や必要な枚数、新札の希望有無などを指定します。

口座の有無で手数料が変動

 口座の有無によって手数料が変動する場合があるため、該当する銀行の通帳やキャッシュカードを持参することが重要です。

交換可能な枚数や手数料に留意

 一般的に、口座を持つ銀行では1日1回、10枚まで無料で新札に両替可能です。ただし、銀行によっては枚数や手数料が異なるので、事前にホームページで確認が必要です。

金種や時期による注意点

 新札への両替ができない場合もあり、金種や時期によって制限が生じることに留意が必要です。同じ金種への両替は手数料無料だが、別の金種に両替する場合は所定の手数料が発生します。

ゆうちょ銀行での異なる対応

 郵便局やゆうちょ銀行では通常業務として新札への両替は行っておらず、他の手段を検討する必要があります。

 これらの手続きや留意点を理解し、スムーズに新札への両替を進めるためには、各銀行のポリシーや制度に詳細に目を向けることが大切です。

今後の対応策や市場での動向

ATMの対応状況

 一部のATMでは、旧紙幣の取り扱いが難しくなる可能性があります。ATMの利用者は、新紙幣への切り替えや取引の際の手数料、制限について確認する必要があります。

非現金決済の促進

 新しい紙幣の導入により、非現金決済の促進が予測されます。クレジットカードや電子マネーなどのデジタル決済手段が一層普及することで、紙幣の使用頻度が減少するかもしれません。

 今後はこれらの決済手段の利用を検討し、キャッシュレス社会への対応を進めることが求められます。

新紙幣の発行に伴う無人レジ・セルフレジへの影響

 新紙幣の発行に伴い、無人レジやセルフレジも変化が生じる可能性があります。こうした自動決済システムは、新しい紙幣に迅速に対応する必要があります。

 顧客が新旧混在の紙幣を使用する場合、システムは正確に識別して適切な処理を行わなければなりません。

 また、セルフレジでは紙幣の挿入やおつりの返却が自動で行われるため、新紙幣の特徴やセキュリティ機能を認識する技術が求められます。

 顧客にとっては、スムーズな支払いと迅速な処理が期待されるため、システムのアップデートやトレーニングが不可欠です。

 加えて、新旧紙幣の共存期間において、無人レジやセルフレジの利用者に対して正確な情報提供が求められます。

 変更期間や取り扱い方法に関する明確なガイダンスが必要であり、これによって顧客の利便性が向上します。

 新紙幣の登場に伴い、無人決済システムのアップデートとトレーニングが不可欠です。利用者がスムーズかつ安全に新旧紙幣を利用できる環境を整える必要が生じます。

まとめ

 2024年の新紙幣発行に伴い、旧紙幣の使用に関する疑問と注意点について解説しました。

 日本銀行法により、旧紙幣は無制限に通用可能で、すぐに使えなくなることはありません。

 銀行を利用すれば、旧紙幣を新紙幣に交換することも可能です。現行の法令に基づく特別な措置がない限り、旧紙幣は継続して使用できます。

 なお、銀行窓口での旧札から新札への交換手続きは、「両替依頼書」への記入と提出が基本です。持参金額や必要な枚数、新札の希望有無を指定し、口座の有無によって手数料が変動します。

 通常、口座を持つ銀行では1日1回、10枚まで無料で新札に両替可能です。ただし、各銀行により枚数や手数料が異なるため、事前にホームページで確認が必要になります。

 新札への両替ができない場合もあり、金種や時期による注意が必要です。同じ金種への両替は手数料無料だが、別の金種に両替する場合は所定の手数料が発生します。

 また、新紙幣の登場によって、無人レジ・セルフレジがより洗練された自動決済システムに進化することでしょう。

 利用者は変化に柔軟かつ前向きに対応できるよう、これらの注意点を把握して新たな支払い体験を楽しむことができます。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

資料ダウンロードは
こちら