株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.06.28

view 219

知っておきたい自動販売機の電気代のトリビア

今年に入り電気代が値上がりしていて、自動販売機にも大きく影響しています。 昨年まで150円で販売されていた500mlペットボトルの価格は、180円になっています。 家庭だけでなく、自販機も節電を心がけ...

今年に入り電気代が値上がりしていて、自動販売機にも大きく影響しています。

昨年まで150円で販売されていた500mlペットボトルの価格は、180円になっています。

家庭だけでなく、自販機も節電を心がけることでコストを削減して、収益を向上させることができます。

この記事では、自動販売機の節電の重要性や節電方法について解説します。

自動販売機が電力を消費する理由

冷却システム: 

自動販売機内の商品を新鮮で飲み頃の状態に置くために、冷却システムが必要です。

 冷蔵庫や冷凍庫と同様に、自動販売機内の温度を正しくするためには冷却機構が実行され、冷却機構には圧縮機やファンが使用され、これらの動作には電力が必要です。

照明: 

自動販売機は常に稼働しており、商品が最も魅力的に表示されるように照明が使用されます。

 照明にはLEDや蛍光灯などの電球が使用され、これらの電球が点灯するためには電力が必要です。

ディスプレイや電子機器:

 自動販売機には商品情報や価格を表示するディスプレイが装備されていることがあります。

また、一部の自動販売機にはタッチパネルやセンサーが搭載されており、操作や商品のこれらのディスプレイや電子機器は電力を消費し、正しく動作するためには電力供給が必要です。

以上のように、自動販売機が電力を消費する理由は、冷却システムの動作、照明の点灯、ディスプレイや電子機器の動作によるものです。で、電力消費を控えています。

事業者はこれらの要素を適切に管理し、効率的な電力利用に努めることで、電気代の削減や持続可能な運営を実現することが重要です。

電気代が利益に与える影響

コスト削減: 

自動販売機は24時間稼働しており、常に電力を消費しています。

電気代は運営コストの一部であり、その金額が高額になり事業者の利益率を低下させる可能性があります。

つまり、電気代を削減することは、コスト削減につながり、利益を向上させることができます。

収益性の向上:

 電気代の削減は収益性を向上させる効果があります。

自動販売機の運営において、電気代は固定費の一部です。

そのため、電気代を削減することで、同じ売上高を達成した場合でも利益が大きくなります。

より効率的な電力利用によって、効率を高めることができます。

競争力の維持:

自動販売機業界は競争が激しいため、価格競争力を維持することが重要です。

電気代の削減はランニングコストの削減につながり、商品価格を競争力のあるレベルで維持することです。

 顧客は価格に敏感であり、競争力のある価格を提供することで市場での地位を確立することができます。

持続可能性への貢献: 

環境への取り組みは現代の消費者にとって重要な要素です。

電気代の削減はエネルギーの効率的な利用につながり、環境負荷を軽減することができます。

顧客に好意的な印象を与え、ブランド価値を高めることができます。

顧客の環境意識の配慮に合わせて、環境に配慮した事業運営は競争優位性を発揮します。

以上のように、電気代の削減はコスト削減、収益性の向上、競争力の維持、持続可能性への貢献といった利益に対する直接的な影響を持ちます。

電気代の管理と削減に取り組むことで、経済的なメリットを得ることができます。

エネルギー効率の改善

エネルギー効率の改善は、与えられたエネルギー量を最大限に活用し、無駄な消費を減らすことに意味があります。

機器の検討: 

エネルギー効率の高い機器や装置を選ぶことが重要です。

例えば、冷却システムに使う冷蔵庫や冷凍庫、照明に使う電球など、省エネルギー仕様の製品を選ぶことで、同じ機能を維持しながら電力消費を削減することができます。

機器や設備の通常のメンテナンスな動作を確保し、不要なエネルギーの消費や電線を防ぐために、定期的な点検とメンテナンスを実施しましょう。

正しい設定と制御:

 自動販売機には温度設定や照明の明るさ、動作時間などを制御する機能があります。

これらの設定を正しく行うことで、必要最低限​​のエネルギーで運転することができます.。

たとえば、冷却設定を過剰に下げない、照明を必要最低限​​の明るさに調整するなどが挙げられます。

オフタイマーの活用: 

終了時刻に留意と自動的に電源を切るオフタイマーを活用することで、不要な電力消費を防ぐことができます。

営業時間外や必要な低い時間帯には、自動的に電源を切る節電によって効果を実現できます。

スタンバイ消費の抑制: 

自動販売機は常時待機状態で運転していますが、待機時の電力消費(スタンバイ消費)を抑制することも重要です。

例えば、省エネモードの活用や自動電源OFF機能の設定など、スタンバイ時の無駄な電力消費を最小限に抑えましょう。

これらの方法を組み合わせてエネルギー効率の改善を心がけることで、自動販売機の電力消費を削減し、経済的なメリットや環境への貢献を実現することができます。

センサーやマルチの活用

センサーの活用: センサーは周囲の状況や動作を検知し、それに応じて適切な制御や動作を行う役割を果たします。自動販売機には様々なセンサーが活用されています。

光センサー: 

光センサーは周囲の明るさを検知し、照明の明るさを自動的に調整することができます。

外部の明るさに応じて照明の輝度を調整することで、不必要な電力消費を抑えることができます。

モーションセンサー: 

モーションセンサーは人の動きを検知し、自動販売機の動作を制御することができます。

例えば、誰も近くにいない場合はディスプレイの点灯を制限したり、省エネモードに切り替えたりすることで、電力の無駄な消費を防ぐことができます。

温度センサー: 

温度センサーは自動販売機内部の温度を検知し、冷却システムの制御に活用されます。

適切な温度設定を行い、需要に応じて冷却機構を効率的に運転することで、電力消費を最適化することができます。

マルチの活用: 

マルチとは複数の機能や操作を一つの装置で実現することを指します。

自動販売機においてもマルチ機能の活用が進んでいます。

タッチパネルディスプレイ: 

タッチパネルディスプレイは商品の選択や決済を一つの画面で行うことができます。

これにより、ボタン操作やキーパッドの電力消費を削減することができます。

電子決済機能: 

電子マネーやQRコード決済などの電子決済機能を備えた自動販売機は、紙幣や硬貨の取り扱いを減らすことができます。

これにより、現金処理にかかる電力消費やトラブルのリスクを軽減することができます。

センサーやマルチの活用によって、自動販売機はより効率的に運転され、電力の無駄な消費を抑えることができます。

これにより、エネルギー効率が向上し、節電効果や経済的なメリットを実現することができます。

LED照明の導入

LED照明の導入は、自動販売機のエネルギー効率を向上させるための重要な手法です。

高いエネルギー効率:

 LED(発光ダイオード)は従来の蛍光灯や白熱電球に比べて非常に高いエネルギー効率を持っています。

LEDは電力を光にほぼ100%変換し、熱の発生が少ないため、そのため、自動販売機の照明としてLEDを導入することで、電力消費を大幅に削減することができます。

長寿命:

 LEDは長寿命であり、通常の蛍光灯や白熱電球に比べて寿命が長くなっています。

LEDの寿命は数万時間にも及びます。

このため、LED照明を使用することで、長寿命なLEDはメンテナンスコストを低下させ、交換作業の手間やコストを削減します。

コンパクトなサイズ: 

LEDは小型でコンパクトなため、自動販売機の狭いスペースにも適しています。

従来の蛍光灯や白熱電球に比べて薄型であり、設置の自由度が高いです。

形状やデザインのLED照明が市場に存在しており、自動販売機の内部または外部に適したデザインを選択することができます。

明るさの調整と色温度の選択: 

LED照明は明るさの調整や色温度の選択が簡単です。

自動販売機の照明においては、明るさを正しく調整することで視認性を向上させることができます。

また、色の温度の選択によって、商品の色や魅力を引き出すことができます。

環境に優しい: 

LED照明は水銀やその他の有害物質を含まないため、環境に優しい選択肢です。

廃棄物の処理やリサイクルに関しても、環境への負荷を軽減することができます。

LED照明の導入により、自動販売機は省エネルギー化が実現し、電気代の削減や長寿命によるメンテナンスコストの削減などの経済的なメリットを享受することができます。

まとめ

・自動販売機では、照明・冷却・ディスプレイで電力を消費してます。

・電気代を抑えることで、利益向上・競争力の維持に繋がります。

・エネルギー効率のいい機器を選び、動作効率を高くしましょう。

自動販売機の節電を行うことで、収益の向上や競争率の維持に繋がります。

今年も暑くなり、飲み物の需要は高くなることが予想されます。

コストの削減をすることで、他社より安い値段で飲み物が提供できます。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 【最新事情】自販機導入のコストとその最適な運用法

    日本は自販機大国とも言われ、街角や駅、オフィスビルの中に自動販売機がある風景は、私たちの生活に深く根ざしています。 自販機は、24時間365日商品を提供し続けることができるため、ビ...

  • 食品用自販機の導入でアフターコロナに強いビジネスを!安心感や衛生面の魅力

    食品用自販機は、人と対面せずに食べ物を購入できる便利なツールです。コロナ禍で感染防止や衛生管理が重要になった今、食品用自販機は安心感や信頼感を高めることができます。この記事では、食...

  • 持続可能性への取り組み:自販機メーカーが採用する環境にやさしい技術

    自販機では、冷却するのに省エネ機能の搭載があり、リサイクル素材を自販機に活用して、環境にやさしい技術を導入しています。 電気代も安く、リサイクル素材や中古の自販機を使用することで導...

  • 自動販売機検索で社会貢献!福祉・チャリティ活動との連携

      自動販売機は日本全国様々な場所にあります。 また、社会貢献やチャリティーなどの活動に貢献をしている企業もあり、商品を書くことで活動に協力することができます。 この記事では、福祉...

お問い合わせはこちら

ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードは
こちら