株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2024.04.25

view 14

アクセサリーのおすすめ陳列方法やポイントを紹介します

ここではアクセサリーの陳列方法に関する情報を、以下の項目にそって紹介します。 アクセサリーのおすすめ陳列方法 アクセサリーの陳列の注意点 「インテリアやコンセプトに悩んでしまい、センス良くアクセサリー...

ここではアクセサリーの陳列方法に関する情報を、以下の項目にそって紹介します。

  • アクセサリーのおすすめ陳列方法
  • アクセサリーの陳列の注意点

「インテリアやコンセプトに悩んでしまい、センス良くアクセサリーの陳列をすることができない」という悩みを抱えている人に向けて、アクセサリーの陳列のコツに関係する情報を多くまとめました。

この記事を読めば、センスがあるアクセサリーの陳列に関する知識をきちんと理解することができますので、アクセサリーの陳列を上手く行いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

アクセサリーのおすすめ陳列方法とは?

センスの良いアクセサリーの陳列には、以下のようなおすすめの陳列方法があります。

  • プレートやお皿を活用する
  • 大きさの違いでアクセントを付ける
  • ガラス素材のものを活用する
  • アクセサリーを吊り下げて、注目を集める

簡単に活用できる方法も紹介しますので、アクセサリーの陳列方法に悩んでいる人は、是非これから紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

アクセサリーのおすすめ陳列方法①プレートやお皿を活用する

アクセサリーの陳列には、プレートやお皿を活用すると便利です。

指輪やピアスなどの小さなアイテムは、種類ごとに別々のプレートに分けて置くと、見やすさが上がるだけでなく、プレート内の統一感も整うのでお客様が手に取りやすくなります。

また、ネックレスは絡まりやすく見やすい状態を保ちつつけるのが難しい側面もあるので、その状態を防ぐためにもプレートの上に縦に並べてまっすぐに展示すると良いでしょう。

 

アクセサリーのおすすめ陳列方法②大きさの違いでアクセントを付ける

アクセサリーのディスプレイにこなれ感を出すためには、さまざまな大きさのプレートを使うと効果的です。

大小異なるプレートを使うことで単調さを避け、視覚的な興味を引く陳列が可能になります。

また全て同じ大きさのプレートを使用するよりも、異なるサイズを組み合わせることで、おしゃれ感が格段にアップします。

さらにスペースを有効活用する方法として、大きなプレートの上に小さなプレートを重ねて置くという手法もおすすめです。

これにより限られたスペースでもアクセサリーを魅力的に展示できるうえ、重ねることで高さが出るため、立体感が加わり、よりアクセサリーを引き立たせることが可能です。

 

アクセサリーのおすすめ陳列方法③ガラス素材のものを活用する

アクセサリーの陳列において、ガラス製のケースはその透明感とシンプルなデザインが魅力で、どんな装飾スタイルにも合わせやすいアイテムです。

アンティーク調のインテリアやナチュラルスタイルのデザインにも自然に溶け込むため、素材選びに迷っている方には特におすすめできる選択肢です。

またガラスはどのようなデザインのアクセサリーにも干渉せず、その美しさを存分にアピールできるため、初めてディスプレイケースを選ぶ際にもおすすめです。

 

アクセサリーのおすすめ陳列方法④アクセサリーを吊り下げて、注目を集める

多くの人が経験するであろう、アクセサリーが絡まる問題を解決するためには、ネックレスやロングピアスを吊り下げてディスプレイする方法が効果的です。

この方法により各アクセサリーが個別に保管され、絡まりを防ぐことができます。

さらに吊り下げることでアクセサリーを一目で見渡すことが可能になり、お客様により商品を把握してもらいやすくなる効果もあります。

ディスプレイの方法としては、専用のアクセサリーハンガーや壁に取り付けられるフック、または自作のアクセサリーボードを使うと良いでしょう。

これらのアイテムを使用することで、取り扱いやすく整理整頓された陳列方法を実現することができます。

アクセサリーの陳列の注意点とは?

アクセサリーの陳列の注意点を、以下の項目にそって紹介します。

  • 素材の質感を合わせる
  • 高さを付ける
  • 見本をつける

アクセサリーの陳列が中々うまくいかず悩んでいる人は、上記の注意点を改善すると、おしゃれかつ見やすいアクセサリーの陳列が出来るようになる可能性があります。

実際に自分が陳列したデザインと見比べつつ、注意点の内容に目を通してみることをおすすめします。

 

アクセサリーの陳列の注意点①素材の質感を合わせる

素材の質感を合わせることで全体に統一感を持たせることが可能であり、アイテム陳列をよりおしゃれにディスプレイすることが可能です。

統一感を出すためには、アクセサリーの雰囲気に合わせたプライスタグやPOP(販促用ディスプレイ)のデザインにも注意を払うことが大切です。

これらの要素に一貫したテイストの色やフォントを選ぶことで、アクセサリーのアイデンティティを強化できます。

たとえば、アクセサリーのテイストがナチュラルなら、生成りの布や自然素材のデコレーションを使用したり、木製の棚や机を活用すると良いでしょう。

アクセサリーの陳列の注意点③高さを付ける

陳列方法に高さを加えることは、限られたスペースでも作品や商品を効果的に展示するおすすめの方法です。

高さをつけることにより、より多くのアイテムを置くことが可能になり、視覚的にも豊かなレイアウトを実現できます。

高さを加えることでお客様の目線が自然と上向きになり、商品が目に留まりやすくなります。

お客様の目線が上になることで、お店が混雑している場合や広い展示場であっても、店内の雰囲気や提供している商品の種類が把握しやすくなるため、お客様を引きつける効果があります。

また高さを出すための具体的な方法としては、棚や網を使うのが一般的です。

アクセサリーの重さによって陳列什器を使い分けると、より上手く陳列することができます。

例えば棚を使って陳列する場合は、重いアイテムを中心に設置するのが良く、網を利用する場合は、軽いアイテムや吊り下げるタイプの商品を陳列すると良いでしょう。

 

アクセサリーの陳列の注意点③見本をつける

アクセサリーが袋や包装に入っている場合は、見本を出しておくことをおすすめします。

特に、触り心地や香りを楽しむ商品の場合、直接体験できる見本を提供することが不可欠です。

 

また商品の見本を展示する際には、それが見本であることを明確に示すPOPを設置しましょう。

POPを設置することで、見本品であることが一目で理解でき、本商品との混同を避けることができます。

POPを作る際には、商品の特徴や魅力を簡潔に伝えるテキストや魅力的なビジュアルで構成すると良いでしょう。

さらに見本を手に取りやすい場所に配置し、安全に触れられるように配慮することにも気を配るようにすると、お客様が見本品を手に取りやすくなります。

 

アクセサリーの陳列を上手く行って、商品をより魅力的にアピールしてみましょう

今回はアクセサリーのおすすめ陳列方法やポイントを紹介しました。

アクセサリーの陳列を上手く活用すると、販売している商品の魅力がお客様にも伝わりやすくなり、売り上げが伸びる傾向があります。

逆を言えば、アクセサリーの陳列が上手くできないと、商品のポテンシャルを発揮することができずに、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性が高くなってしまいます。

商品の魅力を上手く伝えるためにも、自分のアクセサリーの陳列をもう一度見直してみて、この記事のポイントを参考に、アクセサリーの陳列方法を改善してみてください。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 企業の人手不足を解消する5つの方法を解説

    本記事では企業の人手不足を解消する5つの方法を解説しています。人手不足は事業運営において解決すべき優先事項です。人手不足の要因と企業に与える影響を理解し、人材確保に取り組んでみてく...

  • 休憩スペースの作り方~快適でおしゃれな空間でリフレッシュ~

    仕事に集中するためには、適度な休憩が必要です。快適でおしゃれな休憩スペースの作り方を紹介します。休憩スペースを充実させる設備の選び方を具体的に解説します。この記事を読めば、従業員の...

  • 小口精算とは?基本情報から注意点まで徹底解説!

    「小口精算とは何でしょうか?日々の業務で小口精算が必要とされる状況に直面しているが、その基本や適切な管理方法がよくわからない方も多いのではないでしょうか?この記事では、小口精算のし...

  • スキー場レンタルの便利さを徹底解説!必要な装備は全て揃えられる!

    スキー場では、スキー・スノーボードの用具やウェアーをレンタルすることができます。 重い荷物を持たなくてもスキーをすることができて、初めてスキーをする方におすすめです。 ウェアや手袋...