株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

バーコードなしのセルフレジシステムの仕組みを解説!メリットとデメリットについて

この記事では、バーコードなしのセルフレジシステムについて解説しています。仕組みをはじめ、メリットとデメリットが詳しくわかる内容です。バーコードなしのセルフレジシステムの導入を検討されている方は参考にし...

この記事では、バーコードなしのセルフレジシステムについて解説しています。仕組みをはじめ、メリットとデメリットが詳しくわかる内容です。バーコードなしのセルフレジシステムの導入を検討されている方は参考にしてみてください。

バーコードなしセルフレジシステムとは?

バーコードなしセルフレジシステムとは、商品のバーコードをスキャンせずに、AIやカメラなどの技術で商品を認識し、自動で計算するシステムのことを指します。商品を取ったり、棚に戻したりするだけで、その都度自動的に仮想カートが更新され、店を出ると同時に自動的に支払いが行われます。従来のセルフレジは、顧客自身がレジにて商品をスキャンし、現金や電子マネーにて決済する必要がありますが、バーコードなしのセルフレジでは決算する手間がなくなります。これにより、レジでの待ち時間がなくなり、スムーズな買い物体験が可能になります。

バーコードなしセルフレジシステムの仕組み

バーコードなしセルフレジシステムは、最先端の技術を駆使しています。以下は、バーコードセルフレジシステムの仕組みです。

【コンピュータビジョン】

コンピュータビジョンは、カメラやセンサーで撮影された画像やビデオを解析し、その中の物体を認識・識別する技術です。これは、バーコードなしセルフレジシステムで商品を識別するために使われます。

【深層学習 (Deep Learning)】

深層学習は人工知能の一部で、人間の脳のニューロンの接続を模倣したニューラルネットワークと呼ばれるアルゴリズムを用いて、大量のデータからパターンを学習します。これは、商品や顧客の動きを正確に識別・予測するために使われます。

【センサーフュージョン】

センサーフュージョンは、複数のセンサーデータを統合してひとつの結果を得る技術です。バーコードなしのセルフレジシステムでは、商品の位置や顧客の動きを正確に追跡するために使われます。

これらの技術を取り入れたバーコードなしのセルフレジシステムを導入すると、無人店舗では以下のような営業ができます。

(1)顧客は専用アプリを使って店舗に入店します。

(2)顧客が棚から商品を取ると、店舗内に設置されたカメラとセンサーがこれを検知します。また、コンピュータビジョンと深層学習を用いて、どの商品が取られたかを識別します。

(3)この情報は顧客の仮想カートに追加されます。もし顧客が商品を棚に戻せば、それは仮想カートから削除されます。

(4)顧客が店を出ると、仮想カートの内容に基づいて自動的に請求が行われます。

このように、バーコードなしセルフレジシステムは、商品を手に取るだけで購入できる新しい買い物の形です。

バーコードなしセルフレジシステムのメリット

バーコードなしセルフレジシステムは、レジの待ち時間をなくして買い物をスムーズにすることができますが、このシステムがもたらすメリットは他にも多く、それらが小売業界に大きな変化をもたらしています。では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、バーコードなしセルフレジシステムのメリットを紹介します。

待ち時間の削減

バーコードなしセルフレジシステムは、レジでの待ち時間を完全になくすことができます。商品を選んだらすぐに店を出るだけで、自動的に支払いが行われます。これにより、顧客は快適なショッピング体験を享受でき、時間を有効に利用できます。

労働力の削減

バーコードなしセルフレジシステムは、レジスタッフの必要性を減らすため、小売業者は人件費を節約できます。しかし、これは一方で、レジ業務の雇用機会が減少する可能性もあります。新たな役割や職種の開発が必要となるかもしれません。

盗難防止

バーコードなしセルフレジシステムは、盗難を防止するのにも役立ちます。システムは店内での顧客の動きや行動を追跡し、商品の盗難を即座に検知できます。これにより、安全なショッピング環境が提供され、小売業者の損失を防ぐことができます。

データ収集と分析

バーコードなしセルフレジシステムは、顧客の購入履歴や行動パターンなど、貴重なデータを収集することができます。これらの情報は分析され、商品配置の最適化やマーケティング戦略の策定などに活用されます。これにより、よりパーソナライズされた顧客体験を提供することが可能になります。

バーコードなしセルフレジシステムのデメリット

バーコードなしセルフレジシステムは多くのメリットを持つ一方で、以下のようなデメリットや考慮すべき点があります。

  • ・高額な初期投資
  • ・システムの誤動作
  • ・プライバシーの問題
  • ・雇用への影響
  • ・顧客の抵抗

・高額な初期投資

バーコードなしセルフレジシステムを導入するためには、AI技術や高度なカメラ、センサーなど、高額な設備費用が必要です。これは特に、初期の投資として大きな負担となる可能性があります。また、システムの維持やアップデートにもコストがかかります。

システムの誤動作

バーコードなしセルフレジシステムは、商品を正確に認識しない誤って二重課金をするなどのトラブルが起こるかもしれません。これはシステムの誤動作で、顧客の信頼を損ねる可能性があります。確実な動作と顧客満足のためには、継続的な改善とテストが必要です。

プライバシーの問題

バーコードなしセルフレジシステムは、顧客の動きをリアルタイムで追跡します。これにより、誰が何を買ったかなどの詳細な情報が収集されます。一部の人々は、このような個人情報がどのように使われるのか、また安全に保管されるのかについて心配するかもしれません。

雇用への影響

バーコードなしセルフレジシステムの導入により、レジスタッフの必要性が減少する可能性があります。これにより、雇用機会が失われる可能性もあります。しかし、新たな技術に関連する職種や、他の顧客サービス向けの役割が生まれるかもしれません。

顧客の抵抗

新しいシステムや技術に対する顧客の抵抗も考えられます。一部の顧客は新しい買い物の仕組みに適応するのが難しいかもしれません。従来のレジでの支払い方法を好む人々もいます。このような顧客への配慮と教育が必要です。

以上のような問題を解決するためには、適切な教育、説明、サポートが必要となります。また、技術が進化し、さらに信頼性と効率性が向上すれば、これらの問題を解消することが可能です。

バーコードなしセルフレジシステムの今後

バーコードなしセルフレジシステムは、レジ待ち時間や人件費の削減などのメリットがあります。そのため、さらに技術が進化し、導入コストが下がることで今後より一般的になると考えられます。しかし、高い導入コストやプライバシーの問題、雇用への影響など、まだ解決すべき課題があるのは事実です。したがって、小売業界は新しい技術を上手く活用し、顧客のニーズに応える方法を模索する必要があります。

まとめ

バーコードなしセルフレジシステムは、AIやコンピュータビジョンを駆使し、商品を自動識別してレジ待ち時間をなくします。これは顧客体験を向上させ、業者の運営効率を高める可能性があります。しかし、高額な初期投資やプライバシー問題など、課題も残ります。今後の技術進化とともに、これらの課題解決と普及が期待されます。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 未来の買い物体験を拓く!タッチパネル式券売機と無人レジ・セルフレジの魅力

      近年、テクノロジーの進化が小売業界に革新をもたらしています。その中でも特に注目されているのが、タッチパネル式券売機と無人レジ・セルフレジの技術です。   タッチパネル式券売機は...

  • セルフレジでバーコードのない野菜はどう支払う?操作方法と注意点を紹介

      スーパーマーケットでお買い物をしていてバーコードのない野菜を買いたいとき、セルフレジでどう支払うのか困ったことはありませんか?この記事では、セルフレジでの野菜の支払い方法と注意...

  • 酒のセルフレジ普及に伴う問題点と解決策

    セルフレジでは、酒の購入時に、未成年の方がお酒を購入しようとしたときに購入できてしまうことがあります。 セルフレジだけでは、購入する人の年齢を正確に確認することができないからです。...

  • 【効率的な人件費削減】セルフレジの活用方法

      これは、テクノロジーが我々の日常生活に深く浸透している現代社会において、ビジネスの効率化と人件費削減の重要性が増している中で、セルフレジの活用方法に焦点を当てた記事で...