株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジでお酒を買うことはできる?年齢確認の仕組みを徹底解説!

セルフレジでお酒を買うことはできるのでしょうか。コロナ禍で接触を減らしたいというニーズが高まる中、多くの店舗がセルフレジを導入しています。しかし、お酒やタバコなどの年齢確認が必要な商品はどうなっている...

セルフレジでお酒を買うことはできるのでしょうか。コロナ禍で接触を減らしたいというニーズが高まる中、多くの店舗がセルフレジを導入しています。しかし、お酒やタバコなどの年齢確認が必要な商品はどうなっているのでしょうか。この記事では、セルフレジでお酒を購入する方法や年齢確認の仕組みについて、最新の情報をお伝えします。

 

セルフレジとは?

セルフレジは利便性や効率性の向上を図るためのシステムであり、今後ますます普及が進むと予想されます。セルフレジを利用することで、お客さんはスムーズな支払い体験を得ることができます。

セルフレジの概要

セルフレジとは、お客さんが商品のレジを自分で操作して決済を行うシステムです。従来のレジでは店員が商品をスキャンし、価格を入力してお客さんに代金を請求していましたが、セルフレジではお客さん自身が商品をスキャンし、支払いを完了させることができます。セルフレジは主にスーパーマーケットやコンビニエンスストアで利用されています。

 

セルフレジの利用方法

セルフレジを利用する際の基本的な流れは次の通りです。
1.商品をカゴやバスケットに入れます。
2.セルフレジの画面に表示されたバーコードリーダーで商品のバーコードをスキャンします。
3.スキャンした商品が画面に表示され、合計金額が表示されます。
4.支払い方法(現金やクレジットカード)を選択し、支払いを完了します。
5.レシートが印刷され、取引が終了します。

 

セルフレジの普及状況と今後の展望

セルフレジは近年、多くの小売業界で普及しています。セルフレジの導入により、店舗側は人員を削減できるため、労働力の節約や業務の効率化が図られます。また、お客さんにとっても待ち時間の短縮やスムーズな支払いができるという利点があります。今後は技術の進化により、より使いやすく安全なセルフレジが開発されることが期待されています。

 

セルフレジのメリットとデメリット

セルフレジのメリットは以下の通りです。
・待ち時間の短縮: 自分で商品をスキャンし支払いを完了できるため、レジ待ちの時間が短縮されます。
・自己管理: 商品のスキャンや金額の確認など自分で管理できます。

 

セルフレジのデメリットは以下の通りです。
・操作の難しさ: 初めて利用する場合や高齢者などにとっては操作が難しい場合があります。
・盗難リスク: 盗難のリスクが高まる可能性があるため、セキュリティ対策が必要です。

 

セルフレジを利用する際の注意点

セルフレジを利用する際には、以下の点に注意しましょう。
・商品の正確なスキャン: バーコードを正しくスキャンすることを確認しましょう。誤って商品を重ねてスキャンしてしまうと、誤った金額が表示される可能性があります。
・支払い方法の選択: 支払い方法を選択する際には慎重になりましょう。現金を使う場合は正確な金額を入力し、クレジットカードを使用する場合は正しいカード情報を入力しましょう。

 

セルフレジでお酒は買えるの?

セルフレジでは一般的にお酒の購入が可能ですが、年齢制限や店舗のルールに留意する必要があります。お酒の購入に際しては、法律や店舗のガイドラインに従い、適切な手続きを行うようにしましょう。

 

セルフレジでお酒は買えるのか

基本的には、セルフレジでもお酒を購入することができます。しかし、お酒には年齢制限があるため未成年者の場合は購入が制限されます。そのため、セルフレジでは年齢確認が必要です。年齢確認は、お酒を購入する際に店員が直接身分証の確認を行います。店によっては、セルフレジではお酒を一切販売しない場合もあるので、店ごとに購入できるか確認する必要があります。

 

セルフレジでお酒を購入する際の注意点

セルフレジでお酒を購入する際には以下の注意点があります。
・年齢制限: お酒の販売には年齢制限があります。未成年者は購入できません。
・年齢確認: 未成年者のお酒の購入を防止するため、年齢確認をされます。
・公的な身分証明書: 年齢確認の際には、免許証やパスポートなどの公的な身分証明書を提示することが求められます。

 

店舗によるお酒の購入ルールの違い

店舗によってお酒の購入ルールは異なります。例えば、セルフレジの近くにスタッフが配置され、年齢確認や購入制限をを直接行うというルールやセルフレジでお酒の購入が禁止というルールがあります。店舗のポリシーや地域の法律によってルールが異なるため、購入前に店舗のルールを確認することが重要です。

 

マイナンバーカードなどのデジタル技術の活用方法

マイナンバーカードや他のデジタル技術は、年齢確認や個人識別のために活用されています。マイナンバーカードは電子証明書を利用して年齢確認を行い、顔認識や生体認証などの技術も活用されています。これらのデジタル技術は、便利さや効率性の向上、情報の安全性の確保などをもたらす重要な役割を果たしています。

 

マイナンバーカードを活用した年齢確認の仕組み

マイナンバーカードは、個人識別番号としての機能だけでなく、年齢確認にも活用されています。例えば、酒類の販売時には法的な年齢制限がありますが、マイナンバーカードの電子証明書を使って年齢を確認することができます。セルフレジやオンラインショッピングなどでマイナンバーカードを用いることで、年齢確認をスムーズに行うことができます。

 

マイナンバーカード以外のデジタル技術の活用

マイナンバーカード以外にも、さまざまなデジタル技術が活用されています。近年では、顔認識技術を用いた年齢確認システムやスマートフォンの生体認証(指紋認証や顔認証)を利用した年齢確認などがあります。

 

セルフレジでの年齢確認

特定の商品やサービスには年齢制限があります。例えば、お酒やタバコの販売などは年齢制限があるため、未成年者に提供することは違法です。年齢確認は、これらの制限を遵守するために行われ、法律や規制に基づいています。

 

セルフレジでの年齢確認の流れ

セルフレジでの年齢確認の流れは以下の通りです。

  1. 1.商品をスキャンする際、年齢制限がある商品(例: お酒)をスキャンします。
  2. 2.年齢確認が必要な場合、セルフレジの画面に年齢確認の指示が表示されます。
  3. 3.年齢確認のための方法が選択肢として表示されます。(例: マイナンバーカード、顔認識、スタッフの確認など)
  4. 4.選択された方法に従って年齢確認を行います。
  5. 5.年齢確認が完了すると、支払いを続けることができます。

 

年齢確認の重要性

年齢確認は、未成年者への適切な商品やサービスの提供を保護するために重要です。未成年者に制限のある商品を提供することは法的に問題があり、社会的な責任も伴います。

 

まとめ

セルフレジでお酒を買うことはできるのかについて解説しました。お酒を未成年に提供することは法律で禁止されているので、お酒を購入する際には年齢確認が必要です。セルフレジでも基本的には年齢確認を行ってから購入することが可能です。年齢確認の際には、店員が直接身分証を確認します。ただし、セルフレジではお酒を一切販売しないという店舗もあるので店舗ごとにルールを確認する必要があります。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 「セルフレジがもたらす効果:人件費削減の成功事例を分析」

      店の運営コストを削減する一つに、人件費の削減があります。 店員が少なくなりますが、最近では、セルフレジ決済で、レジの人がいなくてもお客様自身で会計を済ませることができる機器もあ...

  • セルフレジの使い方とメリットを徹底解説!

    セルフレジとは、商品のバーコードを自分で読み取って精算するレジシステムです。最近では、スーパーやコンビニなどでよく見かけるようになりましたが、使い方に不安を感じる方も多いのではない...

  • セルフレジ利用時のよくある失敗と対処法を紹介

      セルフレジの利用は便利さをもたらしますが、初めて利用する際は戸惑うことがあると思います。この記事では、セルフレジ利用時に陥りがちな失敗と、それを避けるための対処法を紹介します。...

  • セルフレジの導入でスーパーの売上は上がる?導入事例や費用も紹介

    セルフレジとは、自分で商品をスキャンして会計するシステムです。最近では、多くのスーパーで導入されていますが、実際に売上にどのような影響があるのでしょうか?この記事では、セルフレジの...