株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.05.09

view 18

24時間営業可能?必要な条件と手続きを解説

深夜に営業を行うことは多くの飲食店オーナーにとって魅力的な選択肢ですが、適切な許可や手続きを理解していないと法律違反になるリスクがあります。この記事を通じて、あなたは以下の3つの重要な情報を得ることが...

深夜に営業を行うことは多くの飲食店オーナーにとって魅力的な選択肢ですが、適切な許可や手続きを理解していないと法律違反になるリスクがあります。この記事を通じて、あなたは以下の3つの重要な情報を得ることができます。

1.深夜営業許可の必要性と基本条件

2.必要な手続きと提出書類

3.深夜営業の注意点・リスクとその対策

この記事を読み終えることで、深夜営業を成功させるための確かな第一歩を踏み出すことができるでしょう。

深夜営業許可とは?

深夜営業許可とは、特定の時間帯、特に夜遅くから早朝にかけて飲食店を運営するために必要な公的な許可のことです。この許可は、地域によって異なる法律や条例に基づいており、飲食店が深夜に営業を行う際には、これを取得することが義務付けられています。

飲食店の深夜営業許可の必要性

深夜営業許可が必要とされる主な理由は、夜間の営業が近隣住民の生活環境や治安に与える影響を最小限に抑えるためです。例えば、騒音や犯罪の防止、公衆衛生の保持などが挙げられます。また、消防法や建築基準法に基づく安全対策が適切に行われているかもこの許可を通じてチェックされます。

深夜営業する飲食店の条件

深夜時間帯に営業するための条件は、飲食店が守るべきいくつかの基準に基づいています。これらの条件は、公共の安全を守り、住民との良好な関係を保つために設けられています。

店舗のある場所が住居専用地域でないこと

深夜営業を行う飲食店は、その立地条件にも注意が必要です。住居専用地域内での深夜営業は原則として許可されていません。これは、住民の生活の質を保護するためであり、深夜の騒音や活動が日常生活に影響を与えることを防ぐためです。

客室(個室)の床面積が9.5㎡以上(客室数が1室の場合は除外)

床面積の基準は、来店客の快適さと安全を確保するために設定されています。一定の広さがなければ、客室が過密になり、緊急時の避難が困難になる恐れがあります。

客室の見通しを妨げる障害物がない

安全管理上、店内のどの位置からも客室の全体を見渡せることが求められます。これにより、万が一の事態に迅速に対応できる環境を整えることができます。

客室部分を施錠しない

客室を施錠することは、緊急時の避難を妨げ、安全上のリスクを高めるため、禁止されています。常に開放的な環境を保つことが求められるわけです。

公序良俗に反する装飾を設置しない

店舗の装飾にも配慮が必要であり、公序良俗に反するような内容は避けるべきです。これにより、すべてのお客様が快適に過ごせる空間を提供することが目的です。

店内照明は20ルクス以上にする

店内の照明は、最低でも20ルクス以上を保つことが規定されています。これは、視認性を確保し、安全な環境を作るために重要です。

騒音や振動は条例の範囲内

騒音や振動の制限も深夜営業の大きな課題の一つです。地域によって定められた条例を遵守し、周囲の環境への影響を最小限に抑えることが求められます。これにより、地域住民との良好な関係を維持することが可能です。

以上のように、深夜営業を行う飲食店は多くの制約に従いながらも、これを遵守することで安全かつ快適なサービスを提供することができます。これらの基準は、店舗運営の質を高め、顧客に信頼される業務実施の基盤となります。

深夜営業の手続きと必要な書類

深夜営業を行うためには、法的な許可や特定の書類の提出が必要です。ここでは、飲食店が深夜営業を行う際の具体的な手続きと、必要とされる書類について解説します。

届出先と必要な書類について

深夜営業を行うには、まず所轄の役所への届出が必要です。具体的には、市町村の商工課や保健所が窓口となることが多いです。届出に必要な書類は以下の通りです

・店舗の平面図

・店舗の設備に関する説明書

・安全管理計画

・防火管理に関する資料

・営業者の資格証明書

これらの書類は、深夜にお客様を迎える際の安全と公共の秩序を確保するために厳格に審査されます。

「深夜における酒類提供飲食店営業届出」の提出場所や期限

酒類を提供する飲食店が深夜営業を行う場合、通常の届出に加えて「深夜における酒類提供飲食店営業届出」が必要となります。この届出は、酒類販売業免許を発行している税務署、またはその地域の公安委員会に提出します。

届出の期限は、営業を開始する予定日の最低1ヶ月前までに行う必要があります。遅延すると罰則が適用される場合もあるため、期限内の提出が求められます。

この手続きを適切に行い、必要な書類を準備することで、飲食店は深夜に安全かつ法令に則った営業を行うことができます。深夜営業は顧客の利便性を高めるだけでなく、店舗の収益向上にも寄与するため、正しい手続きを理解し適用することが非常に重要です。

深夜営業許可の注意点

深夜営業許可を取得する際には、多くの注意点があります。これらは主に、公安や衛生管理、周辺環境への配慮から設けられています。深夜営業許可を得るためには、以下の点に特に注意する必要があります。

お店として使う物件にはルールがある

深夜に営業を行う飲食店には、通常の営業許可だけでなく、特別な条件が必要とされています。これは、夜間の騒音や犯罪の防止、周辺住民の生活環境を守るために設けられているものです。以下に、深夜営業を行う際の主な物件関連の注意点を解説します。

1.位置と環境
深夜営業を行う場合、その店舗の位置が重要になります。特に、住宅地域内や病院、学校などの近くでの営業は制限されることが多いです。これは、深夜の営業が周辺環境に与える影響を最小限に抑えるためです。

2.建築基準法の遵守
店舗として使用する建物は、建築基準法に基づいた適正な建築基準を満たしている必要があります。例えば、耐火建築物であることや、避難路の確保など、安全面での規制が厳格に適用されます。

3.騒音規制の遵守
夜間は特に騒音に対する規制が厳しいため、店舗の防音設備や営業時の音量にも注意が必要です。深夜営業許可を受けるためには、地域の条例や法律が定める騒音レベルを守ることが求められます。

4.安全対策
深夜営業では、犯罪防止のための対策も必須です。防犯カメラの設置や、適切な照明、警備員の配置など、安全を確保するための具体的な措置が求められることがあります。

これらのルールを遵守することで、店舗は安全かつ快適な深夜営業を行うことが可能となり、顧客からの信頼も得られやすくなります。また、許可プロセス中にこれらの要件をクリアすることが、スムーズな営業開始につながるため、事前にしっかりと準備を行うことが重要です。

深夜営業のリスクと対処法

深夜営業には多くの利点がある一方で、いくつかのリスクも存在します。これらのリスクを理解し、適切な対処法を講じることは、店舗運営を成功に導くために不可欠です。

深夜営業の禁止事項

深夜営業を行う際には、飲食店などの業種にかかわらず、守るべき禁止事項が存在します。これらの禁止事項は、主に公共の秩序や安全を守るため、また周辺住民の生活を考慮して設けられています。

1.騒音の制限

深夜帯は特に騒音に対する規制が厳しく、地域によってはさらに厳しい規制が設けられていることがあります。例えば、住宅街では深夜の楽器使用や大きな声を出す行為が禁止されている場合が多いです。

2.振動の規制

店舗から発生する振動も、近隣トラブルの原因となり得ます。特にダンスクラブなどの業態では、床や壁を通じて振動が伝わることがあり、これを適切に管理しなければなりません。

3.営業時間の遵守

地域や店舗の形態によって設けられた営業時間を厳守することです。時間外の営業は許可されていない限り、法律違反となります。

4.未成年者の保護

深夜における未成年者の出入りは厳しく制限されています。特に飲酒や喫煙が可能な場所では、これを徹底することが求められます。

これらの禁止事項を違反した場合、罰金や営業停止命令といった行政処分を受ける可能性があります。また、周囲からの苦情が原因で営業許可が取り消されることも考えられるため、事前に十分な対策を講じることが重要です。

対処法としては以下の通りです。

・防音設備の充実

騒音対策として防壁や二重窓の設置が有効です。

・振動対策の導入

 振動を抑えるための特殊な床材の使用や機械類の設置位置を工夫します。

・法令教育の実施

 従業員に対して、関連する法令や社内規程の教育を定期的に行います。

・未成年者対策の徹底

入口での年齢確認を厳密に行い、未成年者の入店を防ぎます。

以上のように、深夜営業には多くのリスクが伴うが、これらを適切に管理することで、安全かつ円滑な営業が可能となります。それにより、顧客からの信頼も得られ、事業の継続につながります。

まとめ

結論として、24時間営業はただ単に営業時間を延長するだけでなく、戦略的なビジネスモデルとして検討する価値があります。ただし、それには適切な許可の取得、従業員の健康と安全の確保、さらには地域社会との良好な関係の維持が不可欠です。これらの要素をしっかりと管理し、計画的に実施することが成功への鍵となるでしょう。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • DXツールの選び方:ビジネスニーズに合わせた最適なツール選択術

    DXツールは、企業に合わせてカスタマイズすることができて、直感的な操作で初めて使う人でも使いやすいツールです。 DXツールを導入することで、コストの削減や業務の効率化ができます。 ...

  • カフェで使えるレジの種類や便利な機能について解説します

    ここではカフェのレジに関しての情報を、以下の項目にそって紹介します。 カフェで使えるレジの種類 カフェのレジにあると便利な機能 カフェを運営する上で、レジは業務上で必要不可欠なアイ...

  • ポップアップストアの魅力とは?

    1.  ポップアップストアとは何ですか?    ポップアップストアの定義とは?   ポップアップストアとは、一時的に出店される小規模な店舗のことを指します。通常、期間限定...

  • 小口精算とは?基本情報から注意点まで徹底解説!

    「小口精算とは何でしょうか?日々の業務で小口精算が必要とされる状況に直面しているが、その基本や適切な管理方法がよくわからない方も多いのではないでしょうか?この記事では、小口精算のし...