株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.05.09

view 5

24時間対応できる!テイクアウト店舗の立ち上げ方

「24時間利用可能なテイクアウトサービスを始めたいけれど、どのように始めればいいのかわからない」とお悩みのあなたに、この記事が解決策を提供します。本記事では以下の3つの情報を得られます。 1.テイクア...

「24時間利用可能なテイクアウトサービスを始めたいけれど、どのように始めればいいのかわからない」とお悩みのあなたに、この記事が解決策を提供します。本記事では以下の3つの情報を得られます。

1.テイクアウト・デリバリーサービスの開始方法とメリット・デメリット

2.必要な許可や届出の詳細情報

3.開業時の注意点と安全性と導入手順

この記事を読めば、あなたもテイクアウトサービスをスムーズに、そして効率的に始めることができるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

テイクアウト・デリバリーサービスの基本

テイクアウト・デリバリーサービスは、飲食店が自店の料理を顧客が外で楽しむことができるようにするサービスです。このサービスを始めることにより、顧客にとっては利便性が増し、飲食店にとっては新たな収益源を開拓することができます。サービスを開始する際には、以下の基本的なステップを踏むことが重要です。

飲食店がテイクアウトサービスを始めるために必要なものとメリット・デメリット

テイクアウトサービスを開始するには、まず基本的な設備と計画が必要である。必要なものとしては、適切な包装材料、保存が効く容器、そして料理の品質を保つための温度管理設備などが挙げられます。また、オンラインでの注文システムや、注文を管理するためのソフトウェアも重要です。

このサービスの導入には多くのメリットがあります。例えば、新型コロナウイルスの影響で店内飲食を避ける顧客も、安心して食事を楽しむことができるようになります。また、店舗の収益源を増やし、さらには顧客の利便性を向上させることが可能です。

デメリットとしては、適切な包装材の選定や食品衛生の確保、配達エリアの管理など、新たな管理業務が増えることが挙げられます。

テイクアウト専門店のメリット・デメリットや営業許可取得について

テイクアウト専門店を開業する場合、まず必要なのは営業許可です。これは、食品衛生法に基づき、所轄の保健所に申請を行い、厨房の設備や衛生管理が基準を満たしているかの検査を受けることにより得られます。このプロセスには時間と費用がかかりますが、顧客に安全な食品を提供するためには必要不可欠です。

メリットとしては、テイクアウト専門であれば、比較的小さな店舗で運営が可能であり、店舗賃貸料を抑えることができる点があります。また、特定の地域に根ざしたサービスを展開することで、地域社会との密接な関係を築くことができます。

一方で、デメリットとしては、テイクアウトのみの営業では、顧客層が限られてくる可能性があることや、大量の注文に対応するための体制を整える必要があることなどが挙げられます。

これらの点を踏まえると、テイクアウト・デリバリーサービスを導入する際には、事前の準備と計画が非常に重要であることが分かります。適切な設備投資と衛生管理を行い、顧客が安心して利用できるサービスを提供することが成功への鍵となります。

テイクアウトサービスの許可・届出について

飲食店がテイクアウトサービスを導入する際には、いくつかの許可や届出が必要な場合があります。特に、新たにテイクアウト専門店を開業する場合や、店内で提供しているメニュー以外の新しいテイクアウト用メニューを導入する場合は、注意が必要です。

飲食店がテイクアウトを導入する際に許可や申請は必要?

多くの場合、既存の飲食店が店内で提供しているメニューをそのままテイクアウトとして提供する際は、追加の許可や届出は不要です。しかし、飲食店が新たにテイクアウト専門店を開業する場合や、既存の店舗とは異なる新メニューをテイクアウト用として導入する場合は、地域によっては保健所への届出や食品衛生法に基づく許可が必要になることがあります。

店内で提供しているものと同じであれば、許可は不要

店内で提供している食品をそのままテイクアウトとしても提供する場合、特に新しい許可を取得する必要はありません。これは、既に店舗が食品衛生法の基準を満たしていると認められているためです。

テイクアウト用の新メニュー導入には注意が必要

新しいテイクアウト用のメニューを導入する場合、その食品の安全性が保障されているかどうかを確認する必要があります。これには、食材の供給源の安全性や調理過程での衛生管理が含まれます。新メニューの導入には、事前に地元の保健所に相談し、必要な場合は届出を行うことが求められます。

テイクアウト店を開業する場合は別途営業許可が必要

テイクアウト専門店として新しく事業を開始する場合は、飲食店営業許可を取得する必要があります。これには、店舗の設備や衛生管理体制が一定の基準を満たしていることが必要であり、地域の保健所への申請と審査が伴います。営業許可を取得する過程では、設計図の提出や衛生管理者の選任が求められることが一般的です。

以上のように、テイクアウトサービスを導入する際には、その形態や提供するメニューによって必要な手続きが異なるため、計画段階でしっかりと調査し、必要な手続きを完了させることが重要です。

テイクアウト導入の注意点と安全性

テイクアウトサービスを導入する際には、多くの飲食店が直面する様々な課題や注意すべきポイントが存在します。特に、メニューの選定、衛生管理、消費期限の表示の有無、そして配達人員の確保といった側面には、細心の注意が必要です。これらの要素は、テイクアウトサービスの品質と直接的に関連しており、顧客の満足度やリピート率に大きく影響を及ぼします。

テイクアウトのメニューの選定について

テイクアウトサービスを開始する際には、メニュー選びが重要です。すべての料理がテイクアウトに適しているわけではないため、持ち帰り後も品質が落ちにくいものを選ぶ必要があります。例えば、揚げ物は時間が経つとサクサク感が失われやすいため、すぐに食べられる環境を提供できない場合は避けた方が良いです。また、容器の選定も重要で、漏れない、温かさを保てる、そして環境に優しいものを選ぶべきです。

衛生管理について

衛生管理はテイクアウトサービスにおいて最も重視すべき点です。食品の安全を保つために、調理場の清潔保持はもちろん、調理器具や容器の消毒にも注意を払う必要があります。また、調理スタッフは定期的な健康チェックを行い、手洗いやマスクの着用を徹底することが求められます。

テイクアウト商品に消費期限表示等は不要

テイクアウト商品には消費期限の表示が法的には必須ではないが、顧客への信頼を築くためにも、使用する材料の鮮度や調理日を明記することをお勧めします。これにより、消費者が安心して商品を購入できる環境を提供できます。

配達人員の確保と外部サービスの利用の有無について

小規模な店舗では自店で配達人員を確保するのが難しい場合があります。そのため、Uber Eatsや出前館などの外部デリバリーサービスの利用を検討すると良いです。これらのサービスを利用することで、初期投資を抑えつつ、広範囲にサービスを提供することが可能となります。ただし、サービス利用料が発生するため、料金設定を見直すことが必要になるかもしれません。

以上の点を踏まえ、テイクアウトサービスを安全かつ効果的に運営することが求められます。各店舗の状況に応じた適切な対策を講じ、顧客に信頼されるサービスを提供しましょう。

テイクアウト・デリバリーサービスの導入手順

テイクアウト・デリバリーサービスを開始するためには、計画的な手順を踏むことが重要です。まず、サービスのコンセプトとターゲット顧客を明確にし、どのような料理を提供するかを決定します。次に、必要な許可や届出の確認、専用の容器の準備、注文受付のシステム構築を行います。さらに、運用開始前にはスタッフのトレーニングやプロモーション活動も必要となります。

テイクアウト導入に必要なもの

テイクアウトサービスを開始する際、最初に必要なのは適切な設備と運営計画です。まず、食品の保存と運搬に適した冷蔵・保温設備を確保することが必須です。また、オンラインでの注文受付システムも重要です。これには、ウェブサイトやモバイルアプリの開発が含まれ、顧客が容易に注文できるようにするためのものです。さらに、地方自治体の衛生管理基準に適合したキッチンの設備と運営プロトコルの整備が求められます。

料理に合わせた適切な容器が不可欠

料理の品質を維持するためには、適切な容器の選択が不可欠です。たとえば、温かい料理には保温性に優れた容器、冷たい料理には密封性の高い容器を用いることが推奨されます。容器は再利用可能なものや環境に優しい素材で作られたものが好まれ、これにより環境負荷の低減と顧客からの好評を得ることができます。

テイクアウト導入の強い味方『パックマーケット』

「パックマーケット」は、多様な飲食店向けのテイクアウト容器を提供するサービスです。このプラットフォームでは、さまざまなサイズや形状の容器が扱われており、具体的な料理や飲食店のコンセプトに合わせた選択が可能です。また、パックマーケットは環境に配慮した材料を使用した商品も豊富に取り揃えており、持続可能なテイクアウトサービスの提供を支援します。

テイクアウトサービスの導入は、多くの飲食店にとって顧客基盤の拡大や新たな収益源となる可能性を秘めています。上記のような基本的な準備と戦略的なアプローチを計画することで、成功へとつながる道が開けるでしょう。

まとめ

このように、テイクアウト・デリバリーサービスを導入するには、適切な準備と戦略が必要です。容器の選定から、オンラインでの注文システムの設置まで、一連のプロセスを適切に管理することで、サービスは成功へと導かれます。また、法的な許可や衛生管理にも留意し、安全で信頼性の高いサービス提供を心掛けることが重要です。これにより、顧客満足度を高め、継続的な利益を生み出すことが可能となります。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 福利厚生サービスの多様性:従業員の多様なニーズに応える

    福利厚生が充実することで、従業員のニーズに応えて、ワークバランスをサポートして、子育て・スキル開発などの支援があります。 この記事では、福利厚生のニーズの変化や健康・スキル開発のた...

  • オフィスとカウンターの進化:テクノロジーがもたらす変革と未来の展望

    オフィスでは、書類の電子化やAIロボットが登場しています。 オフィスとテクノロジーが融合することで、従業員の効率が上がり、生産性を上げることができます。 この記事では、テクノロジー...

  • 店舗DXとは?DX化のメリット・デメリットは?

    昨今セルフレジやキャッシュレス決済、整理券の自動発行やモバイルオーダーなど、実店舗型のビジネスにおいてのデジタル化が急速に進んでいるのを感じている人も多いのではないでしょうか。これ...

  • 展示会準備で必要なものや手順を徹底解説

    ここでは展示会準備に関する情報を、以下の目次にそって紹介します。 展示会準備で必要なもの 展示会準備の手順 展示会準備で重要なポイント 展示会は企業にとって重要なイベントであり、展...