株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

お財布を軽くする!キャッシュレス決済の種類と普及の背景

最近では、現金を持ち歩かずに、QRコードや電子マネーでの決済をすることが増えました。 チャージしておけばすぐに会計をすることができて、公共料金やネット支払いにも対応しているので、現金をもちあるかなくな...

最近では、現金を持ち歩かずに、QRコードや電子マネーでの決済をすることが増えました。

チャージしておけばすぐに会計をすることができて、公共料金やネット支払いにも対応しているので、現金をもちあるかなくなっています。

この記事では、キャッシュレス決済の種類と普及の背景について解説します。

キャッシュレス決済の普及と便益の紹介

キャッシュレス決済の普及と便益は、現金を使用せずにデジタルな支払い方法を利用することで得られる利点です。

便利さとスピード: 

キャッシュレス決済では、財布からお金を取り出す必要がなく、スマートフォンやカードをかざすだけで支払いが完了します。

手続きが簡素化され、支払いの手間や時間を節約できます。

安全性とセキュリティ: 

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩く必要がないため、紛失や盗難のリスクが低くなります。

また、多くのキャッシュレス決済システムは暗号化技術やトークン化などのセキュリティ対策を採用しており、個人情報や取引データの保護が強化されています。

便益の多様性:

 キャッシュレス決済にはさまざまな種類があります。

スマートフォン決済アプリやQRコード決済、クレジットカード、電子マネー、仮想通貨などがあります。これにより、利用者は自分に合った方法を選択でき、使い勝手の良さや特典を享受することができます。

経済の効率化:

 キャッシュレス決済は、ビジネスや小売業者にとっても便利です。

現金を処理する手間や管理コストが削減され、売上の追跡やレポート作成も容易になります。

さらに、データの蓄積や分析を通じたマーケティング活動や顧客サービスの向上が可能になります。

環境への貢献:

 キャッシュレス決済は紙幣や硬貨の使用量を減らすため、環境にもプラスの影響を与えます。

紙幣の製造や輸送に伴うエネルギー消費や廃棄物の削減、また、リサイクルや再利用の促進にも寄与します。

これらの便益により、キャッシュレス決済は現代の社会でますます普及しています。利便性、安全性、効率性、環境への配慮など、さまざまな面で利用者にメリットをもたらすシステムと言えます。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類であるモバイル決済には、スマートフォン決済アプリ、QRコード決済、NFC決済の3つの主要な方法があります。

スマートフォン決済アプリ:

 スマートフォン決済アプリは、スマートフォンに事前に登録したクレジットカードや銀行と連携し、直接支払いを行う方法です。

例えば、Apple Pay、Google Pay、PayPal などのアプリがあります。

アプリを起動し、パスコードや指紋認証などの認証手段を経て、スマートフォンをPOS端末にかざすことで支払いが完了します。

QRコード決済:

 QRコード決済は、スマートフォンのカメラを使ってQRコードを読み取り、支払いを行う方法です。

利用者は支払いアプリを起動し、販売店や店舗などが提供するQRコードを読み取ります。

その後、支払い金額を確認し、承認することで支払いが完了します。メインのQRコード決済サービスには、PayPay、LINE Pay、メルペイなどがあります。

NFC決済:

NFC(Near Field Communication)決済は、非接触型の通信技術を利用して支払いを行う方法です。

スマートフォンやICカードに搭載されたNFCチップがPOS端末との間で通信を行い、支払いを行います。

代表的なNFC決済サービスには、Suica、iD、QUICPay、Apple Pay、Google Payなどがあります。

これらのモバイル決済方法は、利用者にとっては現金を持ち歩く必要がなく、スムーズかつ迅速な支払いが可能となっております。また、セキュリティ対策も進化しており、暗号化やトークン化などの技術が使用されることで安全性も考慮されています。 さらに、スマートフォンやICカードの普及に伴い、モバイル決済の利用がますます一般的になってきています。

仮想通貨決済:

仮想通貨決済は、デジタルの暗号通貨を使用して取引や支払いを行う方法です。

ビットコイン: 

ビットコインは、2009年に発表された最初の仮想通貨であり、世界中で広く認知されています。

ビットコインは分散型のシステムであり、中央銀行や政府による管理や制御を受けません。

これにより、個人間での直接の取引や支払いが可能となります。ビットコインの取引はブロックチェーンと呼ばれる公開台帳に記録され、暗号化技術によって安全性が確保されています。

イーサリアム: 

イーサリアムは、ビットコインと同様にブロックチェーン技術を基盤としていますが、さらにスマートコントラクトと呼ばれるプログラム可能な機能を備えています。

スマートコントラクトは、自動的に契約条件を実行し、取引や支払いを行うことができるプログラムです。

イーサリアムの特徴は、分散アプリケーション(DApps)の開発やデジタルアセットのトークン化が容易であることです。

ライトコイン: 

ライトコインは、ビットコインの派生通貨の一つであり、2011年にリリースされました。

ライトコインはビットコインと同様の技術を使用しており、高いセキュリティと取引速度の向上を目指しています。

ライトコインはビットコインに比べて処理速度が速く、手数料が低いことが特徴です。

これにより、日常的な支払いや小口取引にも適しています。

これらの仮想通貨は、従来の通貨とは異なる特徴を持っており、国境を越えた取引や高いプライバシー保護などの利点を提供しています。ただし、仮想通貨の価格は市場の変動によって大きく変わることがあるため、リスク管理や適切な知識を持って取引することが重要です。

オンライン決済

オンライン決済とは、インターネットを介して商品や商品サービスの支払いを行う方法です。

クレジットカード: 

クレジットカードは、金融機関から発行されるカードであり、クレジットカード会社のネットワーク支払いが処理されます。

利用者はクレジットカードをオンラインの支払い画面に入力し、取引金額を請求することができます。

支払いは一定期間後にまとめて請求書が送られる形式となります。 クレジットカードは、柔軟性と利用できる額の柔軟性があり、多くのオンラインストアやウェブサービスで広く採用されています。

デビットカード: 

デビットカードは、銀行口座と直接連携しており、利用者の口座から支払い金額が即座に引き落とされます。

オンラインで支払いをする際には、デビットカードの番号やセキュリティコードを入力するデビットカードはクレジットカードとは異なり、利用者の口座残高に応じた支払いが行われるため、即座に直感からのプルドロップが行われます。

電子マネー:

電子マネーは、デジタル形式のプリペイドカードやアプリを使用して支払いを行う方法です。

利用者は事前に一定額の金額をチャージしておき、オンラインで支払いが可能となります。電子マネーサービスでは、専用のアプリをスマートフォンにインストールし、支払い時にQRコードを使って一時的に支払いが行われます。電子マネーは、ワンタッチでスピーディな支払い方法として広く利用されており、オンラインショッピングやコンビニエンスストアなどで多くの利用者に利用されています。

これらのオンライン決済手段は、インターネットを介して迅速かつ便利な支払いを実現するため、オンラインショッピングやデジタルサービスの普及とともに重要性を増しています。

一方で、自分に適した方法を選択して利用することが大切です。

キャッシュレス決済の普及の背景

キャッシュレス決済の普及の背景は以下のように説明できます。

A. 技術の進歩とスマートフォンの普及: 

技術の進歩により、支払い方法が多様化しました。特にスマートフォンの普及により、便利なモバイルアプリやデジタルウォレットが登場しました。スマートフォンは高度な処理能力とインターネット接続機能を備えており、ユーザーは手軽に支払いを行うことができます。

B. 利便性とスピードの追求: 

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩かなくても支払いができるため、利便性が高いです。さらに、支払い時の手続きが迅速に行われるため、時間を節約することができます。また、オンライン決済やモバイル決済により、24時間いつでもどこでも支払いが可能になりました。

C. コンタクトレス時代への適応: 

コンタクトレス時代への適応は、物理的な接触を最小限にする支払い方法への移行を指します。特に近年では、NFC技術やQRコード決済などを利用したコンタクトレス決済が普及しています。これにより、支払い時にカードやスマートフォンをかざすだけで支払いが完了し、接触感染のリスクを減らすことができます。

これらの背景により、キャッシュレス決済はますます普及しています。利便性やスピードの追求、そしてコンタクトレス時代への適応が、現金を使わずに支払いを行う選択肢として広く受け入れられています。

まとめ

この記事の内容についてまとめます。

キャッシュレス化が進み、現金を持ち歩くことが少なくなったため、財布を無くすリスクが減りました。キャッシュレスの種類は豊富で、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済などがあります。キャッシュレス決済が普及したことで、会計をスムーズに済ませることができて、利便性・安全性が高い支払方法です。

キャッシュレス決済では、店員と客との接触がなくても会計をすますことができます。

小銭の受け渡しや、計算間違いもないので精確に会計を行うことができます。

これからも普及して支払いは便利になるでしょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 地方の産業を支えるための人手不足解消のカギ

    セクション1: 地方の産業と人手不足問題 サブセクション1-1: 地方経済の重要性と課題   地方は日本経済において重要な役割を果たしています。しかし、地方の産業には人手不足が深刻...

  • 駅の中で働く!最新シェアオフィス事情

    「駅ナカのコワーキングスペースに興味はあるけど、どんなサービスがあるの?」「忙しい日々の中で、駅ナカシェアオフィスをうまく活用したい!」とお考えの方へ。この記事では、駅ナカシェアオ...

  • 24時間営業可能?必要な条件と手続きを解説

    深夜に営業を行うことは多くの飲食店オーナーにとって魅力的な選択肢ですが、適切な許可や手続きを理解していないと法律違反になるリスクがあります。この記事を通じて、あなたは以下の3つの重...

  • ポップアップショップ:活用法と効果的な運営方法について

    1.  ポップアップショップの魅力  魅力的な商品展示   ポップアップショップの魅力の一つは、驚きと刺激を提供する魅力的な商品展示です。通常のブリックアンドモルターショ...