株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

カフェで使えるレジの種類や便利な機能について解説します

ここではカフェのレジに関しての情報を、以下の項目にそって紹介します。 カフェで使えるレジの種類 カフェのレジにあると便利な機能 カフェを運営する上で、レジは業務上で必要不可欠なアイテムであり、機能やデ...

ここではカフェのレジに関しての情報を、以下の項目にそって紹介します。

  • カフェで使えるレジの種類
  • カフェのレジにあると便利な機能

カフェを運営する上で、レジは業務上で必要不可欠なアイテムであり、機能やデザインがそのカフェのコンセプトに合っていないものを選んでしまうと、カフェの経営に大きな支障をきたしてしまいます。

この記事ではカフェのレジに関する、お役立ち情報を多くまとめています。

カフェ経営を始めようとしている人はもちろんのこと、カフェ経営でレジに関してお悩みを抱えている人にも有益な情報を紹介しますので、カフェのレジに関して興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

カフェで使えるレジの種類とは?

カフェのレジには、以下の項目のような種類が存在します。

  • レジスター
  • POSレジ
  • iPadレジ
  • iPadレジ(POS)

どの種類のレジを採用するかで、カフェのコンセプトが変わってくる場合もありますので、事前にカフェのコンセプトを明確にしたうえで、その運用方法にあったレジを選ぶように心がけましょう。

 

カフェで使えるレジの種類①レジスター

レジスターは別名を「メカレジ」「ガチャレジ」とも呼ばれ、伝統的なタイプのレジです。基本的な機能に特化して設計されており、キャッシュドロワー(現金を入れる引き出し)とレシート印刷機能を備えているだけのため、操作性も非常にシンプルです。

また価格面でも手頃で、一般的には2万円から数万円程度で購入することができます。

しかしメニュー別の売上管理や顧客管理など、より詳細な業務サポートができない点には注意が必要です。

さらに全ての操作を手入力で行うため、打ち間違いや入力漏れが発生しやすい点も大きなデメリットであり、レジ打ちのマニュアルを徹底させるなどの対策が必要になります。

カフェで使えるレジの種類②POSレジ

POSレジ(Point of Sale system)は販売時点情報管理システムとして、伝票のバーコードを読み取るだけで商品の価格を自動計算し、会計処理を行うレジです。

バーコードスキャンによって商品情報を読み取り、それに基づいて料金を計算するため、手入力によるヒューマンエラーのリスクを大幅に減少させることが可能です。

 

さらにPOSレジは売上や在庫、顧客管理データをリアルタイムで収集・更新し、ビジネス運営のための分析に活用することができます。

ただ初期の導入費用として15万円から30万円が一般的で、さらに毎月の運用費も数万円程度がかかる場合がほとんどであるため、コストが非常にかかる点には注意が必要です。

 

カフェで使えるレジの種類③iPadレジ

iPadレジは、iPadやその他のタブレット端末にレジ機能をインストールして使用するレジシステムです。

このタイプのレジは、特にスマートフォンやタブレットに慣れ親しんでいる若者にとって、非常に直感的で使いやすいという大きなメリットがあります。

また従来の大型レジに比べ、タブレットレジは設置に必要なスペースが少ないため、小さな店舗や限られたスペースを有効活用することができます。

ただレシートプリンターやカードリーダーなどの周辺機器とは通常、無線で接続されるため、安定したインターネット環境を縦鼻する必要があります。

 

カフェで使えるレジの種類④iPadレジ(POS)

iPadレジにPOS機能を追加したものを「iPadPOSレジ」と呼びます。

このレジは、タブレットレジの利便性に加えてPOS機能が組み込まれているため、カフェへの導入に非常におすすめです。

従来のPOSレジに比べて、顧客管理、メニューや在庫管理、さらには従業員の勤怠管理など、より複雑なデータ管理が可能です。

さらには売上データをリアルタイムでクラウドにアップロードし、他のPCやタブレットからも簡単に確認できることも可能です。

カフェのレジにあると便利な機能とは?

ここではカフェのレジにあると便利な機能について、以下の項目にそって紹介します。

  • 商品や商品の販売数の推移
  • リピーター率の算出
  • 客数や年齢層の把握
  • ピークタイムの算出

上記の機能を搭載しているレジを上手く使うことで、カフェの経営状態を改善するきっかけにすることも可能ですので、カフェのレジを選ぶのに悩んでいる人は、これから紹介する機能の性能や特徴を比較して、適したレジ選びをすることをおすすめします。

 

カフェのレジにあると便利な機能①商品や商品の販売数の推移

レジに商品や商品の販売数の推移がわかるような集計機能があれば、そのカフェの看板メニューを一目で判別することが可能です。

自分が経営するカフェで特に人気のあるメニュー、つまり「看板メニュー」を把握することは非常に重要です。

看板メニューの推移を元に、季節ごとの売れ筋商品を把握し、注文数の変動を追跡することで、新しいメニューの開発に役立てることができます。

メニューの更新を適切に行うことは、カフェに活気を継続させるのにも大きく役立ち、新たな顧客を引きつけることにも繋がります。

カフェのレジにあると便利な機能②リピーター率の算出

カフェのレジにリピーター客をカウントする機能があることで、訪れる客の中でどれくらいがリピーターとなっているか、またどの客層がリピートしやすいかを理解できます。

カフェにとって何度も来店してくれる顧客、つまりお店のファンを増やすことは極めて重要です。

定量的な調査を通じて、これらの数字を正確に把握することでカフェのファン層がどれくらいいるか常に気にかけることができ、事前に対策を練ることができます。

カフェのレジにあると便利な機能③客数や年齢層の把握

カフェのレジ機能で日々や時間帯による来店者数と客層の分析を行うことで、予想していたターゲット層と実際の顧客層との間にどのような違いがあるのかを把握できます。

もし実際の来店者が想定していたターゲット層と大きく異なる場合、カフェのコンセプトや内装の見直しが必要である場合が多いです。

逆にこれらの要素を見逃してしまうと、カフェの経済的な体力があるうちに立て直しを図るのが難しくなってしまい、経営が安定しなくなってしまう恐れがあります。

カフェのレジにあると便利な機能④ピークタイムの算出

カフェのレジに客数を計算する機能を付けていれば、カフェのピークタイムを正確に把握することも可能です。

「ピークタイム」つまり最も来店者数が多く店内が混雑する時間帯を把握しておくことは、接客スタッフのシフトを効率的に管理するためには必須の情報になります。

この情報を利用すれば、店内に客がほとんどいない時にアルバイトスタッフが手持ち無沙汰になる状況を避けることができ、不必要な人件費の削減にもつながります。

 

適切なレジを選んで、カフェ経営を上手く運用しよう

この記事ではカフェで使えるレジの種類や便利な機能について紹介しました。

「コンセプトに適したレジを選ぶことは、上手くいくカフェ経営の土台になる」、といっても過言ではないくらい、レジの選択は重要な要素になります。

この記事をきっかけに、自分のカフェに合うレジはどんなものなのか、考えてみてはいかがでしょうか。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 新規事業のアイデアが、小売業に革命をもたらす

    はじめに   ここ数十年、日本では少子高齢化の進行によって労働人口が減少しており、世界でも有数の高齢化社会に突入しています。そしてこの流れは今後数十年の間、ますます加速していくと思...

  • 社食の魅力:従業員の健康と生産性向上に貢献する食堂

      社員食堂では、社員の健康を考えた健康なメニューを提供することができます。 また、食事でエネルギーを蓄えることで、仕事の生産性が上がり、従業員のニーズに応じたメニューの提供なども...

  • 領収書も自動発行!券売機の最新事情

    はじめに   物価が上がり続ける今の日本で、小売業界や飲食業界は経営努力を重ねて日々進化しています。経営者は常日頃から、効率化と顧客満足度のさらなる向上が求められています。特に、注...

  • 人材不足に立ち向かうための新たな視点:人件費削減の効果的な活用法

    企業では、人手が不足していても人件費削減をしなくてはいけない場合があります。 AIや自動化システムを利用することで補えることが多く、自動化が人件費削減に繋がります。 この記事では、...