株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジで払い忘れが増えている?その理由と対策について

スーパーやコンビニなどで、自分で商品をスキャンして会計できるセルフレジは、便利で人気のサービスです。 しかし、セルフレジには落とし穴があります。 それは、うっかり商品やお金の払い忘れをしてしまうことで...

スーパーやコンビニなどで、自分で商品をスキャンして会計できるセルフレジは、便利で人気のサービスです。

しかし、セルフレジには落とし穴があります。

それは、うっかり商品やお金の払い忘れをしてしまうことです。

 

セルフレジで払い忘れをしてしまうと、どんな問題が起こるのでしょうか。

また、払い忘れを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

この記事では、セルフレジの払い忘れについて、その理由と対策について解説していきます。

 

セルフレジでの払い忘れとは?

セルフレジでの払い忘れとは、商品やお金の支払いが完了していない状態で店舗を出てしまうことを指します。

セルフレジでは、自分で商品をスキャンしてバーコードを読み取り、支払い方法を選択して決済する必要があります。

しかし、操作ミスや不注意などで、商品やお金の払い忘れが発生することがあります。

 

セルフレジでの払い忘れは、故意ではなく偶発的なものであることがほとんどです。

しかし、それでも店舗側からすれば損失になりますし、顧客側からすれば法的トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そのため、セルフレジを利用する際は、十分に注意する必要があります。

 

セルフレジでの払い忘れが増えている理由

セルフレジは、コロナ禍で人との接触を避けたいというニーズに応えるサービスです。

そのため、近年では多くの店舗が導入しています。

しかし、セルフレジの普及に伴って、払い忘れも増えています。

では、なぜセルフレジでの払い忘れが増えているのでしょうか。

ここでは、その理由を4つあげてみます。

 

操作方法に慣れていない

セルフレジは便利ですが、操作方法に慣れていない人も多くいます。

特に高齢者や子ども、機械操作が苦手な人は、バーコードの読み取りや支払い方法の選択などに戸惑うことがあります。

また、操作中にエラーが発生したり、画面が反応しなかったりすることもあります。

そうした場合には、店員に助けを求めることができますが、恥ずかしかったり、面倒だと思ったりして、そのまま放置してしまうこともあります。

その結果、払い忘れが発生することがあります。

 

後ろに並んでいる人に気を取られる

セルフレジは、レジ待ちの時間を短縮するメリットがありますが、それでも混雑することがあります。

その場合、後ろに並んでいる人に気をとられて、焦って操作することがあります。

そうすると、商品やお金の払い忘れをしてしまう可能性が高まります。

また、後ろに並んでいる人に見られているというプレッシャーもあります。

自分の買い物の内容や支払い方法などを他人に知られたくないという気持ちもあるかもしれません。

そのため、早く終わらせようとして、操作を雑にしてしまうこともあります。

 

商品のバーコードが見えにくい

セルフレジでの払い忘れの原因の一つは、商品のバーコードが見えにくいことです。

商品によっては、バーコードが小さかったり、折り曲げられていたり、汚れていたりすることがあります。

そうした場合には、スキャンする際にバーコードを見落としたり読み取りに失敗したりすることがあります。

また、商品の形状や大きさによっては、バーコードが隠れてしまうこともあります。

そのため、商品をスキャンする際は、バーコードの位置や状態を確認することが大切です。

 

支払い方法の選択ミス

セルフレジでは、現金やクレジットカード、電子マネーなどのさまざまな支払い方法を選択できます。

しかし

支払い方法の選択にもミスが発生することがあります。

例えば、現金払いを選択したつもりが、クレジットカード払いになっていたり、逆にクレジットカード払いを選択したつもりが、現金払いになっていたりすることがあります。

また、電子マネーなどの非接触型決済では、読み取りエラーが発生することもあります。

そうした場合には、支払い完了画面を確認することでミスに気づくことができますが、見逃してしまうこともあります。

 

セルフレジでの払い忘れの対策方法

セルフレジでの払い忘れは、操作ミスや不注意などで起こる可能性が高いです。

しかし、それでも店舗側からすれば損失になりますし、顧客側からすれば法的なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そのため、セルフレジを利用する際は、十分に注意する必要があります。

 

では、具体的にどのように注意すればよいのでしょうか。

ここでは、セルフレジでの払い話末を防ぐための対策方法を4つ紹介します。

 

操作方法を確認する

セルフレジは便利ですが、操作方法に慣れていない人も多くいます。

特に高齢者や子ども、機械操作が苦手な人は、バーコードの読み取りや支払い方法の選択などに戸惑うことがあります。

また、操作中にエラーが発生したり、画面が反応しなかったりすることもあります。

そうした場合には、店員に助けを求めることができますが、恥ずかしかったり、面倒だと思ったりして、そのまま放置してしまうこともあります。

その結果、払い忘れが発生することがあります。

 

そこで、セルフレジを利用する際は、操作方法を確認することが大切です。

背tルフレ時の危機には、操作方法を説明したポスターやステッカーなどが貼られていることが多いです。

また、画面上にも操作方法の案内やヘルプボタンなどが表示されています。

これらの情報を参考にしながら操作を進めるようにしましょう。

分からないことや不安なことがあれば、店員に気軽に質問することも大切です。

 

後ろに並んでいる人に気を取られない

背r府レジは、レジ待ちの時間を短縮するメリットがありますが、それでも混雑することがあります。

その場合、後ろに並んでいる人に気をとられて、焦って操作をすることがあります。

そうすると、商品やお金の払い忘れをしてしまう可能性が高まります。

また、後ろに並んでいる人に見られているというプレッシャーもあります。

自分の買い物の内容や支払い方法などを他人に知られたくないという気持ちもあるかもしれません。

そのため、早く終わらせようとして、操作を雑にしてしまうこともあります。

 

そこで、セルフレジを利用する際は、後ろに並んでいる人に気を取られないことが大切です。

自分ペースで操作をすることで、ミスを防ぐことができます。

また、プライバシーを守るためには、画面に手をかざして隠したり、レシートを破棄したりすることもできます。

後ろに並んでいる人に気を使いすぎると、自分の操作に集中できなくなります。

自分の買い物に責任を持つことで、払い忘れを防ぐことができます。

 

商品のバーコードが見えにくい

セルフレジでの払い忘れの原因の一つは、商品のバーコードが見えにくいことです。

商品によっては、バーコードが小さかったり、折り曲げられていたり、汚れたりすることがあります。

そうした場合には、スキャンする際にバーコードを見落としたり、読み取りに失敗したりすることがあります。

また、商品の形状や大きさによっては、バーコードが隠れてしまうこともあります。

そのため、商品をスキャンする際は、バーコードの位置や状態を確認することが大切です。

 

そこで、セルフレジを利用する際は、商品のバーコードが見えにくい場合には、店員に助けを求めることが大切です。

店員は専用の機器や手動でバーコードを読み取ることができます。

また、バーコードがない場合や壊れている場合には、店員が代わりに商品コードや価格を入力することもできます。

自分でスキャンしようとしてもうまくいかない場合には、無理せず店員に頼むことで、払い忘れを防ぐことができます。

 

支払い方法の選択ミスや残高不足を防ぐ

セルフレジでは、現金やクレジットカード、電子マネーなどさまざまな支払い方法を選択できます。

しかし、支払い方法の選択にもミスが発生することがあります。

例えば、現金払いを選択したつもりが、クレジットカード払いになっていたり、逆にクレジットカード払いを選択したつもりが、現金払いになっていたりすることがあります。

また、電子マネーなどの非接触型決済では、読み取りエラーが発生することもあります。

そうした場合には、支払い完了画面を確認することでミスに気づくことができますが、見逃してしまうこともあります。

 

そこで、セルフレジを利用する際は、支払い方法の選択ミスを防ぐことが大切です。

支払い方法の選択画面では、自分が望む方法を正しくタッチするようにしましょう。

また、支払い完了画面では、支払った金額や残高などを確認するようにしましょう。

特に電子マネーなどの非接触型決済では、読み取り音や画面表示だけでは不十分な場合もあります。

電子マネーによっては、専用のアプリやサイトで残高や利用履歴を確認できるものがあります。

また、カードリーダーアプリを使えば、スマートフォンにカードをかざすだけで残高を確認できるものもあります。

これらの方法を利用することで、支払い前に残高不足にならないかどうかを確認することができます。

 

まとめ

セルフレジは便利ですが、払い忘れが発生すると店舗側にも顧客側にもトラブルになります。

そのため、セルフレジを利用する際は、以下の4つの対策方法を実践しましょう。

  • 操作方法を確認する
  • 後ろに並んでいる人に気を取られない
  • 商品のバーコードが見えにくい場合は店員に助けを求める
  • 支払い方法の選択ミスや残高不足を防ぐ

これらの方法を守ることで、セルフレジでの払い忘れを防ぎ、快適な買い物を楽しむことができます。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • セルフレジがもたらす価格変動:消費者に与える影響とは

    セルフレジの普及は、小売業界に革命をもたらしました。この新しい技術の台頭に伴い、価格変動が消費者に与える影響も注目されています。セルフレジが導入されることで、価格競争が活発化し、消...

  • セルフレジと無人レジの違いと共通点を解説

    セルフレジと無人レジの基本的な概要   自動販売機業界において、セルフレジと無人レジは近年のトレンドとして注目を集めています。この章では、それぞれの基本的な概要を解説します。   ...

  • 未来の小売業界をリードする無人店舗ビジネススタイルの可能性

    無人店舗は未来の小売業界をリードするビジネススタイルになります。 店員がいなくても在庫補充やレジ・防犯カメラなどのセキュリティー対策を行うことができるので、従業員がいなくても店舗運...

  • セルフレジで年齢確認をすることはできるのか?

    セルフレジは普及率が高まっているレジの一種ですが、従来のレジではできないこともあります。ここでは、セルフレジで年齢確認をすることができるのかなどを紹介します。 セルフレジで年齢確認...