株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

【売れるものがわかる】無人販売の商品選び術

近年、コスト削減や労働力不足の解消、新型コロナウイルスの影響などから無人販売の需要が増加しています。 その中で、無人販売の成功の鍵を握るのは「どんな商品を選ぶか」です。 売れ行きの良い商品を選ぶことで...

近年、コスト削減や労働力不足の解消、新型コロナウイルスの影響などから無人販売の需要が増加しています。

その中で、無人販売の成功の鍵を握るのは「どんな商品を選ぶか」です。

売れ行きの良い商品を選ぶことで、利益率を高めることが可能になります。

 

しかし、商品選びは思いのほか難しい。

なぜなら、無人販売は販売員との直接のコミュニケーションがないため、商品自体が顧客を引きつけなければならないからです。

この記事では、売れる商品を選ぶための具体的なポイントと、戦略的な商品選びの方法を紹介します。

 

現代の消費者は、単に商品を購入するだけでなく、その背後にある価値やストーリーも重視します。

また、トレンドに敏感で、新鮮な商品や体験を求めています。

これらの視点を念頭に置きながら、無人販売でどのように商品選びを行うべきかを考えていきましょう。

無人販売の現状と利点

無人販売とは、店舗にスタッフがいない状態で商品を販売するシステムのことです。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでよく見かけるセルフレジや無人の自動販売機などがその例です。

 

無人販売の現状としては、テクノロジーの発展と共にその普及が進んでいます。

AIやロボット技術の進歩、QRコードやモバイル決済の普及などにより、無人販売が可能となり、一部の店舗では24時間営業を実現しています。

 

利点としては、次のような点が挙げられます。

 

  1. 人件費の削減: スタッフを配置しなくても良いため、人件費を大幅に抑えることができます。

 

  1. 24時間営業: スタッフの配置を気にする必要がないため、24時間営業が可能となります。

 

  1. 感染症対策: スタッフと顧客の接触が少なくなるため、新型コロナウイルスなどの感染症対策にもつながります。

 

しかし、無人販売にはセキュリティ対策や機器のトラブルなど、新たな課題も生じています。

これらを解決しながら、無人販売は今後も進化していくでしょう。

無人販売の市場規模と動向

無人販売の市場規模は、近年急速に拡大しています。

AIや自動化技術の進化、モバイル決済の普及、新型コロナウイルス感染症の影響などが背景にあります。

 

無人販売は、人件費の削減や24時間営業の可能性など、ビジネスの効率化を追求する企業にとって大きな魅力を持っています。

さらに、顧客側にもスピーディなサービスや非接触の取引など、新しい購買体験を提供しています。

 

現在、無人販売の主な市場は、無人コンビニエンスストアや無人カフェ、無人ホテルなどですが、これからは様々な産業でその活用が期待されています。

例えば、農産物の直売所での無人販売や、観光地での土産物販売など、地域資源を活用した新たなビジネスモデルも出現しています。

 

また、無人販売の動向としては、AI技術の発展により、顧客の購買データを元にしたパーソナライズされたサービスの提供が進んでいます。

これにより、より購買体験が向上し、無人販売の市場拡大がさらに加速すると予想されています。

 

以上のように、無人販売の市場規模と動向は、テクノロジーの進化と社会状況の変化を背景に、大きく進展しています。

無人販売が選ばれる理由

無人販売が選ばれる理由はいくつかあります。

 

  1. 24時間営業が可能:無人販売は人手を必要としないため、24時間営業が可能です。早朝や深夜でも商品を購入することができるので、利用者の利便性が高まります。

 

  1. スピーディな購入:レジの待ち時間がなく、自分のペースで商品を選び、すぐに購入できます。これは特に急いでいるときや、人混みを避けたいときに便利です。

 

  1. 非接触の購入:新型コロナウイルス感染症の影響で非接触の需要が高まっています。無人販売はタッチパネルやスマートフォンなどを使って操作・決済するため、他の人と接触せずに安全に買い物ができます。

 

  1. 個々のニーズに合わせたサービス:無人販売はAIやデータ解析を用いて、顧客の購買履歴や好みに合わせたサービスを提供します。これにより、一人ひとりに最適化された購買体験が得られます。

 

これらの理由から、無人販売は様々な場面で利用者に選ばれています。

売れる商品選びのポイント

売れる商品を選ぶためのポイントはいくつかあります。

 

  1. 需要と供給:まずは市場の需要と供給を理解しましょう。どの商品が求められていて、その需要が供給を上回っているのかを把握することは重要です。

 

  1. 目新しさ:新しい商品やユニークな商品は人々の関心を引きます。そのような商品を提供することで、他の競争者と差別化し、より多くの顧客を惹きつけることができます。

 

  1. 品質:品質は商品が売れる重要な要素です。高品質な商品は、信頼性や耐久性があり、顧客の満足度を高めます。これはリピート購入や口コミによる新規顧客の獲得につながります。

 

  1. 価格設定:商品の価格設定も大切です。価格は商品の価値を反映し、購入意欲を刺激します。市場調査を行い、競争力のある価格を設定することが重要です。

 

  1. マーケティング:商品の売れ行きはマーケティング戦略に大きく依存します。商品の特徴や利点を明確に伝え、顧客の関心を引く方法を考えることが必要です。

 

これらのポイントを押さえつつ、常に市場の動向を見て、適応していくことが成功の鍵となります。

人気商品の特徴

人気商品の特徴は以下のような点に集約されます。

 

  1. 価値:人気商品は顧客に明確な価値を提供します。それは高品質、ユニークなデザイン、便利性、楽しさなど、さまざまな形で表れます。

 

  1. 解決策:人気商品は多くの場合、顧客の問題を解決します。それは時間の節約、生活の改善、学びや成長など、個人的または社会的な課題への解答を提供します。

 

  1. 品質:人気商品は一貫した品質を保証します。これは信頼とロイヤルティを築くために重要で、製品の耐久性や性能、サービスの一貫性など、品質は多くの形で表現されます。

 

  1. ブランド:人気商品はしばしば強力なブランドによって支えられています。ブランドは顧客に信頼感を提供し、製品の価値を強調します。

 

  1. 価格:人気商品は価格に対する価値を提供します。それは必ずしも安価であるとは限らず、価格が製品の品質や利益を反映している場合もあります。

 

以上の特徴を理解し、自身の商品やサービスにどのように適用できるかを考えることで、より多くの人気商品を生み出すことができます。

適切な価格設定の重要性

適切な価格設定は、ビジネスの成功にとても重要な役割を果たします。

以下にその理由をわかりやすく説明します。

 

  1. 利益の最大化:商品の価格が高すぎると、顧客は他の安い選択肢を探します。逆に価格が低すぎると、ビジネスは必要な利益を上げることができません。だからこそ、価格は顧客が払いたいと思う範囲とビジネスが利益を出せる範囲の間に設定する必要があります。

 

  1. 顧客の認識:価格は商品の品質や価値を示す重要な指標でもあります。価格が高い商品は高品質であると perceived され、逆に価格が安い商品は低品質であると perceived されることがあります。そのため、価格設定は顧客が商品に対して持つ認識に大きな影響を与えます。

 

  1. 競争力:市場には同じような商品を提供する他のビジネスがたくさん存在します。その中で自社の商品を売るためには、価格競争力が必要です。顧客は価格を比較し、最も価値のある商品を選びます。

 

これらの理由から、適切な価格設定はビジネス戦略の重要な一部と言えます。

適切な価格設定により、ビジネスは最大の利益を得ることができ、顧客の満足度を高め、競争力を保つことができます。

具体的な商品選びの戦略と方法

無人販売で売れる商品を選ぶための戦略と方法を簡単に説明します。

 

  1. ターゲット顧客の理解: まず、あなたの無人販売機を使う可能性が高い顧客がどのような人々なのかを理解することが大切です。年齢、性別、職業、趣味など、様々な要素に基づいて顧客のプロフィールを作成しましょう。

 

  1. 市場調査: 既に成功している無人販売機の商品を調査し、どの商品がよく売れているかを確認します。同じ地域や類似のターゲット顧客を持つ他の無人販売機から学ぶことができます。

 

  1. ニーズ分析: ターゲット顧客が必要とする商品やサービスを提供することが重要です。例えば、交通量の多い地域では、飲料や軽食、便利商品が需要があるかもしれません。

 

  1. 商品の利便性: 商品は無人販売機で簡単に購入できるようにすることが重要です。扱いやすいサイズ、形状、パッケージの商品を選びます。

 

  1. 価格設定: 顧客が購入しやすいよう、適切な価格設定を行います。ターゲット顧客の購買力を考慮に入れ、商品の価値に見合った価格を設定しましょう。

 

これらの戦略と方法を活用して、無人販売で売れる商品を選ぶことができます。

マーケットリサーチの重要性

マーケットリサーチとは、製品やサービスがどのように受け入れられるかを理解するための手段です。

これは、顧客のニーズや欲求、行動、嗜好を把握するために行われます。

マーケットリサーチの重要性は以下の点にあります。

 

  1. 顧客理解: マーケットリサーチにより、顧客の購買行動や商品に対する意見、好み、生活習慣などを深く理解することができます。これにより、商品開発やマーケティング戦略の立案に役立ちます。

 

  1. 競合分析: 自社の製品やサービスが市場の中でどのように位置づけられているのかを理解することができます。競合他社が何をしているのかを知ることで、自社の強みを活かし、弱みを改善することができます。

 

  1. 市場トレンドの把握: 市場の動向や消費者の嗜好は常に変化しています。マーケットリサーチにより、これらの変化を捉え、自社の商品やサービスを適切に調整することができます。

 

  1. リスク軽減: マーケットリサーチにより、新製品の導入や新市場への進出に伴うリスクを事前に予測し、軽減することができます。

 

これらの理由から、マーケットリサーチはビジネス戦略の策定や商品開発のプロセスにおいて非常に重要な役割を果たします。

カスタマーサービスとの連携

カスタマーサービスとの連携とは、商品の販売だけでなく、顧客との関係を深め、満足度を高めるための取り組みです。

これは、製品のサポート、問い合わせへの対応、クレームの処理などを含みます。

 

カスタマーサービスは、企業が顧客に提供するサービスの品質を保つための重要な要素であり、それは無人販売でも同じです。

無人販売では、直接顧客との対話が少ないため、問い合わせやフィードバックのチャネルを設け、顧客からの声をきちんと受け取ることが重要です。

 

また、商品が売れるかどうかを決定する重要な要素の一つは、その後のサポートやカスタマーサービスの品質です。

顧客が問題を抱えている場合や製品について質問がある場合、迅速かつ適切に対応できるようにすることで、顧客の信頼と満足度を高めることができます。

 

また、カスタマーサービスから得られた情報は、商品の改善や新たなニーズの発見に役立つため、それを商品選びや開発にフィードバックすることも重要です。

このような連携により、売れる商品を選び、無人販売を成功させることができます。

トレンドを取り入れた商品選び

トレンドを取り入れた商品選びとは、最新の市場動向や顧客の関心を理解し、それに基づいて商品を選ぶ手法のことを指します。

これは、無人販売でも、一般的なリテールビジネスでも非常に重要な要素となります。

 

トレンドは、社会的な動きや文化的な変化、季節、新技術の導入など、さまざまな要素から生まれます。

これらのトレンドをうまく捉えることで、顧客のニーズに合った商品を提供し、売上を増加させることが可能になります。

 

具体的な方法としては、マーケットリサーチや消費者の行動分析を行い、新たなニーズや関心を探ります。

また、SNSやインターネットのトレンドを追うことも重要です。

これらの情報を元に、新商品の開癞や既存商品の改良を行ったり、取り扱う商品のラインナップを変更したりします。

 

しかし、トレンドは一過性のものも多いため、過度にトレンドに依存せず、基本的な商品の品質やサービスを保つことも重要です。

トレンドを上手に活用し、顧客の満足度を高めることで、無人販売の成功につなげることができます。

まとめ

本記事では、無人販売で売れる商品選びのポイントと戦略について解説しました。

成功の鍵は市場調査と顧客のニーズを理解すること、適切な価格設定と商品の質、そして最新のトレンドを取り入れることにあります。

 

無人販売は、商品自体が顧客を引きつけなければならない特性があります。

そのため、商品選びは単なる商品の購入行動だけでなく、顧客とのコミュニケーションの一環とも言えます。

適切な商品を選ぶことで、顧客の満足度を高め、リピーターを増やすことが可能になります。

 

さらに、現代の消費者は新鮮な商品や体験を求めています。

そのため、市場の動向を把握し、トレンドを取り入れた商品選びが重要です。

また、商品だけでなく、無人販売の体験そのものを楽しむことができるような仕組み作りも求められます。

 

最後に、無人販売で成功するためには、ただ商品を置くだけではなく、顧客との関係を深め、顧客の期待を超える価値を提供することが求められます。

この記事が、無人販売における売れる商品選びの参考になれば幸いです。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 無人レジスーパーのメリットとデメリットについて

      無人レジスーパーが日本各地で広まりつつありますが、一体どんな利点と課題があるのでしょうか。この記事では、無人レジスーパーのメリットとデメリットを中心に解説していきます...

  • ポストコロナ時代に進化する券売機と音声ガイダンス

    はじめに   近年、スーパーやコンビニがセルフレジや無人レジを導入しています。小売業界や飲食業界など人手不足が深刻な業態を中心に、こうした会計方式を採用している店舗が増加しています...

  • 無人レジが店舗の窃盗問題にどう対応するか?

      無人レジ導入の背景と概要  無人レジの普及と窃盗問題の増加   近年、技術の進化と顧客ニーズの変化に応じて、無人レジが様々な店舗で普及しています。無人レジはキャッシュレス決済や...

  • 海外のセルフレジ普及率と不正対策について

      セルフレジが世界各地で普及し始めています。しかし、その一方で不正行為への対策が求められているのが現状です。今回は、海外のセルフレジ普及率と、その不正対策に焦点を当てて...